logo

アシアルがモバイルアプリ開発プラットフォーム「Monaca」をバージョンアップ 〜アプリテンプレートでアプリ開発がさらに簡単に〜

アシアル株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:田中正裕)は、モバイルアプリ開発プラットフォーム「Monaca」をバージョンアップしました。


アシアル株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:田中正裕)は、モバイルアプリ開発プラットフォーム「Monaca」をバージョンアップしました。

今回のバージョンアップでは、ハイブリッド型モバイルアプリ開発の技術的障壁を大幅に下げつつ、JavaやObjective-Cで開発したアプリにひけをとらない機能やUIを実現するために以下のような機能を新たに追加いたしました。

※ハイブリッドアプリケーションとは、Webの技術(HTML5やJavaScript)を活用して作成されるアプリケーションです。従来の開発方式と比較し、クロスプラットフォーム性が高い(iPhoneとAndroidで同時に開発できる)、必要スキルが低い、開発工数が短い、などの特徴があります。

<主なバージョンアップ内容>
・アプリテンプレート機能
Monacaのアプリテンプレート機能では、アプリの基本的な画面構成や機能があらかじめ提供されるため、開発者はプログラミングの知識がなくても、デザインやデータの修正をするだけでオリジナルのモバイルアプリを開発する事が出来ます。今回、RSSリーダーとWebサイトブラウザーの2種類のテンプレートが提供開始されます。たとえば、ブログアプリの作成や、Webアプリのネイティブ化がとても簡単に実現できます。

・ChildBrowserプラグイン対応
PhoneGapのChildBrowserプラグインに対応しました。この機能を使う事によって、外部サイトの表示をアプリ内で行う事が出来るようになり、FacebookやTwitterなどのSNSで使われるOAuth認証の実装などが容易になりました。

・Bluetoothプラグイン対応(Androidのみ)
PhoneGapのBluetoothプラグインに対応しました。この機能を使う事によって、Androidアプリ開発においてBluetoothを通じて外部機器などと連携するアプリの開発が可能になりました。

・iPhone5対応
iPhone5及びiOS6に対応したアプリケーションの開発が可能になりました。

<Monacaについて>
「Monaca」はアシアル株式会社が提供するiPhone、iPad、Androidスマートフォンやタブレットに対応したネイティブアプリの開 発環境を提供するクラウドサービスです。開発者は一度に複数のプラットフォームに対してネイティブアプリを開発することができます。開発者はブラウザベー スの「Monaca IDE」を用いることで、プログラムコードの作成、デバッグ、およびアプリ配布を行えます。これにより、従来の開発手法と比較して、大幅な開発期間の短縮 およびコスト削減が可能となります。

【Monaca Webサイト】リンク


<アシアルについて>
アシアルはサーバーサイドWeb、スマートフォンを中心とした技術支援、開発受託、サービス運営を行うテクノロジーベンチャーです。

Webサイト:リンク
所在地:〒113-0033 東京都文京区本郷2丁目15番13号 お茶の水ウイングビル10階
設立:2002年7月
代表取締役社長:田中 正裕
資本金:1,000万円
事業内容:
・業務アプリケーション、ECサイトなどのWebシステム構築・コンサルティング
・Webシステム開発者・制作者向けの製品・サービスの企画・開発・販売、プログラミング研修
・モバイルアプリ開発プラットフォーム「Monaca」の開発・提供
・iPhone、モバイル端末に対応したソフトウェア構築
・メディア事業「トレイン・トレイン(traintrain.jp)」、「PHPプロ(phppro.jp)」

※ 記載された社名および製品名/サービス名は各社の商標または登録商標です。


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:アシアル株式会社
担当者名:塚田亮一
TEL:03-5875-6862
Email:info@asial.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事