logo

有名なクラウドストレージサービスを簡単に利用できるクラウドストレージ・ゲートウェイ・アプライアンス『storagebox』を2012年12月より販売開始

ビープラッツ株式会社は、中小中堅企業が社内のファイルなどの保管やバックアップに、有名クラウドベンダーのクラウドストレージサービスを簡単に利用するためのソリューション新商品『storagebox(ストレージボックス)』をアプライアンス製品として2012年12月より販売開始することを発表いたします。

クラウドの流通販売プラットフォームを提供するビープラッツ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:藤田健治、以下「ビープラッツ」)は、中小中堅企業が社内のデータファイルなどの保管やバックアップに、有名クラウドベンダーの提供するクラウドストレージサービスを簡単に利用するためのソリューションとして新商品『storagebox(ストレージボックス)』をアプライアンス製品として2012年12月より販売開始することを発表いたします。

継続した企業活動を維持するためのBCP対策の一環として、企業内のファイルデータを保存するファイルサーバのデータバックアップを行い、地震や火事などの災害時においてもデータを紛失することがないように対策を行うというニーズが、大企業に限らず、中堅中小規模の企業においても高まっています。
ファイルのバックアップには、これまで高額なソフトウェアの購入やハードウェアの増強、社内のIT管理者による運用など、コストと手間のかかる作業であり、また、バックアップを実施していても同一ロケーションでの保存管理という問題などを抱えているケースなどが多く存在していました。
そのため、データのロケーションを違えたバックアップを目的に「クラウド」を利用したストレージサービスが注目されています。昨年あたりから、国内外の各クラウドベンダーより、クラウドストレージサービスが本格的に提供されはじめたことにより話題となっていますが、これまで、クラウドストレージサービスを利用する顧客は、大規模データを預ける大企業であったり、ビジネスとしてデジタル配信などを行う事業者に限られていたこともあり、専門の知識をもった技術者だけが利用可能な提供方法となっており、一般の企業ユーザが利用できるようなインターフェースが提供されていないケースがほとんどでした。

このたび、販売を開始するクラウドストレージ・ゲートウェイ・アプライアンス『storagebox(ストレージボックス)』は、難しい技術的なことを一切気にせず、これまでの社内のファイルサーバと同じように「ニフティクラウドストレージ」、「Yahoo!クラウド ストレージ(Yahoo! JAPAN/IDCフロンティア)」といった評判の高いクラウドストレージサービスを中堅中小規模企業でも簡単に利用できる魔法のボックスです。お客様は利用シーンやサービス内容にあわせてクラウドベンダーを「選択」でき、データのやり取りや保存は、暗号化・分散化による「安心」を得、キャッシュディスクによる「スピード」を確保し、また、独自のデータ圧縮技術による「費用削減」も実現しています。
また、プライベートクラウドを希望されるお客様には株式会社クララオンラインのサービスも選択できます。

まさにこれまでのクラウドストレージの足りなかった機能を一つのボックスにまとめた商品です。
手の届かなかった一流の「クラウド」を、誰でもが手にとって実感いただけます。

本商品は、クラウドインテグレータのオブジェクティブ・ベンチャーズ株式会社(東京都港区、代表取締役:ギベス・ヴィンセント・ジョセフ)が企画・製造を担当し、ビープラッツが、既存のクラウドやSaaSの販売チャネルや、OEMによる提供を行う計画です。販売開始は2012年12月を予定しています。


商品情報
1)商品名:storagebox(ストレージボックス)
2)提供形態:ハードウェア アプライアンス
3)販売開始(予定):2012年12月
4)URL:リンク


商品発表
『storagebox(ストレージボックス)』について、「CEATEC JAPAN 2012」(2012年10月2日~、場所:幕張メッセ)にて商品発表を行います。

■CEATEC JAPAN 2012
1)CEATEC JAPAN 2012:ICT Suite Cloud Business Alliance(CBA)ブース内
2)日付: 2012年10月2日(火)~5日(金)(※ICT Suiteの開催日内)
3)展示及びプレゼンテーション:
 ICT Suite Cloud Business Alliance(CBA)ブース内 
展示: 「ビープラッツ」にて
プレゼンテーション:
 - 10月2日(火)16:30-17:00
 - 10月3日(水)11:30-12:00
 - 10月4日(木)13:30-14:00
 - 10月5日(金)15:00-15:30



ニフティ株式会社 クラウド事業部長 蔵原 寛 様
ニフティ株式会社は、ビープラッツ株式会社様による「storagebox(ストレージボックス)」の提供を心より歓迎いたします。「ニフティクラウドストレージ」は、2011年9月29日に正式公開した容量無制限で自由自在に伸縮できるクラウドストレージサービスです。企業におけるBCPやDR対策のニーズが高まる中、この「storagebox(ストレージボックス)」により、「ニフティクラウドストレージ」をこれまで以上に、簡単かつ安全にファイルのバックアップ先として利用する事が出来るようになります。
これからも、ニフティクラウドはビープラッツ株式会社様とともに、クラウドコンピューティング市場でこれまでになかった価値を提供してまいります。

株式会社IDCフロンティア 取締役 ビジネス推進本部長 中山 一郎 様
IDCフロンティアは、ビープラッツ様の「storagebox(ストレージボックス)」の販売開始を心より歓迎いたします。クラウドストレージサービスのいくつかの課題をアプライアンスという手段により解決することで、社内に専任の情報管理者や技術者を置くことが難しい中小企業など幅広いお客様へ「Yahoo!クラウド ストレージ」がより簡単にご活用いただけるようになることを大変期待しています。

株式会社クララオンライン 代表取締役社長 家本 賢太郎 様
クララオンラインは、この度のビープラッツ様によるstorageboxの発表を歓迎いたします。様々な自然災害に直面している我が国では、中小・中堅企業においてもデータの安全な管理手法に対するニーズは高まっています。しかし、可用性や伸縮性に優れたクラウドストレージは、その利用のための技術的なハードルが課題とされています。ビープラッツ様のstorageboxは、こうした状況をブレイクスルーさせることができる製品であると確信しており、普及とその利用形態の拡大に大きな期待を持っております。


【ビープラッツ株式会社について】
月額課金の販売管理システム「bplats」の提供、クラウドサービスの流通販売サービス「SaaSplats」の提供など、クラウドサービスの販売面にフォーカスした事業展開をしています。

1)会社名 : ビープラッツ株式会社 (Bplats, Inc.)
         〒101-0047 東京都千代田区内神田3-2-8 COI内神田ビル4F 
         Tel: 03-3526-8111(代表) Fax: 03-3526-8116
2)設立  : 2006年11月
3)代表  : 代表取締役社長 藤田健治
4)資本金 : 3億230万円(資本準備金1億7230万円)
5)URL   : リンク


【本件に関するお問合わせ窓口】
ビープラッツ株式会社 営業本部 妹尾(せのお) e-Mail:info@bplats.co.jp
オブジェクティブ・ベンチャーズ株式会社 広報担当 e-Mail:info@obvent.com

※本リリース内に記載のサービス名等は、各社の商標、登録商標であり、各社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。