logo

ISID と電通イーマーケティングワン、地域金融機関のネットチャネル強化に向けたウェブサイト戦略コンサルティングサービスを開始

第一弾の広島銀行サイトは主要指標が大幅に改善、地銀サイトランキングで2位を獲得

Tokyo, Oct 19, 2012 - ( JCN Newswire ) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)と株式会社電通イーマーケティングワン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長濱 薫)は、地域金融機関のインターネットチャネル強化を目的としたウェブサイト戦略コンサルティングサービスを2012 年10 月より開始いたします。サービス開始に先駆けて両社が構築支援した株式会社広島銀行のウェブサイトは、トップページからの離脱率が半減するなど、主要な評価指標が大幅に改善し、さらにサイト評価・比較で定評のある「Gomez」の地方銀行サイトランキング※で2 位を獲得しました。

生活者の消費行動が実店舗からEC(電子商取引)へと移行しつつある中、金融業界でも若年層を中心に「店舗離れ」が加速し、ネット専業銀行などのシェアが拡大しています。そのため、これまで店舗網を中心に地域密着型営業を展開してきた地域金融機関においても、インターネットチャネルの強化が喫緊の課題となっています。

ISID はかねてより、インターネットバンキングやコールセンター等の金融機関向けシステム構築を数多く手がけてまいりました。近年では電通との協業により、インターネットバンキングの利用を促すプロモーションや、定期的な利用状況分析に基づく改善支援(PDCA)サービスなども提供しています。また電通イーマーケティングワンでは、ウェブサイトへのアクセスや購買履歴だけではなく生活者の潜在ニーズを加味した上で、真の課題の発掘とそれらを解決するための顧客戦略を策定し、マーケティングパートナーとして施策の立案から実施・効果検証までをワンストップで提供しています。

本サービスは、両社のノウハウを生かし、インターネットチャネルの入り口(=ウェブサイト)を訪れた生活者を、スムーズに出口(=セミナーや相談会参加、金融商品の購入など、金融行動における目的達成)へ導くためのサイト設計・構築を支援するものです。具体的には、金融機関のウェブサイトのあるべき姿を、「生活者の視点」と「金融機関から見たチャネル戦略の視点」の二つの角度から検討し、ウェブサイトを通じて金融機関が生活者に提供すべき価値を再定義するコンサルティングサービスを提供します。さらに、そこから導いた金融機関ごとのサイト構築方針やコンセプトをもとに、生活者を目的達成までスムーズに導くための導線設計やユーザーインターフェースの設計・デザインを行います。

■広島銀行におけるサービス適用例■
本サービス適用の第一弾となった広島銀行のウェブサイトは、サイトコンセプトを「店舗と同様のおもてなしを演出する“バーチャル店舗”」と位置付け、各種施策を実装しました。具体的には、次のような特徴を備えています。

特徴1:「行員ナビゲータ」によるサイト案内
トップページでは季節ごとに変わる地域の風景写真とともに「行員ナビゲータ」が利用者をガイド。さらに利用者のページ遷移に応じて、関連する他の商品やキャンペーンなどをおすすめします。利用者が目的の情報へ到達できるよう常にサポートすることで、店舗のような「おもてなし感」を訴求するとともに、目的の情報に向かう導線の中で、あるいは目的の情報に到達した時点で、利用者が新しい気付きを得られる仕組みを提供しています。

特徴2:利用者が直観的に理解・操作しやすい
サイト設計利用者が金融商品を検討するページには、取り扱い金融商品の比較ポイントをまとめて提示したうえで、図表や視認性の高いアイコンを配置するなど、直観的に目的のページに遷移できるよう設計しています。

特徴3:銀行と利用者の心的距離を近づける参加型コンテンツ
金融商品やサービスに対する利用者の興味を喚起するため、投票を行う参加型コンテンツを設置しました。一方的な情報収集ではなく、親近感のある話題を題材とした質問の設定や、投票結果の表示などの仕掛けを施すことで、銀行と利用者の心的距離を近づけるよう配慮しました。

広島銀行のウェブサイトは、リニューアル前に比べてトップページに対する離脱率が半減するとともに、新しい気付きを得られる仕組みを取り入れたことでサイト内の回遊が喚起でき、その結果、1訪問あたりの閲覧ページ数が2倍以上に増加しました。またモーニングスター株式会社が 2012年9月に公表した「Gomez 地方銀行サイトランキング 2012」において、「機能性・使いやすさ」「商品・サービス情報の充実度」の二つの視点による評価の結果、昨年の16位から大きく順位を上げ、地銀 106サイト中2位を獲得しました。

ISIDと電通イーマーケティングワンは、今後も金融機関の個人向けサービスをシステムとコミュニケーションの両面から支援する、価値あるソリューションを提供してまいります。

※Gomez地方銀行サイトランキング:中立的な第三者としての立場から金融商品やウェブサイトの客観的な評価・比較を行うモーニングスター株式会社が毎年実施するランキング調査。全国の地方銀行・第二地方銀行のウェブサイトのユーザビリティとコンテンツを157の調査項目によりスコア化し、ランキングにしたもの。詳細はGomezウェブサイトをご覧ください。
リンク

<広島銀行 会社概要>
社名: 株式会社広島銀行
代表者: 代表取締役頭取 池田 晃治
本社: 広島県広島市中区紙屋町1-3-8
URL: リンク
設立: 1878年
資本金: 545億7,300万円(2012年3月31日現在)
従業員: 3,399人(2012年3月31日現在)
店舗数 : 国内167(2012年3月31日現在)
事業内容: 預金業務、貸出業務、有価証券売買業務・投資業務、為替業務など

<電通国際情報サービス(ISID)会社概要>
社名: 株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
代表者: 代表取締役社長 釜井 節生
本社: 東京都港区港南2-17-1
URL: リンク
設立: 1975年
資本金: 81億8,050万円
連結従業員: 2,228人(2012年3月31日現在)
連結売上額: 638億6,900万円(2012年3月期)
事業内容: 1975 年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。ITSolution Innovator をビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営/連結会計、HRM(人事・給与・就業)、ERP、マーケティング、クラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。

<電通イーマーケティングワン 会社概要>
社名: 株式会社電通イーマーケティングワン
代表者: 代表取締役社長 長濱 薫
本社: 東京都中央区築地5-5-12 浜離宮建設プラザ 5F
URL: リンク
設立: 2004年
資本金: 4億4,250万円
連結従業員: 172名(2012年4月1日現在)
事業内容: 「新しい売り方」を実現するお客様のマーケティングパートナーとして、総合的なプランニングから個別課題の解決まで(戦術立案、実施、効果検証等)、一貫性のある実践的なサービスをご提供しています。

【サービスに関するお問い合わせ】
株式会社電通国際情報サービス
金融ソリューション事業部 金融事業戦略部 瀧下
TEL: 03-6713-7007
e-mail: g-finmarketing@group.isid.co.jp

株式会社電通イーマーケティングワン
第一営業本部 第4 ディレクター室 小林
TEL: 03-5551-2554
e-mail: kobayashi.masako@dentsu-em1.co.jp

【リリースに関するお問い合わせ】
株式会社電通国際情報サービス
経営企画室 広報担当 李、清水
TEL: 03-6713-6100
e-mail: g-pr@isid.co.jp

株式会社電通イーマーケティングワン
経営企画本部 松本
TEL: 03-5551-1030
e-mail: info@dentsu-em1.co.jp

概要:株式会社電通国際情報サービス

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事