logo

パイプドビッツ、クラウド型グループウェア×CMS×SNS連携プラットフォーム「スパイラル プレース(R)」新版を10月31日に提供開始~Webサイト閲覧制限機能とRSSアグリケーション機能を追加~


 株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区 代表取締役社長 CEO:佐谷宣昭 証券コード3831、以下「パイプドビッツ」)は、クラウド型グループウェア×CMS×SNS連携プラットフォーム「スパイラル プレース(R)」のCMS機能を大幅に強化し、2012年10月31日に新バージョン1.2.4を提供開始しますので、お知らせいたします。

URL : リンク

 新版1.2.4では、作成したWebサイトをログイン後に閲覧させる「Webサイト閲覧制限機能」を搭載し、一般閲覧サイトにとどまらず、社内サイトや顧客(会員)専用サイトなど、限られたメンバー向けのWebサイトを容易に構築できるようになります。
 また、「RSS配信・RSSアグリゲーション機能」を搭載し、ニュースをRSS配信するとともに、他のサイトから発信されたRSSを読み込んで自動掲載することができ、「スパイラル プレース(R)」を利用する複数サイトを横断して容易に情報配信できるようになります。


■1.Webサイト閲覧制限機能

(1)概要

 「スパイラル プレース(R)」のCMS機能を用いて作成したサイトに、ID・パスワードにて認証するログイン画面を設置し、ID・パスワードを付与された社員や顧客のみが閲覧できる環境を構築できる機能です。「スパイラル プレース(R)」の豊富なテンプレートやスマホサイト自動生成機能などのCMS機能と組み合わせることで、社内サイトや顧客専用サイト、会員専用サイトを容易に構築できるようになります。

(2)期待される効果 ~ サイト運営の手間やコストを削減 ~

 認証による会員専用サイトや社内サイトを構築できるため、それらのサーバーや別サービス契約などが不要になり、手間やコストの削減を期待できます。「スパイラル プレース(R)」でグループウェアと社内サイトの双方を運用すれば、社内情報を一元管理しながらCMS機能で効率的に更新できるので、運営の手間を削減いたします。例えば、グループウェアに公開した情報や添付ファイルを、社内サイトから直接ダウンロードページにリンクしたり、グループウェア上の権限設定による投稿コンテンツの制限等が可能です。

(3)新機能活用例  ~ 社内サイト構築 ~

 例えば社内サイトを構築する場合、グループウェア内での共有だけでなくFAQなどの多彩なコンテンツを社員向けに限定公開できます。社員はグループウェアと同一のID・パスワードで社内サイトにログインし、各部署からの全社員向けのお知らせや、管理本部からの申請書ファイルへの直接リンク、新入社員向けFAQ設置など、社内全般に通達する情報を容易に発信し共有できます。



■2. RSS配信・RSSアグリゲーション機能

(1)概要

 「スパイラル プレース(R)」のCMS機能を用いて作成したニュースページの情報をRSS配信するとともに、他サイトが発信したRSSを読み込み、独立したコンテンツとして自動掲載できる機能です。「スパイラル プレース(R)」を利用している複数のWebサイトを横断した情報発信が容易になります。

(2)期待される効果 ~ 手間を削減しながら、統一された情報をスピード告知 ~

 グループ企業傘下など、複数「スパイラル プレース(R)」をご契約いただいている場合、これまでアカウントごとにニュースを投稿するところを、一括して複数アカウントすべてに同じニュースを告知でき、個別更新の手間と時間を削減いたします。また、1つの投稿文が、「RSSアグリゲーション機能」を用いて自動掲載している全てのアカウントに共通して反映されるため、人的な情報伝達ミスを防止します。

(3)新機能の活用例 ~ イベント情報の自動掲載 ~

 例えば、商店街のホームページがイベント情報をRSS配信している場合、「スパイラル プレース(R)」を利用する商店街の飲食店では、自動的に商店街のイベント情報を収集して個々のホームページに掲載できます。



■3.「スパイラル プレース(R)」とは

(1)概要

 「スパイラル プレース(R)」は、シゴト(仕事、私事)に欠かせないグループウェアとCMS(Webサイト作成・更新)の両機能を持ち、さらにSNSとも連携できる、日本で唯一のクラウドサービスです。社内で業務が完結しがちな大企業向けのグループウェアと異なり、Web制作プロジェクトのように、社外のビジネスパートナーやクライアントとの連携が不可欠な事業を展開する小規模事業者や団体が、業務を推進するのに最適なグループウェアとして開発されました。PC、スマートフォンなどのマルチデバイスにも対応し、いつでも、どこからでも社内外との情報共有、情報発信が可能です。
 社外向けにはメールで連絡し、社内向けにはグループウェアでコミュニケーションするといった使い分けも、「スパイラル プレース(R)」なら一元化することが可能です。

(2)今後の展望

 「スパイラル プレース(R)」は、2012年1月11日のサービス開始から約7ヶ月で契約数5,000件を突破しております。無償版での導入促進を図りながら、2014年2月期中を目処に有償版を提供開始する予定です。
 パイプドビッツは、創業以来12年連続成長を続ける情報資産プラットフォーム「スパイラル(R)」の実績と顧客基盤を活かしながら、「スパイラル プレース(R)」のユーザー獲得を推進し、情報資産プラットフォームの更なる拡充を図ることで、2014年2月末までの契約数目標10,000件の達成を目指し、クラウドサービスのリーディング企業として、顧客情報や従業員情報などの大切な情報を安全かつ効果的に運用するための環境を提供してまいります。

(3)ご参考

パイプドビッツ、グループウェア×CMS×ソーシャルサービス連携の新コミュニケーションプラットフォーム「スパイラル プレース(R)」を1月11日にリリース ~ 仕事も私事もスマートに情報共有するソーシャル時代の「シゴトスタイル」をご提案 ~ (2012年1月11日発表)
リンク

パイプドビッツ、クラウド型グループウェア×CMS×SNS連携プラットフォーム「スパイラルプレース(R)」にスマホサイト自動生成機能とFacebook認証機能を追加 ~ 7月24日に新バージョンを提供開始 ~(2012年7月24日発表)
リンク

パイプドビッツ、クラウド型グループウェア×CMS×SNS連携プラットフォーム「スパイラル プレース(R)」の契約数が、提供開始から約7ヶ月で5,000件を達成 ~ ご愛顧に感謝し、特設ページを公開 ~ (2012年8月31日発表)
リンク



■ 「スパイラル プレース(R)」に関するお問合せ先
株式会社パイプドビッツ
スパイラルプレース事業部 : 廣澤(ひろさわ)、栗原(くりはら)
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677
E-mail : support@spiral-place.com


■ 報道関係者様お問合せ先
株式会社パイプドビッツ  (リンク
社長室 広報担当 : 立花
TEL:03-5575-6601 FAX:03-5575-6677
E-mail : pr@pi-pe.co.jp
※記載された社名や製品名は各社の登録商標または標章です。





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。