logo

CEATEC JAPAN 2012(幕張)で新製品デモ

KALRAY JAPAN 株式会社 2012年10月01日 08時25分
From PR TIMES

KALRAY社は幕張メッセで開催されるCEATEC JAPANで同社のMPPA DEVELOPERを使った新たな4つのデモを行います。

先日、KALRAYは産業用組込みアプリケーション向け28nm 256コアプロセッサー、MPPA(R)-256の発表を行い、これをPPA MANYCOREプロセッサーファミリーの最初の製品として紹介しました。MPPA(R)-256は広帯域のNOC(Network-on-Chip)で接続された16コア(1クラスター)のプロセッサーが16個の集合体で構成されており、コアプロセッサーはVLIW低消費電力設計を基本とした自社製で32-bit/64-bit 浮動小数点演算ユニットを備えています。
各クラスター内ではコアプロセッサーはメモリー、NOCインターフェイス、デバッグサポートユニットやコントロールロジック回路を共有しています。

MPPA MANYCOREプロセッサーは消費電力当たりでは最も優れた演算能力持つデバイスの一つであり、組込みソリューションにブレイクスルーをもたらします。CEATECでKALRAYはこの能力をいくつかのアプリケーションでデモを行います。これらは画像及びシグナルプロセシング、3D拡張リアリティー、産業オートメーションで、全てKALRY社の開発プラットホームであるMPPA DEVELOPRを利用いたします。

「日本の産業用エレクトロニクス市場は非常にダイナミックでありKalray社にとっては大変有望であると確信しています。」(Joel Monnier、 Kalray CEO)
「東京事務所を開設することで、KalrayはMPPAのブレークスルーテクノロジーを日本市場にお届けするという使命を実現したいと思っています。また、お客様にMPPAプロセッサーの習熟度を上げていただき、より速く市場に投入できるようアプリケーションチームを早急に増やす予定です。」(杉山和美、Kalray Japan 代表取締役)

最初のデモはビデオエンコーディングでありSDIソースから1080pストリームのH.264ビデオエンコーディングを MPPA DEVELOPERで行います。このエンコーダーはMPPA MANYCOREチップの256個を広範囲に使用しx264オープンソースエンコーダーの並列処理を利用します。エンコーディングの品質はS/N比、ソース及びエンコードされたストリームでその場で比較できます。また、作られたビットレートも表示されます。平均出力ビットレートはコーディング品質により3~13Mb/秒です。

ビデオエンコーディングと共に、拡張リアリティー技術を使い複雑な対象物の保守支援デモも行います。1MBからなるガス管配線パネルの3Dモデルと実際の対象物のリアルタイムビデオ画面を合わせます。ビデオ画面には保守順序を示した仮想指示が加わります。特徴点の抽出やSLAM(自己位置推定やマップ作成)といった複雑な画像アルゴリズムはリアルタイム、VGA 20Hzの解像度でMPPA MANYCOREチップ上で並列処理されます。

産業用オートメーションのデモでは、同一チップ上でいくつかの独立したアプリケーションを同時に走らせる、モジュール化できるMPPAテクノロジーをお見せします。このデモでは17個のPLC (Programmable Logic Controller) 組み立て生産ラインに使用されており、各々のPLCは MPPA MANYCOREプロセッサーの一つのコア上を走っています。同時にコントロールアプリケーションに対してはCCDセンサーカメラのビデオ信号がMPPA MANYCOREの別のコアにより処理されています。この画像処理には3つのコアが必要です。

4番目のデモはパッシブソナーでMPPA MANYCOREが複雑な信号処理をどのようにして行うのかを見せます。5つの聴音センサーで捕捉された信号が音源の位置を探し出すための処理がされます。高演算指向のビーム形成アルゴリズムがMPPA MANYCORE上の複数のコアに載せられており、グラフィックユーザーインターフェイスを通してアプリケーションの配置やモニターが可能です。

CEATEC JAPAN, ICT Suite, Hall 6, Booth 6D20へ是非お越しください。

Kalrayについて

Kalrayは2008年に設立され、小~中量高性能アプリケーション向け新世代メニーコアプロセッサーを開発・販売するファブレスの半導体及びソフトウェアーの会社。代表的なアプリケーションとしては画像及び音声の信号処理、科学計算、通信インフラ、指揮管理等々。STMicroelectronics社の元副社長, Joel Monnierが従業員55人を率いフランス国内の投資ファンド、個人投資家、OSEO(革新的なプロジェクトに対してSME開発銀行が援助するフランスの公共機関)が支援している。 Kalrayの技術はCEA(仏原子力庁)所属研究機関の30人も協力している。なを、追加情報はリンクへ。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。