logo

ヘイズ、2012年 10-12月期の採用動向を発表

Hays PLC 2012年10月16日 15時00分
From JCN Newswire

転職には慎重ながらも、転職による早いキャリア・アップの機会を望む人材

Tokyo, Oct 16, 2012 - ( JCN Newswire ) - 人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター: クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン)は本日、2012年10月から12月までの分野別の採用動向予測をまとめたレポートを発表しました。これによると、求職者は依然として転職には慎重でありながらも、昇格やキャリア・アップには積極的であることが分かりました。

ヘイズ・ジャパン代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター、クリスティーン・ライトは次のように述べています。「候補者はキャリア・アップを求めており、英語力が高く、家族を持つ候補者の中には、良い機会があれば他の地域へ転居することもいとわない人材もいます。ですから企業の採用担当者は優秀な人材を惹きつけるためにも入社後に候補者に提供できるキャリア・パスを売り込む必要があるのです」。

また、多くの企業が今年中に戦略的な採用を計画していることも分かりました。

「経費節減が求められる中、多くの企業は積極的な人員増よりも、退職者の欠員補充による社員数の維持に努めています。一方で、採用担当者は採用承認を得るのが難しいにも関わらず採用に意欲的です」。

製薬と再生可能エネルギー市場で新規プロジェクトが計画されているため、この分野の採用が活発化すると見込まれます。

「転職を考えている方は、転職のチャンスがあったらすぐに申し込めるよう日頃から準備をしておくことが必要です。また、企業の採用募集に申し込んだ後、採用決定までの時間がある程度かかることも理解していただきたいと思います」。

採用候補者と企業の間で、希望報酬や必要とされるスキルの期待値にギャップが広がっていることも判明しました。

「業界水準を下回る報酬では優秀な人材の応募は見込めませんが、業界水準以下の報酬を提示する企業もあるようです。優秀な人材の採用時には、ヘイズの給与ガイドなどを参考に報酬の業界水準を調査されることをお勧めしています」。

「同様に派遣社員の採用においても低い予算では能力の高い人材の採用は難しいです」。

本レポートによると、各分野で10月-12月期で最も需要が高くなると予想される人材は次の通りです。

- 経理・財務:財務計画立案・分析(FP&A) マネージャーおよびスペシャリスト、会計士、中小企業の財務コントローラー、中規模企業の財務マネージャー。

- 金融:コンプライアンス担当(アドバイザー、セントラル/コントロール・ルーム)、クレジット・リスク・マネージャー、コーポレート・バンキング- リレーションシップ・マネージャー、インスティチュート/ディストリビューション販売担当者、金融機関および年金運用機関の資産運用マネージャー、企業向け投資信託販売担当、3~7年の経験を有するバイリンガルのミドルオフィス・スペシャリスト。

- ファイナンス・テクノロジー:ITリスク、コンプライアンスおよび監査、フロント・オフィス・アプリケーション担当者、ネットワーク・エンジニア、システム構築、システム・エンジニア。

- 人事:人事、報酬/福利厚生、採用マネージャー、人事ディレクター、研修および自己啓発マネージャー。

- インフォメーション・テクノロジー:エンタープライズ・リソース・プランニング(ERP)コンサルタント、ITビジネス・アナリスト、テクニカル・アカウントおよびプロジェクト・マネージャー、サーバー・エンジニア、ヘルプデスク・エンジニア、ウェブ開発者、携帯端末アプリケーション開発者。

- 保険:販売担当者、損害保険会社のクレーム・アジャスター、オペレーション業務候補者、アンダーライターおよびアクチュアリー専門家。

- 法務:エネルギーおよび主要プロジェクト担当弁護士、社内弁護士、リーガル・マネージャー、バイリンガル・リーガル・マネージャー、5年以上の経験を有する法務契約マネージャー、コンプライアンス・マネージャー、リーガル・コントラクト・アソシエイツ、社内弁護士(日本の弁護士資格保有者)、登録商標・著作権専任弁護士など。

- オフィス・プロフェッショナル:エグゼクティブ・セクレタリー、グループ・アシスタントの他、IT/ゲーム/製薬業界専門の翻訳者。

- ライフ・サイエンス:臨床開発リサーチ・アソシエイツ、医学・科学的なエビデンスや高度な専門知識をもとに、医薬品の情報提供をおこなうメディカル・サイエンス・リエゾン(MSL)、監督官庁関連業務候補者、クオリティ・アシュアランス、市販後医薬品安全性監視、医療機器販売など。

- 不動産:企業不動産(CRE)チームおよびプロジェクト・マネージメントにおける企業不動産マネージャー、プロジェクト・マネージャー、外部のファシリティ・マネージャーなど。

- セールス&マーケティング:テレコム業界の直販営業、販売担当者、アカウント・マネージャー、チャネル・マネージャー、ビジネス開発およびマーケティング部門のマネージャー、PR担当者(バイリンガル)、イベント/PRコーディネーター(派遣)。

- サプライチェーン:直接購買マネージャー、間接購買マネージャーおよびスペシャリスト、DC/WHマネージメント、インベントリー・プランナー。

ヘイズ・ジャパンは、毎年4回(4月、7月、10月、1月)採用動向をレポートにまとめて発表しています。レポート全文はヘイズ・ジャパンのウェブサイト リンク からご確認いただけます。

ヘイズ・グループについて

ヘイズ・グループは、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。世界33の国と地域*、245の拠点において、およそ7,800人の従業員が経験とスキルを備えた人材サービスをグローバルに提供しています。

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社について

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社は、ヘイズ・グループの日本法人として2001年に東京で設立されました。同社は日本で唯一、東京赤坂本社、新宿支店、大阪支店の3つの国内拠点を擁する外資系人材紹介会社です。「経理・財務」、「金融」、「ファイナンス・テクノロジー」、「人事」、「ヘイズ・リース・マネージメント」、「IT」、「保険」、「法務」、「ライフ・サイエンス」、「オフィス・プロフェッショナル」、「不動産関連」、「セールス&マーケティング」、「サプライチェーン」の13の専門分野に精通したコンサルタントが豊富な知識と経験をもとに、正社員から契約・派遣社員まで、企業の人材採用や個人のキャリアアップを支援しています。

* 日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ

本件に関するお問い合わせ先:
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社
朝倉 03-3560-2813

概要:Hays PLC

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。