logo

実践女子学園:この秋 盛りだくさんの様々なイベント「常磐祭、公開市民講座、展示会、ホームカミングデーなど」のご案内

実践女子学園 2012年10月12日 15時10分
From JCN Newswire

Tokyo, Oct 12, 2012 - ( JCN Newswire ) - 実践女子学園(東京都日野市)は、この秋、地域の皆さまや卒業生との交流や、開かれた学園を目指して、様々なイベントを実施いたします。

ときわ祭10/27~28(中学・高校)、常磐祭11/9~11(大学・短大)は、在校生が学業やクラブ活動の成果を発表する学園祭です。今年度の常磐祭(大学・短大)のテーマは"Love"、多くの団体の発表や、たくさんの模擬店の出店、トークショーやお笑いライブ、コンサートには豪華ゲストも登場予定です。また学園祭と同時開催で、卒業生と母校の交流を図るホームカミングデーを、中学・高校10/28、大学・短大11/10に実施します。

地域の皆さまを対象とした講演会やイベントとして、公開市民講座「こどもと健康」10/20、「生活環境と健康」11/24、第12回「かたち・ふれあい」展10/8~11/16、香雪記念資料館展示会「知られざる女性画家たち-江戸から大正期のもう一つのまなざし-」10/29~12/7、などを実施します。

実践女子学園プロジェクト研究所関連のイベントとして、健康栄養科学研究所第2回講演会10/20、下田歌子研究所「歌子さんの集い」10/21を実施します。

また、大学各学科のイベントとして、実践英文学会「カタストロフィとその後-Catastrophe and its aftermath」10/26、国文学科特別講演会「傀儡子(くぐつ)舞とその伝承」10/29、生活文化科学公開フォーラム「現代の子どもと家族~子育て家族の幸せのために、いまできること、なすべきこと~」12/8などが予定されています。

さらに、10月14日(日)には生活文化学科の学生(1~3年生154名)が、日野市が開催する「手をつなごう・こどもまつり」に参加いたします。

地域の皆さま方や学園卒業生にぜひご参加いただきたく、ご案内申し上げる次第です。

記(時系列で表記)

日程/内容

- 10/8(月)~11/16(金) 第12回「かたち・ふれあい」展(主催: 実践女子短期大学+「かたち・ふれあい」展示実行委員会)
- 10/14(日) 生活文化学科の学生(1~3年生)が、「手をつなごう・こどもまつり(日野市)」へ参加
- 10/20(土) 公開市民講座「こどもと健康」(主催:実践女子大学・短期大学公開講座委員会)
- 10/21(日) 下田歌子研究所「歌子さんの集い」(主催:実践女子学園下田歌子研究所)
- 10/26(金) 実践英文学会「カタストロフィとその後-Catastrophe and its Aftermath」(主催:実践女子大学英文学科)
- 10/27(土)~28(日) ときわ祭(中学・高校)(主催:実践女子学園中学校高等学校)
- 10/28(日) ホームカミングデー(主催:実践女子学園中学校高等学校)
- 10/29(月) 国文学科特別講演会「傀儡子舞とその伝承」(主催:実践女子大学国文学科)
- 10/29(月)~12/7(金) 香雪記念資料館展示会「知られざる女性画家たち-江戸から大正期のもう一つのまなざし-」(主催:実践女子学園 香雪記念資料館)
- 11/9(金)~11(日) 常磐祭(主催:実践女子大学・短期大学常磐祭実行委員会)
- 11/10(土) ホームカミングデー(大学・短大)(主催:実践女子大学・短期大学)
- 11/24(土) 公開市民講座「生活環境と健康」(主催:実践女子大学・短期大学公開講座委員会)
- 12/8(土) 生活文化学科公開フォーラム「現代の子どもと家族~子育て家族の幸せのために、いまできること、なすべきこと~」(主催:実践女子大学生活文化学科)

個々のイベント詳細は実践女子学園URLをご参照ください: リンク

プレスリリースおよび本件の取材に関するお問合せは下記へ
■実践女子学園 総合企画部広報担当/林 鶴代
電話(042) 585-8804
E-mail: hayashi-tsuruyo@jissen.ac.jp

■井之上パブリックリレーションズ 実践女子学園広報担当/山口義憲
電話(03) 5269-2301
E-mail: yamaguchi@inoue-pr.com

概要:実践女子学園

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事