logo

ルーパート・ウィングフィールド・ヘイズ、BBCワールドニュースの東京特派員に就任

BBCワールド ジャパン株式会社 2012年10月10日 12時42分
From PR TIMES



ルーパート・ウィングフィールド・ヘイズ、
BBCワールドニュースの東京特派員に就任






本日、BBCはルーパート・ウィングフィールド・ヘイズ(Rupert Wingfield-Hayes)の東京特派員就任を発表しました。
ルーパートは10月から東京支局に着任し、BBCの国際ニュースチャンネルである「BBCワールドニュース」などのニュース報道のレポーターを務めるほか、英国内のニュース番組にも登場します。

ルーパートはテレビ、ラジオ、オンラインを通じて「BBCワールドニュース」や「アジアビジネスレポート」および毎日のニュースで、ビジネス、政治、文化などの最新ニュースを日本から全世界にお届けします。


ルーパートは台湾で中国語を学んでいた1990年代中頃にジャーナリズムの世界に入りました。90年代後半に中国へ渡り、2000年から2006年までBBCの北京特派員として駐在し、この間、経済大国となった中国の驚異的な発展の様子を伝えました。9.11アメリカ同時多発テロに続くアフガニスタン紛争の取材も担当し、この報道によりルーパートおよび彼の取材チームは、英国王立テレビ協会のラジオ・アウォード(Radio Award)を受賞しました。彼は2003年の米軍によるイラク侵攻の報道も担当しています。また、中国に関するレポートによって2006年、2007年と2年連続でアムネスティ・インターナショナル賞に輝いており、彼の受賞歴は合計3度にのぼります。

ルーパートは2007年にBBCのモスクワ特派員としてロシアに赴任しますが、2008年には再び北京に渡り、オリンピック報道を担当しました。このときの彼のレポートは、2009年のエミー賞候補に選ばれています。その後2010年にBBCの中東特派員となり、エルサレムに赴任しました。

2011年、ルーパートはチュニジア、エジプト、リビアで起こった革命のほか、バーレーン、イエメン、ヨルダン、レバノンからの取材報道も手がけました。2011年8月のリビア内戦時は、カダフィ体制打倒を目指す反政府軍のトリポリ入城に同行取材しました。それに先立つ2011年3月、ルーパートは東日本大震災および津波災害、そして福島での原発事故の被害報道のために来日したBBC取材チームの一員として、宮城県と岩手県を拠点に、地震による複合災害の影響を伝えています。


ルーパートが日本に興味を持ったのは、台湾で中国語を学んでいた1990年代初頭、のちに彼の妻となる日本人女性と出会った当時にさかのぼります。2人は1994年に結婚し、日本語が堪能な3人の子どもがいます。


日本への赴任にあたり、ルーパートはこう語っています。「私は長年日本に強い関心を抱いていましたが、この地で地震と津波の報道に携わってからはその思いが格別なものになりました。BBC特派員として日本からニュースをお伝えすることは実に素晴らしい機会であり、今後の特派員としての日々を心待ちにしています」



【BBCワールドニュースとは】 BBCワールドニュースは、国際ニュースとドキュメンタリーを24時間提供する、英国放送協会(British Broadcasting Corporation)の商業チャンネルで、BBCの商業部門の会社のひとつであるBBCワールドニュースリミテッドが所有・運営しています。報道機関では世界最大級の58拠点250名の特派員を含む3,400名の専門スタッフが、国家・宗教・人種・民族に偏りのない「公平・中立・客観的」なレポートをお届けし、200以上の国や地域の約3億3千万世帯、180万のホテルの客室で視聴することができます。放送内容は151のクルーズ船、40の航空会社、23の携帯ネットワーク、そしてbbc.com/news をはじめとする主要なオンラインプラットフォームでも視聴可能です。
BBCワールドニュースの受信方法、放送スケジュールのダウンロード、チャンネルのより詳しい説明については、以下のウェブサイトをご覧ください。
bbc.com/tvschedule.(英語サイト)リンク (日本語サイト)

BBCワールドニュースは商業放送であり、全世界向け、アジア向け、ヨーロッパ向けと、さまざまな形態での広告出稿が可能です。
世界最大級のニュースサイトbbc.comとの連動広告も展開可能です。           

お問合せは、BBCワールドニュース TEL:03 - 5414 - 0470



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。