logo

Railsアドバンスド・パートナーズの運営委員にアジャイルウェアの川端氏が着任

エンタープライズOSSの利活用を推進する業界団体「BOSS-CON JAPAN」

BOSS-CON JAPAN(ビジネスOSSコンソーシアム・ジャパン、所在地:東京都世田谷区、理事長 吉政忠志)は、Railsアドバンスド・パートナーズの運営委員にアジャイルウェアの川端氏が着任したことを発表いたしました。

川端氏のプロフィールは以下の通りです。

株式会社アジャイルウェア 代表取締役 川端光義
略歴
株式会社アジャイルウェア代表取締役。1998年からソフトウェア開発を10年以上経験。初期の頃はフリーランスプログラマーとしてJavaのオブジェクト指向を追求し、リファクタリング本からエクストリーム・プログラミングに出会う。人を中心とする考え方に感銘を受け、アジャイル開発を目指し、2003年には「アジャイルウェア」の屋号として活動する。その後、「バグがないプログラムのつくり方」を出版、XPJUG関西支部の代表を務め、アジャイル開発の普及活動を行う。2007年に、変化に強く生産性の高いRubyに注目し、受託開発を始める。
2012年、法人化し、顧客・開発者双方の満足度を高めるため、より理想的なアジャイル開発を実現する体制作りを目指す。

アジャイルウェア社については以下をご覧ください。
リンク

Railsアドバンスド・パートナーズはRuby on Rails(以下、「Rails」)の普及が進む中、さらなる普及を実現するために必要な「SIビジネス」と「ソリューションの育成」を推進するコミュニティです。

※Railsアドバンスド・パートナーズの詳細は以下をご覧ください。
リンク

BOSS-CON JAPANは会員のOSSビジネスを支援するマーケティング団体です。BOSS-CON JAPANの最大の特徴は国内にメーカー的な役割を担う会社が存在しないOSSにフォーカスし、各種認定プログラムなども運営いたします。

詳細は以下をご覧ください。
リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事