logo

ハイエンドDHCPアプライアンスの決定版、NetWyvern SuperDHCPがさらに利便性をアップ

~モニタリング機能、GUI処理性能の大幅強化、ストレスフリーなネットワーク管理を約束します~


 ご好評を頂いておりますDHCPアプライアンスサーバの大・中規模ネットワーク向けハイエンドモデルNetWyvern SuperDHCP 100/200シリーズがリモートモニタリング機能とGUI処理性能を強化し、さらに使いやすさをアップしました。従来のWizardLinkHyperにリモートモニタリングを新たに搭載したことにより、分散配置したHA構成機器の稼働状態をリアルタイムに管理することができ、ディザスタリカバリに対応したWAN越えHA構成をこれまで以上に安心運用することができます。また、GUI処理速度を大幅に改善したため、大規模ネットワークの構築/運用に必要な設定作業をストレスフリーで実現。日々のネットワーク管理にかかる作業コストを削減します。

■RMS搭載で安心BCPソリューション
 分散配置したサービスノードを集中管理するWizard Link Technologyに、遠隔地のノード状態をリアルタイムに監視できるモニタリング機能、RMS(Remote Monitoring System)を搭載しました。拠点に配備されたノードの各種稼動状態(同期/ファイル/メモリ)をRMSは常に監視し集中管理します。監視結果は一覧表示されますので故障の前兆を事前に捉えることができ安心の運用をお約束します。
●DRRS※1搭載により故障検出から5秒以内の高速な冗長切替が可能
●全拠点のサービスノード状態のリモートモニタリング
●可動部品を全く使用しないNetWyvern DHCPシリーズ(SuperDHCPを 除く)の平均故障間隔から求めた
 最適なN:1構成で安心のWAN越えHA構成を実現

 いままでのWizrd Link Technologyと比較し、RMS搭載により低コストで安心のディザスタリカバリ対策を提供します。
※1) DRRS :Dynamically Reconfigurable Redundant System

■GUI処理速度を大幅に向上しました
 日々の運用管理に常用するモニタ画面や、DHCPサブネット登録等、GUIに関しての処理能力を大幅に高速化しました。日々増加するネットワーク接続機器、細分化されるネットワークなど、大規模ネットワークの構築や運用を継続するのに、DHCPサブネットやIPアドレス、MACアドレスの管理作業は煩雑になりがちです。新バージョンのソフトウェアをご使用頂くことで大規模なネットワーク管理にもストレスのない運用をご提供いたします。テキストファイルによるインポート/エクスポート機能の採用により多数のDHCPサブネットやIPアドレス、MACアドレスをワンタッチ操作で登録することが出来ます。ファイルフォーマット(注)は標準的なCSV形式を採用していますので、Excel等の表計算ソフトをそのまま使用してデータの編集、管理を行うことができ、設定の為に大量に入力が必要だった作業が劇的に軽減されることで、誤入力を防ぎ、構築や再構築時の設定・設定変更コストに大幅な削減をもたらします。
注:弊社指定のインポート・フォームで記述のファイル

■モニタリングダッシュボード/オペレーション・スタティスティクス搭載による安心運用
 モニタリングダッシュボードはDHCPシステムの安定運用に必要な各種情報の概略を集約表示します。詳細な数値とグラフを併せて表示する事で、複数の画面から必要な情報を取捨選択することなく、直感的かつ定量的に現在のシステム運用状態を一目で把握することができます。さらに、Wizard Link Hyper サービスノード情報も全てダッシュボード上に表示しますので、大規模システムや全国展開して運用しているケースでも、インフィニコのダッシュボードが安心の運用と管理をサポート致します。
オペレーション・スタティスティクス・システム搭載により、システム全体のDHCP稼働履歴を装置内データベースに蓄積し、統計情報として提供します。最新レコードの一覧表示、履歴表示、キーワード検索を行うことができ、ネットワーク設計の定量的な評価が可能となります。最長一年間分のデータを蓄積することで、中長期的なシステム運用をお手伝いします。

