logo

『ルミネ ザ カルチェラ』リブランディング後の第3弾!「台東デザイナーズビレッジ」とのコラボレーションストアをオープン!

株式会社ルミネ 2012年09月26日 14時54分
From Digital PR Platform


株式会社ルミネ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:新井良亮)が運営する「ルミネ新宿」(東京都新宿区)では、次世代のファッションビジネスを担うブランドの発掘・育成を目的とした若手クリエイター支援インキュベーション企画「ルミネ ザ カルチェラ(LUMINE THE QUARTIER-LA)」のリブランディング後の第3弾として、「台東デザイナーズビレッジ」とのコラボレーションストアを、2012年9月27日(木)~10月1日(月)にオープン致します。

「ルミネ ザ カルチェラ」は、「新しいものを生み出していこう」「業界でまだ見えていないものを発掘しよう」をコンセプトのもと、2001年にスタートし、ルミネにしかないオンリーショップや新進気鋭のクリエイターをお客さまにご紹介してまいりました。10周年を迎えた昨年は、より新進ブランドや若手クリエイターの支援・発信性を強化することを目的として、それまでの常設店形式からイベント形式にスタイルを一新しました。
今回の「ルミネ ザ カルチェラ」は、東京都・台東区にある日本初のファッション関連ビジネスを対象とした起業を目指すクリエイター支援施設「台東デザイナーズビレッジ」とコラボレーション。個性溢れる新進気鋭のクリエイター達が手がけたオリジナルアクセサリーや服、雑貨、アートなどハイセンスな品々を取り揃えます。新進ブランドとルミネのタッグによる斬新な企画がお客さまに新鮮な驚きをご提供いたします。

ルミネは、地域のポテンシャルを高め、文化の創造に繋げることを目的に、今後も先端性や斬新さなどを持ったクリエイターと連携し「モノづくり」の支援・発信を強化してまいります。

------------------------
【開催概要】
イベント名称:「ルミネ ザ カルチェラ(LUMINE THE QUARTIER-LA)」
開催期間:2012年9月27日(木)~10月1日(月)
開催場所:ルミネ新宿 ルミネ2 2F インフォメーション前
※期間中、毎日数名の「台東デザイナーズビレッジ」のクリエイター達が店頭に立ち、来店頂いたお客さまに直接商品の説明などをしながら、コミュニケーションを深めます。

<「台東デザイナーズビレッジ」とは…>
全国的に有数のシューズ、バッグ、帽子、アクセサリー等の産地であり、日本のファッション業界を支える重要な役割を担う台東区。「台東デザイナーズビレッジ」は日本初のファッション関連ビジネスを対象とした創業支援施設として、ファッション業界の未来を創り出す「デザイナー」を育て、地元のファッション関連業界をサポートするために2004年に設立されました。
自己ブランドの設立と飛躍を求める新進デザイナー達に事務所スペースや共有スペースを提供するとともに、インキュベーションマネージャー(通称:村長)と台東区が連携を取りながら、産業界とのネットワーク、ビジネスノウハウ等のサポートを提供します。デザイナーや企業が自分のビジネスを成長させるために「活用する」ことで価値を発揮する施設なのです。
※ホームページでは、入居者募集の案内や入居企業の紹介など、様々な情報を提供しておりますので、ご参照ください。
www.designers-village.com

------------------------
【出展クリエイター紹介】
■ネバアランド<アパレル>
クリエイター:エイリーケージャミー/Eily K Jammy
「かわいいなんて、だいきらい!」ワンピースやブラウス、服飾小物の制作と販売を行っています。お仕着せの象徴的な「制服」というモチーフを使って、普遍的で自由な可愛らしさ、美しさを持ったスタイルを楽しんでいただければ幸いです。
リンク

■.URUKUST/ウルクスト<革小物キット>
クリエイター:土平恭栄/YASUE TSUCHIHIRA
ウルクストは「つくる」をテーマにはじまったブランドです。自分で手を加えることで、どんなブランドでも得られない特別感と愛着が生まれたり、今まで気づかなかった細部に目がいったり、ものを見る目もすこし変わるような気がします。そんな気持ちのきっかけを提供したいと思い、あえて完成形でないキットをつくりました。
リンク

■nico/ニコ<アクセサリー>
クリエイター:奥村仁幸/NICO OKUMURA
「自然を感じるアクセサリー」をコンセプトに、都会で働く人達に身近に自然を感じてもらえるようなアクセサリーを制作。バラやパセリの植物から、唐辛子やペッパーなどの調味料まで、nicoのスパイスを加えるとアクセサリーへと生まれ変わります。
リンク

■CPK∞ about the living/セーペルクー<婦人服・雑貨>
クリエイター:豊福教子/NORIKO TOYOFUKU
“こびない女のリアルクーズ“現代女性の生活感に寄り添った着心地の良いアイテムを展開。オーガニックやサスティナブルな素材は原理ではなくそれぞれの必要性で表現。オリジナルカラーと素材でシーズンを通して個々のOrdinaryを感じて欲しい。 
リンク

■riyaham/リヤハム<婦人服の企画・制作・販売・卸パターン(型紙)制作・販売>
クリエイター:小松千佳/CHIKA KOMATSU
riyaham(リヤハム)はアイヌ語でエゾユズリハという植物名です。ユズリハは命を継いでいく子孫繁栄の植物とされてきました。生命の存在を意識し、その人が着ることで完成する服を目指します。
リンク

