logo

CTC、SASと協業しビッグデータビジネスを加速

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社, SAS Institute Japan株式会社 2012年10月17日 11時00分
From Digital PR Platform


伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、略称:CTC)とSAS Institute Japan株式会社(代表取締役社長:吉田 仁志、本社:東京都港区、以下:SAS)は、ビッグデータ分野における協業を強化することを発表します。
CTCは、SASのインメモリ・アナリティクス製品「SAS(R) Visual Analytics」の取扱いを本日より開始し、売上分析や、マーケティング、新商品開発などビッグデータの戦略的なビジネス活用を検討する企業に、お客様のデータを使った導入前の事前検証から、システム構築、導入、導入後の技術支援までワンストップで提供します。売上目標は、システム構築やハードウェアなどを含め3年間で30億円です。導入前の事前検証はデル株式会社の製品で行います。

CTCは、SASの販売および開発パートナーとして、ビジネス・インテリジェンス(BI)やマーケティングなどSASのアナリティクス・ソリューションをベースとした大規模なシステム構築において、サーバ、ストレージからミドルウェアの導入・開発・構築まで長年にわたりトータルに提供してきました。高度な分析・シミュレーション技術を必要とする金融、医療・医薬、社会統計業務などの多様な分野において、多数のシステム導入実績があります。

SAS(R) Visual Analyticsは、従来のデータベース管理システムでは扱えない大量データをリアルタイムに近い時間で探索できるインメモリ・アナリティクス製品で、インメモリ分析エンジン「SAS(R) LASR(TM) Analytic Server (レーザー・アナリティック・サーバ)」を基盤にします。高度なビジュアル・インターフェイスを備え、データ統合、データ抽出・変換、データ蓄積、管理・分析の各種機能をオールインワンで兼ね備えた製品であることから、本製品のみでビジネス・アナリティクス(BA)環境を構築することが可能です。業界標準のブレードサーバをベースに、Hadoop分散ファイルシステムを利用し、かつ複数のサーバを使った透過的な分散環境をサポートしたインフラで拡張性の高さも実現しています。また、レポートやダッシュボードは、Webブラウザやタブレット端末などのモバイルデバイスで利用可能で、高度な分析業務を、どこにいても実行可能にします。

CTCは、SAS(R) Visual Analyticsをベースとしたお客様のBI/BA導入をトータルで支援し、SASが技術支援をします。動作検証は、お客様のより迅速なシステム導入を実現するため、CTCのマルチベンダー環境の総合検証センター、テクニカルソリューションセンターで、CTCとSAS共同で実施しています。また、デル株式会社の協力により、ハードウェアとソフトウェアのオールインワンパッケージも用意しており、お客様の早期のBI/BA導入を様々な方法で支援します。
今後、CTCとSASは、ビッグデータに関連したサービスの連携を強化し、お客様の様々なニーズにお応えし、大量データ活用によるお客様企業の価値向上に向けたソリューション開発やサービス提供力の強化を図っていきます。


■SAS(R) Visual Analyticsの機能全体イメージ

分析対象のデータを、一度の操作で数秒で解析

(画像をご参照ください)


■地図上にバブルプロット表示した分析結果イメージ

様々な形式でのチャート表示が可能

(画像をご参照ください)


■「ビッグデータの可能性を活かす戦略的情報活用基盤セミナー」 開催
11月9日(金)にCTCとSAS共催セミナーを実施します。製造業や流通業の話題をメインに、それらの企業が抱える課題を、SAS(R) Visual Analyticsを用いて、 どのようにして解決するかを、デモンストレーションを交えて紹介します。詳細は、セミナー紹介ページをご参照ください。
セミナー紹介ページ:  リンク


※SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。