logo

Jストリームは、宣伝会議「コピーライター養成講座」のミニ講座動画を制作、配信

株式会社Jストリーム 2012年10月02日 15時00分
From ValuePress!

株式会社Jストリームは、株式会社宣伝会議の運営する「コピーライター養成講座」に関連し、オフィシャルサイトで公開するミニ講座動画の制作と配信を担当しましたので、お知らせ致します。

報道関係者各位
2012年10月2日 株式会社Jストリーム

------------------------------
Jストリームは、宣伝会議「コピーライター養成講座」のミニ講座動画を制作、配信
------------------------------

株式会社Jストリーム(マザーズ:4308 代表取締役会長兼社長:白石 清、以下Jストリーム)は、株式会社宣伝会議(東京都港区、代表取締役:東 英弥、以下宣伝会議)の運営する「コピーライター養成講座」に関連し、オフィシャルサイトで公開するミニ講座動画の制作と配信を担当しましたので、お知らせ致します。

-------------------------
■宣伝会議「コピーライター養成講座」について
-------------------------

コピーライター養成講座は、「久保田宣伝研究所」を母体にした日本で最初のコピーライター養成機関です。コピーライティングの技術を初めて本格的に体系化し、効率的な指導法を確立しました。同講座では、課題演習を中心に少人数クラスで丁寧に課題を講評していくことを特長としています。企業の宣伝・マーケティング・販促担当者などのほか、広告会社や制作会社において社員研修の一環として利用されることもあり、講座卒業生の多くが広告界で活躍しています。

講師は、日本のコピーライターの草分け的存在から、今の広告シーンで勢いよく活躍している若手コピーライターまで、現在の広告界で活躍するクリエイターを採用しています。また、広告クリエイティブに携わる、クリエイティブディレクターやアートディレクター、プランナーやマーケッターなどが幅広く講義を行うため、現在の広告クリエイティブの最前線を総合的に学習できます。

-------------------------
■同講座でのミニ講座動画公開の意図について
-------------------------

ユーザーが講座検討を進め、自身に適した内容であるかを判断してもらうには、講座の最大の特長である課題中心の演習と丁寧な講評がどのように行われるかを、具体的イメージを伴って的確に伝える必要があります。そこで、今回同講座ではオフィシャルサイトでミニ講座の動画を公開開始しました。実際の講座でも講義を受け持つコピーライターの松下武史氏(松下武史広告本舗)が、「えんぴつのコピーを考える」というテーマで、コピーライティングについて解説します。動画は全6回で、PCおよびスマートフォンのiOS、Android端末向けに配信しています。(スマートフォンは、両OSとも一部端末非対応あり)
現在、第1回・第2回の動画を公開しており、コンテンツは順次追加されます。(今後公開される一部コンテンツにて、講座申込者のみ視聴可能のものがあります)


宣伝会議 コピーライター養成講座 ミニ講座の動画配信ページ
リンク

-------------------------

<ご参考>
■株式会社Jストリームについて
社名(商号): 株式会社Jストリーム (マザーズ:4308)
設立: 1997年5月
代表者: 代表取締役会長兼社長 白石 清(しらいし きよし)
本社: 〒105-0014 東京都港区芝2-5-6 芝256スクエアビル6階
Tel: 03-5765-7000 Fax: 03-5765-3520
西日本営業所: 〒530-0003 大阪府大阪市北区堂島2-1-31 京阪堂島ビル5階
Tel: 06-4796-6160
URL: リンク
事業内容:
(1) インターネットを利用した画像データ・音声データの提供サービス業
(2) インターネットを利用した会員情報管理、商取引、決済処理に関する業務の受託
(3) テレビ番組、音声・映像ソフト等のデジタルコンテンツ、出版物の企画・制作及び販売業
(4) コンピュータに関するハードウェア・ソフトウェアの開発・販売
(5) インターネットを利用した各種情報提供サービス業
(6) インターネットに関する技術指導・コンサルテーション
(7) 広告代理店業

■本件に関する報道関係お問合わせ先
株式会社Jストリーム 管理本部 総務部 広報IR課 担当:常冨
TEL: 03-5765-7744
Email用コンタクトURL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。