■小山兼吉商店/コヤマカネキチショウテン<オリジナルアクセサリーのデザイン・制作・販売>
クリエイター:小山京子/KYOKO KOYAMA
編み物と彫金を組み合わせ「大人の女性が身につけられるニットジュエリー」がコンセプト。従来の手編みでの制作に加え、2012年より新しく量産ライン"tiny junk"を立ち上げました。ブランド名の"小山兼吉商店"は実家の茶問屋の屋号。(茶問屋は現在、父が四代目)
リンク

■Sasakihitomi/ササキヒトミ<アクセサリー・ヘッドドレス>
クリエイター:佐々木ひとみ/SASAKI HITOMI
話しかけてきそうな動物たち いまそこで摘んできたような草花たち ふしぎな形の昆虫たち みんな小さなアクセサリーに姿を変えて。。。真ちゅうやシルバーを中心に動植物を緻密に表現したアクセサリーを制作しています。
リンク

■Bahar/バハール<雑貨・出版>
クリエイター:春日一枝/KAZUE KASUGA
ものが生まれる背景には物語がある。その背景ごと伝えたい。そんな想いからスタートしました。ハンガリーやルーマニアの手仕事や暮らしをテーマにした本の出版や手芸キットのデザイン、販売を行っています。Baharはペルシャ語で「春」という意味。春の日だまりのなか、幸せな時間を一緒に過ごせますように、という願いをこめてつけました。
リンク

■POTTENBURN TOHKII/ポッテンバーン トーキー<婦人服>
クリエイター:中島トキコ/TOKIKO NAKAJIMA
日常のナゾやギモンを服の上でポップでポジティブに問うてみる。解決してみる。服がそんなアピールしてたら面白い。面白いからやってみる。着てみる。それがはじまり。POTTENBURN= 自分の中に潜むつぼ(pot)のなかの宇宙(天 ten)がバーンとはじけている(burn)という意の造語。生地と婦人服の企画、製造卸、販売を中心に活動中。
リンク

■sekiyumi/セキユミ<ぬいぐるみ・雑貨・アクセサリー>
クリエイター:関悠美/YUMI SEKI
「貴方の暮らしの差し色になりたい…」 をコンセプトにポップでワクワクする様な明るい色使いを意識し制作。暮らしの差し色になる様な日常の不可思議なアイデアをおもしろかわいく、アクリルや布、革、紙など様々な素材でインテリア雑貨やアクセサリーにデザインしています。
リンク

■YUKO SATO jewelry&objects/ユウコ サトウ ジュエリー アンド オブジェクツ<ジュエリー、クラフト雑貨のデザイン・制作>
クリエイター:佐藤祐子/YUKO SATO
主に自然物からインスピレーションを受けてジュエリーや身の周りの生活道具を作っています。古代の歴史を紐解く発掘ではジュエリーや身の周りの愛用のものが必ずといっていいほど出土しています。自然物もまた必ず出土するそうです。古い過去からもこれから先もそっと寄り添い、手にするとワクワク楽しくなれる、そんなものを作っていきたいと考えています。
リンク

■anoco/アノコ<革小物、アクセサリーのデザイン・制作>
クリエイター:カツマタナオコ/NAOKO KATSUMATA
ほんの少しのひねくれ感・おちゃめな裏切り要素をテーマに、レザーアイテムのデザイン・制作をしています。ブランド名のanocoとは、わたしの名前のaとnをひっくり返した造語です。かわいいけれどちょっぴりイジワルなテイストをミックスさせたあまのじゃくな魅力を、一緒にお楽しみ頂けたらうれしいです。
リンク

■SAKURAYAMA/サクラヤマ<服飾雑貨の企画・製造>
クリエイター:岩崎愛/AI IWASAKI、岡村麻子/ASAKO OKAMURA
~乙女心をギュンとときめかせる唯一無二な想像世界~手仕事から生まれるオリジナルのテキスタイルやコラージュを用いて、お針子の夢見る世界を表現しています。桜が山のように降ってくるという情景から取り入れたブランドネームは、圧倒的でもありそれと同時に刹那的な幸福感というふたつの要素を持ち合わせた意味が込められています。
リンク

■オトギデザインズ<プロダクト・グラフィック/アート>
クリエイター:森岡聡介 /SOUSUKE MORIOKA、蔵野ユキコ/YUKIKO KURANO
アーティスト森岡聡介を中心に、文学・音楽・アートのように「ココロに沁みる新しいモノ・コト」を発信しているデザインレーベル。先人の知恵がこめられた“おとぎ話”が大切に語り継がれているように、昔からあるモノのよい部分を見極め、あたたかさを残した新たなカタチで次の世代へ繋ぎます。
リンク

------------------------
<SAKURAYAMA>
写真上から時計回りに
【スカルガマグチL】\15,750
【スカルガマグチM】\13,440
【ドロップ折財布】\31,500
【ドロップ長財布】\29,400

<nico>
写真上:【アクリルシリーズ】各\8,400~
写真下:【口紅シリーズ】リング \18,900

<ネバアランド>
【リボニッシュ・ネクタイ(赤水玉)】\13,650

※金額は全て税込みです

------------------------
【一般のお客さまからのお問合せ先表記】
「ルミネ新宿」 Tel. 03-3348-5211(代表)
[ルミネ1]〒160-0023東京都新宿区西新宿1-1-5
[ルミネ2]〒160-0022東京都新宿区新宿3-38-2
------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。