■運用スケール、拠点構成に合わせた最適な製品ラインナップ
 NetWyvern SuperDHCPラインナップとして、110/ 120/ 230/ 250の4モデルを提供します。運用スケール、拠点の規模や構成に合わせ、最適なシステム構成が選択出来ます。Wizard Link Hyperサービスノードは、ゼロスピンドル省エネDHCPアプライアンスとして定評のあるNetWyvern DHCP1000i/ 2000i/ 3000iDHCPシリーズ全製品が対応しており、より安心で柔軟なWAN超えHA構成が可能となります。

【製品型番、ラインナップ、価格】
■SuperDHCP製品(Wizard Link Hyperにはマスター・ノードライセンスが含まれています)
製品型番        製品名
IFC-H025-110     NetWyvern SuperDHCP 110
IFC-H025-120     NetWyvern SuperDHCP 110 Wizard Link Hyper5
IFC-H026-110     NetWyvern SuperDHCP 120
IFC-H026-120     NetWyvern SuperDHCP 120 Wizard Link Hyper10
IFC-H027-110     NetWyvern SuperDHCP 230
IFC-H027-120     NetWyvern SuperDHCP 230 Wizard Link Hyper25
IFC-H027-130     NetWyvern SuperDHCP 230 Wizard Link Hyper50
IFC-H028-110     NetWyvern SuperDHCP 250
IFC-H028-120     NetWyvern SuperDHCP 250 Wizard Link Hyper25
IFC-H028-130     NetWyvern SuperDHCP 250 Wizard Link Hyper50
IFC-H028-140     NetWyvern SuperDHCP 250 Wizard Link Hyper100
※上記製品価格は全てオープン価格となります。(参考市場価格は、158万円から468万円)

■Wizard Link Hyper連携対象製品
製品型番        製品名
IFC-H019-010     NetWyvern DHCP 1000i
IFC-H020-010     NetWyvern DHCP 2000i
IFC-H018-010     NetWyvern DHCP 3000i

■SuperDHCP HA構成例
NetWyvern SuperDHCP ×2台 (2拠点迄の HA構成)
NetWyvern SuperDHCP ×3台 (3拠点迄の HA構成)
NetWyvern SuperDHCP Wizard Link Hyper×1台 + 必要ノード拠点数のNetWyvernDHCP1000i、2000i、又は3000i
(集中バックアップ拠点と必要ノード拠点間における1対Nの HA構成)
 ※詳しい組み合わせ構成に関しては、弊社営業迄お問い合わせ下さい。

【発売開始時期】
2012年10月17日

【年間販売目標】
300システム  ※SuperDHCPシリーズ全製品、及び Wizard Link Hyper利用ユーザ数を含む

【製品紹介ホームページ】
リンク

【株式会社インフィニコ】
 小~大規模企業ネットワークの運用・認証・監視をターゲットに独自技術をベースとしたアプライアンスサーバを開発販売する日本発の企業です。インフィニコのアプライアンスサーバは、省電力、専用サーバ、コンパクト設計、駆動部品を省いた耐久設計、冗長化対応の信頼設計、加えて、国産ならではの日本語ユーザインターフェースなどの特長があります。
 DHCPアプライアンスサーバ以外に、RADIUS、SYSLOGの専用アプライアンスサーバなども開発販売しています。特に、DHCP専用アプライアンスサーバは1999年の販売開始から、企業ユーザを中心に国内累計16,000台以上の出荷実績を誇り、分散型構築の需要や、より大きな規模での集中管理型の需要に至るまで『NetWyvern DHCPシリーズ』は高いコストパフォーマンスと高い信頼性でご好評を頂いており、業界でのアプライアンス・イノベーターとして、また、ハイ・インパクト・カンパニーとしてハイ・プロファイル製品群を提供しています。

【会社概要】
 ■会社名 株式会社インフィニコ
 ■代表者 代表取締役 越邑哲也
 ■資本金 278百万円
 ■設 立 1997年9月8日
 ■所在地 〒105-0013 東京都港区浜松町1-2-12
 ■TEL   03-5402-6731
 ■FAX   03-5402-6733
 ■URL   リンク
 ■事業内容 ネットワークセキュリティ製品の開発販売、受託開発事業

【本件に関するお問い合わせ先】
 ■株式会社インフィニコ 営業本部
 ■TEL   03-5402-6731
 ■FAX   03-5402-6733
 ■Email  ifcinfo@infinico.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。