logo

アマノビジネスソリューションズの「すまぁと勤怠」とNECインフロンティアがネットワーク型POSサービスでクラウド連携       



 アマノ株式会社(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:中島 泉、以下「アマノ」)のグループ会社でアウトソーシング事業を行うアマノビジネスソリューションズ株式会社(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:錦織 利行、以下「ABS」)は、クラウド勤怠管理サービス「CYBER XEEDすまぁと勤怠」と、NECインフロンティア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川上 政和)の小規模店舗向けネットワーク型POSサービス「StoreBASE ACT」(ストアベース アクト)とのクラウド連携を10月1日より開始いたします。

 「CYBER XEEDすまぁと勤怠」は、2011年4月にサービスを開始した多店舗小売業向けの勤怠管理サービスです。サーバーやソフトウェアライセンスの購入が不要なクラウド勤怠管理サービスで、お客様の大切なデータは安全性と機密性が確保されたデータセンターにて管理されています。このサービスでは従業員数10名前後からのご利用を想定し、導入が早い、コストが安い、操作が簡単をコンセプトにサービススタート以来、多数のお客様に導入していただいております。
 「CYBER XEEDすまぁと勤怠」をさらに多くのお客様にご利用いただくにあたり、このたびNECインフロンティアの「StoreBASE ACT」と連携することとなりました。

主な特長
店舗POS端末で打刻、本部や出先からタブレットPCで閲覧・管理
・店舗のPOS端末やバックヤードPCのシンプルな画面で「出勤」「退勤」を打刻。出退勤
時刻の不正記録を防止。
・経営者は複数店舗の全従業員の出退勤時刻、残業、休暇などの勤務データを本部や出先からタブレットPCなどでリアルタイムに閲覧可能。
・打ち忘れ情報の抽出や日々の打刻集計、各種就業帳票の出力、1ヶ月の集計処理まで勤怠管理に関わる一連の機能から、人事担当者が必要な時にデータの参照や出力処理も簡単に実施可能。勤怠データは給与ソフトへも連携できるため、業務効率の大幅アップに貢献。

業界最高水準のコストパフォーマンス
・初期費用90,000円(POS端末からの打刻入力機能含む)
・月額2,900円から利用可能。(StoreBASE ACTのサービス利用価格は別途)
・設定や操作に関する問合せや、万一問題が発生した場合のコールセンターを用意。
「StoreBASE ACT」について
 「StoreBASE ACT」は、POSシステムと売上管理システムを手軽に低コストで導入できるネットワーク型のサービスです。売上速報や集計・分析情報、店舗診断が視覚的に分かり易い表やグラフで提供され、各種モバイル端末のWebブラウザを介して、どこにいてもリアルタイムな情報を得ることができます。

・サービス開始日   2012年10月1日
・サービス費用   初期費用90,000円(POS端末からの打刻入力機能含む)
          月額2,900円~(StoreBASE ACTのサービス利用価格は別途)

※StoreBASE は、NECインフロンティア株式会社の登録商標です。
※すまぁと勤怠は、アマノビジネスソリューションズ株式会社の登録商標です。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。