logo

10月1日からハローワーク特区事業が開始されました!

佐賀県 2012年10月03日 10時17分
From Digital PR Platform


 ハローワーク特区について、佐賀県知事と厚生労働大臣が平成24年8月30日に締結した「ハローワーク佐賀におけるハローワーク特区の実施に関する協定書」に基づき、佐賀県知事と厚生労働省佐賀労働局長は、別添のとおり「平成24年度ハローワーク佐賀におけるハローワーク特区事業計画」を作成しました。事業計画の概要は下記のとおりです。
 本事業計画に従い、10月1日からハローワーク佐賀において、ハローワーク特区事業を開始します。

                      記


【事業計画の概要】
1 ジョブカフェSAGAとヤングハローワークSAGAの一体的運営等による若年者就労支援の強化

ア 施設の開庁日及び開庁時間の統一(ヤングハローワークSAGAの土曜開庁)
イ 利用申込書及び利用票の様式統一、利用者の同意を得た情報共有の推進により、受付からカウンセリング、職業紹介まで切れ目のない就職支援の実施
ウ 長期間失業状態にある者、不採用が続く者等に対するチーム支援の実施
エ 一体的運営等を促進するための施設整備
オ 連携して学校に対する支援を促進


2 障害者に対するチーム支援や一体的な事業所訪問等による障害者就労支援の強化

ア ハローワーク佐賀における就労移行支援事業所利用者に対するチーム支援に県が参加
イ 就労移行支援事業所利用者に関する情報について県が一元管理
ウ 利用者の同意を得て求職者情報、事業所訪問情報を共有し、県とハローワーク佐賀の同行訪問等により効果的・効率的な事業所訪問を実施


3 ハローワーク佐賀管内の市(多久市・小城市・神埼市)と連携した福祉から就労支援への強化
県と佐賀労働局、ハローワーク佐賀が連絡調整を行う中で、ハローワーク佐賀の就職支援
ナビゲーターが3市の福祉事務所を定期的に巡回し、生活保護受給者に対する職業相談、職業紹介を実施


【人事交流】
県と佐賀労働局(佐賀公共職業安定所)間で、2名ずつの人事交流を行う
県雇用労働課副課長 ⇒ 佐賀公共職業安定所 次長
県雇用労働課係長 ⇒ 佐賀公共職業安定所 職業相談第二部門統括職業指導官
佐賀労働局総務部総務課課長補佐 ⇒ 県雇用労働課 参事
佐賀労働局職業安定部求職者支援室室長補佐 ⇒ 県雇用労働課 主幹


※10月1日の動き

特区のスタートにあたり、知事、佐賀労働局長による関係職員への挨拶等
・日時:平成24年10月1日(月曜日) 8時30分
・場所:ジョブカフェ・ヤングハローワーク北入口(アーケード内)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。