logo

バリオセキュア、大塚商会との協業により、SMB市場のセキュリティ強化を支援 ~ ユーザ、アプリケーション管理により、中堅中小企業のセキュリティレベルを向上 ~

バリオセキュア・ネットワークス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長: 稲見 吉彦、以下バリオセキュア)と株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 大塚 裕司、以下大塚商会)は、ユーザ・アプリケーション管理や、レポーティング機能に標準対応したUTM機器による、SMB市場のセキュリティ強化への協業について合意しました。

 SMB市場におけるクラウドサービスやウェブアプリケーション、モバイル利用の増加を受け、セキュリティ対策における新たな対策需要が増加しています。しかし、中堅中小企業においては、コスト面、技術面での企業への負担が、インターネットの進化に対応したセキュリティ対策普及への課題となっています。
そこで、バリオセキュアと大塚商会では、今日のインターネット環境に対応したセキュリティ環境の構築支援として、バリオセキュアの、ユーザ、アプリケーション管理/レポーティング機能を標準搭載したVCR-Vario Communicate Routerの販売と、販売促進、マーケティング活動における協力体制を構築し、安全な企業のネットワーク構築での協業を進めてまいります。


<株式会社大塚商会 マーケティング本部 上席執行役員 後藤 和彦 様からのエンドースメント>
 株式会社大塚商会は、バリオセキュア・ネットワークス株式会社の中小企業向けユーザーベースの次世代型セキュリティ機器発売の発表を歓迎いたします。
中小企業におけるクラウドサービスやソーシャルネットワーキングサービス利用の増加に伴い、企業でのセキュリティ管理の必要性がさらに求められるものと思います。「レイヤー8」という新しいユーザ管理技術によって、お客様が必要とするセキュリティ対策を安価に提供可能とするVCRは、当社のお客様にも、より安心頂けるセキュリティソリューションを提供できるものと確信しております。
 当社は今後もバリオセキュア社との連携をさらに深め、お客様へ充実したセキュリティ環境を提供してまいります。


《バリオセキュア・ネットワークスについて》
 バリオセキュア・ネットワークスは、多様なセキュリティ機能を実装したセキュリティアプライアンス機器〈VSR-VarioSecure Router〉の製造ならびにVSRを使用したマネージドセキュリティサービスの提供と、UTM機器<VCR-Vario Communicate Router>の販売を行っています。米国に本社を持つコンピュータセキュリティ監査の最大手であるICSAのFirewall認定を取得している国内唯一のメーカーとして、また、多様なセキュリティソリューション/クラウドサービスを提供するソリューションプロバイダとして、お客様のニーズにいち早く対応し、常に先進のセキュリティソリューション/クラウドサービスをご提供する企業を目指します。



【本リリースに関するお問い合わせ先】
バリオセキュア・ネットワークス株式会社 
住所   :東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー14F
TEL   :03-6416-5080(平日9:00~18:00)
E-mail  :pr@variosecure.net
Webサイト:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事