logo

アルカテル・ルーセント、キャリアグレード・クラウドサービスの革新に向けシトリックス社と連携

バルセロナで開催のCitrix Synergy 2012にて「Citrix-Ready」認定のアルカテル・ルーセントCloudBandソリューションを展示

【2012年10月17日、パリ発】 アルカテル・ルーセント(CEO: ベン・ヴェヴァイエン(Ben Verwaayen))は、シトリックス (Citrix)社 と協力して新しいタイプの「キャリア・クラウド」ソリューションの実現を促進することを発表しました。これは、通信事業者、企業ユーザ、一般ユーザの最も厳格な要件に対応できるように設計された高性能クラウドサービスを提供するものです。

アルカテル・ルーセントは、Citrix Ready™認定のソリューションである、CloudBand™ Management System(クラウドバンド・マネジメントシステム) とCloudBand Node(クラウドバンド・ノード)リンクを提供します。これはコンピューティング能力とクラウドの柔軟性に、通信ネットワークの高性能、高信頼性、高セキュリティを組み合わせたものです。Citrix Ready™の認定は、シトリックスのクラウド・ソリューションとスムーズに相互運用する事が証明された製品であることを示しています。これにより、通信事業者や企業は約束された性能を前提にクラウドサービスを展開できます。

アルカテル・ルーセントのソリューションは、Apache CloudStack (アパッチ・クラウドスタック) リンクを備えたCitrix CloudPlatform(シトリックス・クラウドプラッフォーム) を利用しています。Apache CloudStackは、拡張性の高いIaaS クラウドを構築、管理、提供する、実績あるオープンソース・クラウドプラットホームであり、通信事業者特有の強みであるネットワークなどの分散インフラを活用して、お客様により近い場所から、低遅延で帯域制御、QoS保証のあるクラウドサービスを提供します。基本的に「Cloud in a box」であり、この結合ソリューションにより、通信事業者はネットワークノード拠点を数時間のうちにリモートで構成し、パブリッククラウドが持つ機能を全て提供することができます。

ネットワークとコンピューティング・リソースを一元化するというユニークなオープンソースのアプローチを取ることで、ネットワークの制御、分散化、最適化が促進され、通信事業者は新しいタイプのより良いクラウドサービスを提供できるようになります。

CloudBand™ Management System とCloudBand Nodeについて
リンク Management System は、通信ネットワークとクラウド間のサービス・オーケストレーションおよび最適化を行います。CloudBand Nodeはコンピューティング、ストレージ、ネットワーキングハードウェアおよび関連ソフトウェアから構成され、幅広いクラウドサービスを提供します。CloudBand Management System は、Citrix CloudPlatform を使い、CloudBand Node 内のハードウェア・インフラの連携やプロビジョニングを管理します。また、サービスレベルアグリーメント(SLA)に応じて、CloudBand Node間および通信事業者のネットワークとの間のクラウドリソースを管理します。

アルカテル・ルーセントとクラウドについて
2013年1月、アルカテル・ルーセントは業界標準に基づき、オープンでマルチベンダー対応のCloudBand Platformをサポートするため、通信事業者にRESTful CloudStack APIを提供します。

10月17日、アルカテル・ルーセントとシトリックスは、企業ネットワークの性能を自動的に最適化し、仮想デスクトップ等のリアルタイム・アプリとモバイル端末のカスタマー・エクスペリエンスを向上させるAlcatel-Lucent Application Fluent Network(アプリケーション・フルーエント・ネットワーク)のCitrix Ready認定も発表しました。このソリューションはCitrix Netscaler®、Citrix Branch Repeater®リンク、Citrix XenServer®リンク、Citrix XenDesktop®リンクなど、シトリックスのネットワーキング、データセンター、デスクトップ仮想化製品を利用します。

10月17日~19日、アルカテル・ルーセントとシトリックスは、バルセロナで開催のCitrix Synergy event リンクにて、通信事業者と企業ユーザのネットワークが、クラウドサービスの設計に果たす重要な役割について焦点を置いた次のデモとプレゼンテーションを行います。

・アルカテル・ルーセントのブースで、ソリューションのデモンストレーションを実施
・両社のエグゼクティブによる「クラウドのビジョンと戦略について」リンクのプレゼンテーションを実施

Citrix Readyプログラムについて
Citrix Readyプログラムは、Citrix® XenDesktop®、XenApp®、XenServer®、NetScaler®、 GoToMeeting®など、シトリックスの仮想化、ネットワーキング、クラウドコンピューティング・ソリューションを安心して強化できる検証済みのソリューションであることを認定します。Citrix Readyの認定は、シトリックスが設けた検証基準を満たしたサードパーティ製品に与えられ、お客様がソリューションを繋げて使用した場合の相互運用性の信頼度を上げます。Citrix Readyプログラムは、シトリックスのパートナーのエコシステムを越えた業界最先端のアライアンスを活用しており、幅広いお客様のニーズを満たしています。これまで2万以上の製品検証が行われシトリックスとの互換性が実証されています。また、プログラムにはCitrix Ready Community Verified も含まれており、ここから世界中のシトリックスのユーザ、パートナー、お客様が検証した何千もの製品を見ることができます。
Citrix Readyプログラムの詳細はこちらをご覧ください: リンク

原文: Alcatel-Lucent is Working Together with Citrix to Introduce Carrier-grade Cloud Service Innovations
リンク

<アルカテル・ルーセントについて>
アルカテル・ルーセント(Alcatel-Lucent)は、ネットワーキングおよび通信の技術、製品、サービスの分野をリードするイノベーターであり、世界の通信事業者、各種法人、および政府機関より、長年にわたりパートナーとして信頼をいただいています。アルカテル・ルーセントが擁するベル研究所は、技術革新でネットワーキングと通信業界の形成を担う世界最先端の研究開発機関の一つです。アルカテル・ルーセントは、lightRadio™(無線ネットワーク上で消費電力と運用コストを抑えつつ、超高速インターネット・アクセスを実現するソリューション)などの革新技術が認められ、MITテクノロジー・レビューによる世界で最も革新的な企業50社 の2012年度ランキングに選出されました。アルカテル・ルーセントは、「コネクテッド・ワールド(つながった世界)のポテンシャルを形にする」という企業ミッションのとおり、コミュニケーションをよりサステナブルに、より利用しやすく、そしてよりつながりやすいものにしてまいります。
業界トップクラスの豊富なグローバルサービスの経験を有するアルカテル・ルーセントは、世界各地のローカル・パートナーとして、130ヶ国以上で事業展開を行っています。
Euronext ParisおよびNYSE:ALU/フランス法人(本社:パリ)/2011年度売上高:153億ユーロ/
URL:リンク/ブログ:リンク
ツイッター:リンク

<日本アルカテル・ルーセント株式会社について>
日本アルカテル・ルーセント株式会社は、次世代のネットワーク・サービスを中心とした固定/無線アクセス、IP、光伝送、アプリケーション、エンタープライズの事業分野で関連機器及びプロフェッショナルサービス、インテグレーション、保守を提供し、国内大手通信事業者をはじめ、各種法人、政府機関など幅広いお客様をサポートしています。
所在地:〒141-6006  東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 6F/代表取締役社長:マーティン・ジョーディ(Martin Jordy)/資本金:4億円/URL(日本サイト):リンク
……………………………………………………………………………
本件に関するお問い合わせ先:
日本アルカテル・ルーセント株式会社
コミュニケーション部 山﨑 由紀子
TEL:03-6431-7000 FAX:03-6431-7022
E-mail:jpmarcom@alcatel-lucent.com
……………………………………………………………………………

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。