logo

パナソニックの大容量デジタルコンテンツ管理システム「CrossLead V1.2」の提供を開始~「誘導型検索」機能搭載により情報共有のスピードを向上

パナソニック 2012年10月11日 10時20分
From PR TIMES



パナソニックグループのパナソニック ソリューションテクノロジー株式会社は、2012年10月29日より、大容量デジタルコンテンツ管理システム「CrossLead」の最新バージョンの提供を開始します。

▼大容量デジタルコンテンツ管理システム「CrossLead V1.2」について
リンク

「CrossLead」は、動画や写真・紙書類などの多様なコンテンツを効率的に一元管理する、大容量デジタルコンテンツ管理システムです。
パソコンやタブレット、監視カメラ、デジタルカメラなど、用途に応じてコンテンツを横断的に活用することで、業務効率化やコスト削減だけでなく、コミュニケーションの活性化に貢献します。

今回、新たに開発された「誘導型検索」機能の搭載により、業務に必要な情報をタイムリーに取得、共有することができ、企業競争力および業務生産性の向上につながります。

【新機能】
・「誘導型検索」:組織責任者やプロジェクトリーダーが、組織メンバーと共有したいコンテンツをワンクリック操作すると、イメージ的に検索ができる機能など多数搭載

【CrossLeadの主な特長】
・業務効率化を実現する豊富な機能を搭載
・多様なファイル形式を一元管理
・規模に応じた導入しやすい価格体系

【提供開始日】
2012年10月29日より提供開始

【価格】
・スタンダードライセンス:1,050,000円~(税込)
・エンタープライズライセンス:5,250,000円~(税込)
※詳しくはお問い合わせください。

▼大容量デジタルコンテンツ管理システム「CrossLead V1.2」について
リンク

【商品に関するお問い合わせ】
パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
電話番号:0570-087870
受付時間:10時00分~12時00分、13時00分~17時30分
(土・日・祝日・当社指定休業日を除く)

▼Webサイトからのお問い合わせはこちら
リンク
⇒「商品・サービスについて」よりお問合せください

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。