logo

OKI、伊藤忠アーバンコミュニティのコールセンターに「IPコンタクトセンターCRMシステム」を納入

基幹システムと連携した業務効率化、複数の受付業務の1システム化を実現

Tokyo, Nov 5, 2012 - ( JCN Newswire ) - OKIグループのソフトウェア開発・SIサービス会社であるOKIソフトウェア(社長:田井 務、本社:埼玉県蕨市、以下OSK)は、このたび伊藤忠アーバンコミュニティ株式会社(社長:猪熊 茂男、本社:東京都中央区、以下 伊藤忠アーバンコミュニティ)の居住者向けコールセンター「アイフロント24」の受付センターに、OKIのコールセンターシステム「CTstage(R)5i」とOSKの統合型CRM※1システム「enjoy.CRM(R)II」ヘルプデスクテンプレートを組み合わせたIPコンタクトセンターCRMシステムを納入しました。

伊藤忠アーバンコミュニティは、伊藤忠グループのオフィス・住宅の総合サービス企業として「『ありがとう』があふれてる会社」という経営理念のもと、お客様にご満足していただけるオフィスビル・マンション管理、プロパティマネジメント、居住者向けライフサポート等を提供しています。居住者向けライフサポートのメニューの1つとして、お客様からのお問い合わせをコールセンター「アイフロント24」で24時間365日、受け付けています。

伊藤忠アーバンコミュニティは、「アイフロント24」での顧客満足度向上および業務の効率化を図るため、新たなシステムの導入を検討した結果、OSKの提案する「IPコンタクトセンターCRMシステム」の採用を決定しました。

今回、導入したシステムは、顧客情報を保持している基幹システムと連携することにより、電話受付時に居住者情報や過去の対応履歴を自動表示できるようになり、受付にかかる時間の短縮を図ることができました。また、これまで主に紙ベースで行ってきた社内の情報共有は、システム上で行うことが可能となり、ペーパーレス化と業務の効率化が実現できました。業務拡張などで頻繁に発生する受付画面の項目変更については、「enjoy.CRMII」のカスタマイズ機能により、コールセンター管理者自身で容易に行うことができ、システム改修が不要となります。

さらに、伊藤忠アーバンコミュニティでは、業務拡大により他社のコールセンター受付業務の受託も行っていますが、「enjoy.CRMII」のマルチテナント機能により、複数のコールセンターの受付業務を1システムに集約できます。受託を拡大していく場合でも、システム投資を抑制しつつ、多種多様なサービスを提供することができます。

OSKは今後も、「IPコンタクトセンターCRMシステム」の積極的な販売を通じて、お客様の顧客満足度向上に貢献していきます。

【「enjoy.CRMII」について】

「enjoy.CRM」は、2000年の販売開始以来、製造業・クレジット・医薬・食品など、幅広い分野の100社を超えるお客様に導入・運用されています。最新バージョン「enjoy.CRM II」では、「Microsoft Dynamics(R) CRM」をプラットフォームとし、「CTstage 5i」との標準連携機能、業務にマッチしたテンプレート部品と柔軟なカスタマイズ機能による、最新の統合CRMシステムを提供しています。

「enjoy.CRMII」紹介サイト: リンク

【「CTstage」について】

「CTstage」は、1996年の販売開始以来、累計販売数は7,700セット(2012年3月末時点)を超え、国内シェアNo.1のコールセンターシステムとして幅広い分野に導入・運用されています。お客様のニーズに合わせ、大規模対応可能な本格的コールセンター「CTstage 5i」、オフィス電話連携モデル「5i for IPstage」、小規模廉価モデル「CTstage Lite」、サービス提供モデル「CTstage SaaS」という豊富なラインナップにより、常に最新のシステムを提供しています。

「CTstage」紹介サイト: リンク

【用語解説】
※1: CRM(Customer Relationship Management)
企業が顧客との良好な関係を構築していくために、ITシステムなどを活用して顧客情報を管理することです。問い合わせやクレームなどといった全ての履歴を含め、一貫した顧客データベースの管理を行うことにより実現します。

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部 永野
電話: 03-3501-3835
e-mail: press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIソフトウェア
URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。