logo

【トリップアドバイザー】 「海外旅行保険、事故データに見るトラブルの傾向」のトリップグラフィックスを公開

トリップアドバイザー株式会社 2012年11月01日 15時57分
From PR TIMES



トリップアドバイザーでは、旅行に関するさまざまな情報をインフォグラフィックにして毎週公開する「トリップグラフィックス」の第47回として、「海外旅行保険、事故データに見るトラブルの傾向」を公開しました。

リンク

海外での病気、ケガ、事故などに備え、海外旅行保険に加入したり、クレジットカードの付帯補償を確認したりしてから海外に出かける方も多いはず。

今回は海外旅行保険事故データをもとに、どのくらい、どのような事故が発生しているのかと、エリア別でのトラベルの傾向をまとめました。

その確率、3.58%。1000人いたら約36人、つまり28人に1人が海外旅行中に事故に遭う割合になるのです。保険補償項目で事故内容の内訳をみる限り、トップ3は治療・救援費用、携行品損害、旅行自己緊急費用。エリア別ではアジア旅行での治療・救援費用が多く、ヨーロッパとアフリカでは携行品損害が
増す傾向にあるようです。

この「トリップグラフィックス」は、インターネットなどを通じた自由な利用を想定しており、ぜひ御メディアでのご紹介、ご活用を賜れば幸いです。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事