logo

パーキングパーミット利用証が三重県と相互利用できるようになります

佐賀県 2012年10月03日 10時18分
From Digital PR Platform


 佐賀県では、身体障害者や高齢者、妊産婦など、身障者用駐車場を必要とする方に駐車スペースを確保するため、「佐賀県パーキングパーミット(身障者用駐車場利用証)制度」を平成18年7月から全国で初めて導入しました。
 平成24年4月1日から、制度導入自治体の増加と利用者の利便性のさらなる向上を図るため、同様の制度を実施している全国26府県で利用証の相互利用を行っていますが、このたび、三重県で同様の制度が導入されるのに伴い、本年10月1日から27府県間での利用証相互利用を開始することとなりました。 
 これにより、全国27府県の制度協力施設等で「佐賀県パーキングパーミット利用証」の利用が可能になります。

1.制度導入府県(平成24年10月1日時点) 27府県
岩手県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福井県、三重県、京都府、兵庫県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県


2.相互利用の経過
平成21年9月  佐賀県 長崎県 熊本県
平成21年11月 佐賀県 長崎県 熊本県 鹿児島県
平成22年8月  佐賀県 長崎県 熊本県 鹿児島県 山口県
平成24年2月  九州・山口8県間で利用証の相互利用を開始
平成24年4月  26府県間で利用証の相互利用を開始
平成24年10月 27府県間で利用証の相互利用を開始


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事