logo

ウォール・ストリート・ジャーナルと日本アムウェイ共催  『グローバルリーダーシップ学生会議』 参加者募集


ウォール・ストリート・ジャーナルでは、未来の世界経済を担う大学生(経済・ビジネス専攻)を支援する「Future Leadership Program (FLP)」を2001年よりスタートさせ、WSJプリント版/PDF版の無償配布ほか、イベント開催など様々な活動を行っています。

このたび、FLPの一環として、日本アムウェイ社の協力を経て、「グローバルリーダーシップ学生会議(Student Conference on Global Leader ship)」を開催することになりました。
次代を担う起業家の一人であるグロービス経営大学院代表の堀 義人氏の基調講演の後、学生が、「グローバルリーダーシップとは何か」を仲間と考え、堀代表のモデレートの元で熱く議論をし合うディベート大会です。
多くの大学生・大学院生の皆さんのご参加をお待ちしています。


                 記

イベント名: 「グローバルリーダーシップ学生会議」
        (Student Conference on Global Leadership)

開催日時: 2012年12月15日(日) 12:30-15:00

会場:    日本アムウェイ渋谷本社  (〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町7-1)

参加資格:  現役大学生、大学院生  *個人、またはグループ参加のどちらでも可能。リーダー希望者も募集します。

会議テーマ: (1)グローバルリーダーとして必要な資質は何? (2)それらの資質を伸ばすために各自で何をすべきか

会議形式: グループディスカッション+発表

講演・モデレーター:堀義人氏(グロービス経営大学院代表)

講師・モデレーター略歴:
ハーバード大学経営大学院修士課程終了(MBA)。住友商事(株)を経て1992年(株)グロービスを設立。1996年グロービス・キャピタル、1999年エイパックス・グロービス・パートナーズ(現グロービス・キャピタル・パートナーズ)設立。2006年4月、グロービス経営大学院を開学。学長に就任する。


賞品提供:最優秀グループのメンバー全員に旅行券(3万円)贈呈
       参加者全員にビジネスリーダーのバイブル「想像と変革の志士たちへ」(堀義人著)を贈呈

応募方法:URLにアクセスの上、必要情報をご登録ください。【リンク
       *グループディスカッションにおけるリーダーを募集しますので、リーダー希望者は、「リーダー希望」と明記してください。

応募締切:   2012年12月7日(金)17:00まで

主 催: 日本アムウェイ合同本社、ダウ・ジョーンズ

協 力: グロービス

後 援: 文部科学省



【ジャパン・フューチャー・リーダーシップ・プログラムとは】
質の高い報道と数々の受賞歴で知られるウォール・ストリート・ジャーナルと、実際のビジネスにかかわる日本アムウェイ合同会社が日本の大学でビジネスや金融、経済を学ぶ学生に対し、共同で学習の機会を提供するプログラムです。参加学生は毎日、ウォール・ストリート・ジャーナルの新聞またはPDF版を受け取ります。 ジャーナルは活きた教科書として授業で使われたり、ディスカッション・ディベートなどのコンテンツとして活用されています。参加する学生は最新の世界の情報を入手しつつ、英語力向上のツールとしてもコンテンツを毎日活用しています。「2012 グローバル・リーダーシップ学生会議」は、このプログラムのハイライトを飾るものです。

【ウォール・ストリート・ジャーナルの教育支援事業について】
ウォール・ストリート・ジャーナルはこの教育支援事業を60年前からアメリカでスタートさせ、1994年からはアジア各地域でもいろいろな形で展開しています。各大学の学生達は毎日ウォール・ストリート・ジャーナルを受け取り、世界のビジネス市場での競争や経済、ビジネスコンセプト、テクノロジーやマーケティング、金融市場での取引など、実際に何が起きているかと理解し、学んでいきます。毎日ジャーナルを手にとることによって、生徒達はこの「活きた教科書」からアジアや全世界の業界や会社で実際に起こっているケーススタディを学び、紐解いていくことができます。
企業パートナーの協力により、ウォール・ストリート・ジャーナルは教育者と連携しながら経験に基づいた学習方法や数々のアカデミックな活動を年間を通じて実施していきます。
「2012グローバルリーダーシップ学生会議」のような活動を企業パートナーと共催し、年間を通じて学生と直接の接点を持ち、企業パートナーはその企業のビジネスリーダーに学生が直接会える機会を設けたり、理論を実践に結びつけたり、実社会に適合するビジネスコンセプトを理解する能力を促進する手助けをします。


【ウォール・ストリート・ジャーナルについて】
ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、米国最大の日刊ビジネス紙です。日本で発行するアジア版は1967年の創刊以来、アジア地域で影響力のある企業や政府のディシジョン・メーカーである読者に、各地域および世界のビジネスに関する重要なニュースや鋭い分析を提供してきました。ウォール・ストリート・ジャーナルのアジア版は、1985年のABRS調査が始まって以来常に「最も重要なビジネス情報」として1位に選ばれてきました。
世界各地に点在する約2,100名の記者やニュース・スタッフによって集められた質の高い情報を香港で編集し、アジア地域や日本に密着した情報も加え、いち早く日本の読者に提供しています。
信頼できるビジネス情報や知識を提供するために、信頼できる情報ソースを使い、ニュースの背景まで深く分析・検証し、それらを校正且つバランスのとれたグローバルな視点で報道しています。オンライン(WSJ.com)ともリンクさせ紙面の記事を更新するなど、新しい情報をタイムリーに届けられるようにしています。2007年にピューリッツア賞を受賞、Society of Publishers in Asia(SOPA)では2001年~2003年に「英字新聞」部門で優秀賞を、また2005年~2009年には「新聞」「報道」「特集記事」「ビジネスレポート」「人権関連レポート」「環境関連レポート」「公共サービス関連レポート」「速報」「解説レポート」の各部門において最優秀賞、及び「スクープ賞」を受賞しています。
以上

本件に関するお問い合わせ先:    
ダウ・ジョーンズ・ジャパン株式会社 Email: wsja.cir-tokyo@dowjones.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。