logo

ATEN リモート電源管理・環境監視対応の「ecoPDU」にPE9324他、全6シリーズを追加

~0Uサイズモデルが新登場 エネルギー管理ソフトウェア「eco Sensor」もv.1.2にバージョンアップ~

ATEN (エイテン)ジャパン株式会社は、グリーンエネルギーソリューション「NRGence(エナージェンス)」の主力製品である、リモート電源管理・環境監視対応PDU「eco PDU」(エコPDU)の新シリーズとして、PE1xxx/PE5xxx/PE6xxx/PE7xxx/PE8xxx/PE9xxxの6シリーズを発表します。受注は9月28日より開始します。
この「eco PDU」は、従来のインテリジェントPDUが持つリモート電源制御と環境監視の機能に加え、付属のエネルギー管理ソフトウェア「eco Sensor」(エコセンサー)を活用して使用エネルギーの現状分析と対策を行うことのできる次世代型PDUソリューションです。従来の1UサイズモデルPE6xxx/PE8xxxシリーズに加え、0Uサイズのバータイプモデル6シリーズ15機種を、今回新たに受注生産品として日本市場に投入します。
これと同時に、エネルギー管理ソフトウェア「eco Sensor」も便利な機能が追加された新バージョンv.1.2をリリースします。

ポイント

1.0Uサイズの6シリーズ15機種が新たにラインナップ
従来の1Uサイズモデル(PE6xxx/PE8xxxシリーズ)に、今回、受注生産品として0Uサイズモデル6シリーズ(PE1xxx/PE5xxx/PE6xxx/PE7xxx/PE8xxx/PE9xxx)が新たに加わりました。機能バリエーションが豊富なシリーズ展開で、あらゆる規模のサーバールームのニーズにお応えします。


2.業界初の「POP機能」を搭載した新型eco PDU 「PE9216/PE9324」が登場
今回発売するラインナップには、ATEN NRGenceシリーズの「eco PDU」で最上位に位置づけられるPE9xxxシリーズ(PE9216/PE9324)が新たに登場しました。従来のインテリジェントPDUには見られなかった下記の機能を特長とします。
①電力情報の計測や監視はアウトレット/バンク/PDU単位で可能。
②電源制御あり/なしの2種類のバンクを提供。電源制御なしのバンクに接続された機器は電源を常にONに維持。
③業界初の「POP (Proactive Overload Protection) 機能」搭載 - 他のアウトレットに影響を与えないように、電流過負荷を引き起こしたアウトレットだけを自動的に電源OFF。


3.エネルギー管理ソフトウェア「eco Sensor」 便利な機能が追加されたv.1.2をリリース
「eco Sensor」は、複数のeco PDU(PEシリーズ)と連携してエネルギーを管理できるソフトウェアです。eco PDUでの計測値をもとに現状の分析・評価を行い、データセンター全体における使用エネルギーを最良の方法で効率化させます。今回新たにリリースされたv.1.2では下記の機能が追加されました。
①アウトレットのグルーピング機能に対応。
②SNMP MIB(Management Information Base)に対応。
③アウトレット制御(電源ON/OFF/切断後再投入)のスケジューリング機能に対応。


標準価格:オープン価格
※各モデルとも販売価格はロットによって異なります。詳細はお問い合わせください。

このプレスリリースの付帯情報

PEシリーズ0Uサイズ(中央部)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

ATENとは
ATENはコネクティビティおよび管理ソリューションのプロフェッショナルとして、ワールドワイドにビジネスを展開している企業です。1979年に台湾で設立されて以来、北米、欧州、アジア各国に拠点を増やし、KVMスイッチ市場では世界的なリーディングカンパニーとしても知られています。
SOHO/SMB向けKVMソリューションである「ATEN」やエンタープライズ向けサーバー管理ソリューションである「ALTUSEN」シリーズ、また、これらの製品開発で培ってきた技術や経験を生かして、近年ではプロフェッショナル向けA/Vソリューション「VanCryst」シリーズやグリーンエネルギーソリューション「NRGence」も展開し、多様化する市場のニーズに応えます。

ATENジャパンとは
ATENジャパン株式会社は、ATENの日本法人として2004年に設立され、日本におけるATEN製品の広告宣伝、販売、アフターサポートを担当しています。日本のユーザーニーズにあったサービスを提供することで、KVMスイッチ市場の更なる拡大を目指します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事