logo

【ウォール・ストリート・ジャーナル日本版】 アメリカ大統領選挙、  投票日に関連速報 無料開放!

ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 2012年11月05日 16時15分
From Digital PR Platform


11月6日の投票日を今週に控え、いよいよ大詰めのアメリカ大統領選挙。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は現地投票日に日本版 (jp.WSJ.com)で関連記事の無料開放を実施します。

WSJ日本版では、現地投票日にあたる日本時間11月7日(水)、大統領選の関連速報・通常有料記事を特別に無料で一般に開放。開票速報やライブビデオ、WSJならではの分析記事を随時配信、最新情報をお伝えします。

WSJ日本版<特集:米大統領選2012> 
リンク


また、併せて【WSJ.com】(英語)でも、現地投票日11月6日(日本時間11月7日午前7時)よりサイトを24時間無料開放いたします。

WSJ.com<Election 2012>  
リンク

WSJ.comでは、開票速報のほか、ライブビデオ、相方向グラフィックやWSJの分析記事で、大統領選を総力取材。アメリカを代表するメディアWSJがアメリカ大統領選速報とどこよりも早い分析記事をリアルタイムで読者の皆様にお届けいたします。


【米大統領選挙2012・緊急イベントを東京で開催】
WSJ日本版では、有料購読会員の方々を招待して、WSJの記者来日に合わせて、さまざまなトピックスのトークイベントを行っております。
11月7日は、米国時間の大統領選投票日に合わせて下記のとおり緊急イベントを実施する予定です。

◆テーマ: 速報・米大統領選挙2012

◆日時:11月7日(水) 18:00-20:00

◆場所:ウォール・ストリート・ジャーナル東京支局内
    千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアイーストタワー19F

◆スピーカー:
ジェイコブ・スレシンジャー (Jacob Schlesinger) WSJ/ダウ・ジョーンズ経済通信 東京支局長
小野由美子WSJ日本版編集長

◆プログラム:
18:00-18:10  ご挨拶+ご紹介 WSJ日本版編集長 小野由美子
18:10-18:50  「米大統領選の結果をWSJが"最速"分析 ― 日本、アジアにとって意味するもの」 
東京支局長 ジェイコブ・スレシンジャー (*逐次通訳をご用意しております)

* ワシントン支局で過去3回(2000年、2004年、2008年)の大統領選取材に関わったジェイコブ・スレシンジャーが大統領選挙をいち早く総括します。
イベントの様子は、Ustream中継されます: リンク

* イベントの詳細について: リンク

以上



「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版」の概要
「WSJ日本版」は、世界各地に存在する約2,100名の記者や編集者らによって集められた質の高い情報の中から、日本の読者向けに記事を日々厳選して、日本の編集チームにて翻訳したニュースサイトです。グローバルな経済動向や金融市場に関心の高い日本のビジネスリーダーに向けて、「The Wall Street Journal」の良質な記事コンテンツを日本語でインターネットを通じて幅広く提供しております。



【上記に関する問い合わせ先】
WSJ日本版広報代理
(株)プラップジャパン
コミュニケーションサービス本部第10部 蔵持朝子
Tel:03(4580)9110/Fax:03(4580)9136 Email: a-kuramochi@prap.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事