logo

箕面市内の池田泉州銀行に「赤ちゃんの駅」を設置~10月1日から市内すべての店舗で利用可能に~

箕面市(市長 倉田哲郎)と株式会社池田泉州銀行(頭取 藤田博久)は、箕面市が市内の公共施設及び商業施設等で設置を進めている「赤ちゃんの駅」を、市内の池田泉州銀行3店舗(箕面支店 箕面駅前支店 小野原支店)すべてに設置し、10月1日からご利用いただけるようにいたしました。
「赤ちゃんの駅」とは、乳幼児を連れた保護者が安心して外出先で授乳やおむつ替えができる施設で、この度の池田泉州銀行の設置により箕面市内で合計69カ所となりました。
これからも、箕面市及び池田泉州銀行は、乳幼児を持つ子育て家族が安心して外出できる環境づくりを進めていきます。

1 市内3店舗にすべて設置
  今回新たに赤ちゃんの駅を設置したのは、池田泉州銀行箕面支店(箕面市桜井1丁目・阪急桜井駅前)、箕面駅前支店(箕面市箕面6丁目・阪急箕面駅前)、小野原支店(箕面市小野原東3丁目)で、乳幼児連れでも安心して各種銀行手続きにお越しいただけるよう設置したものです。池田泉州銀行では、こうした赤ちゃんの駅を池田市、宝塚市、芦屋市でも設置しており、今後も本取り組みを実施している自治体と協議しながら、順次店舗を拡大する予定です。
  
■利用日時:平日の午前9時から午後3時まで
(銀行の窓口営業時間内での利用に限ります)
■利用の際には、お気軽に銀行職員にお声かけください。

2 箕面市内69カ所に整備
箕面市では、赤ちゃんの駅の整備を平成22年度から順次進め、平成24年9月末現在、66カ所の公共施設や商業施設等に設置しています。今回の池田泉州銀行3店舗での設置が完了し、合計69カ所となりました。


3 赤ちゃんの駅には目印の表示板を掲示
箕面市の赤ちゃんの駅には、利用者のみなさんが気軽に立ち寄れるよう、目印となる表示板を目立つ場所に掲示しています。
  さらに、市内の赤ちゃんの駅が一目でわかる「赤ちゃんの駅マップ」を市内公共施設等で配布しています。
  また、市のホームページや携帯サイト(おひさまネット)などでもご覧いただけます。
 リンク 施設一覧
リンク 市内地図

箕面市と池田泉州銀行は、平成23年11月28日に「産業振興連携協力に関する協定」を締結しております。引き続き、箕面市の地域活性化に向けて取り組んでいきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事