logo

ヘイズ、海外就業および留学経験者に対し調査を実施

Hays PLC 2012年09月25日 15時00分
From JCN Newswire

84%が就職の際海外経験が有利に働いたと回答

Tokyo, Sept 25, 2012 - ( JCN Newswire ) - 人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン) は海外就業および留学経験者を対象に帰国後の就職活動に関する調査を行いました。その結果、84%の回答者が、海外経験、主に外国語能力とグローバルなマインドが、外資系、日系企業に関わらず日本での就職に有利に働いたと答えました。

また回答者の68%は、海外留学や海外就業経験はそれらの経験が無い求職者に比べ、グローバル企業のさまざまなビジネス・スタイルや仕事の進め方をより良く理解し、異なる文化的背景を持つ人々と働くことができるグローバルなマインドを持っているという点で優位性が高いと述べています。58%は外国語能力を優位な点として挙げ、25%は海外経験が昇進を早めたと回答しています。さらに43%が帰国後は外資系・日系企業の両方で仕事を探すと回答しました。

ヘイズ・ジャパン代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター、クリスティーン・ライトは次のように述べています。「企業側の視点から特に外資系企業にとってグローバルなマインドの人材はとても魅力的であり、海外就業や留学経験者は有利であると言えます。日系企業においても、このようなソフト・スキルを身につけた人材の積極的活用がビジネス発展に貢献すると思われます」。

その他、良い仕事が見つかれば帰国すると回答した人は49%、仕事だけが目的で帰国しないと回答した人は51%、帰国のタイミングとして今は良くないと考えている人が66%いることもわかりました。

同氏はまた、「多くの人がいつかは日本に帰国したいと考えていることは明らかであり、仕事が帰国のきっかけになることもあります。国際経験を積んだ人材は確実な強味を持っており、企業はこのような人材から見て魅力的な採用をおこなう必要があります」と述べています。

その他の調査結果は次の通りです。
- 帰国の理由としては、海外での目的を達成したためが41%、転勤が37%
- 36%が帰国後に良い仕事がみつかるかどうか最も関心があったと回答
- 海外滞在期間は1~2年の人が35%、3~5年の人は23%

ヘイズ・グループについて

ヘイズ・グループは、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。世界33の国と地域*、245の拠点において、およそ7,800人の従業員が経験とスキルを備えた人材サービスをグローバルに提供しています。

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社について

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社は、ヘイズ・グループの日本法人として2001年に東京で設立されました。同社は日本で唯一、東京赤坂本社、新宿支店、大阪支店の3つの国内拠点を擁する外資系人材紹介会社です。「経理・財務」、「金融」、「ファイナンス・テクノロジー」、「人事」、「ヘイズ・リース・マネージメント」、「IT」、「保険」、「法務」、「ライフ・サイエンス」、「オフィス・プロフェッショナル」、「不動産関連」、「セールス&マーケティング」、「サプライチェーン」の13の専門分野に精通したコンサルタントが豊富な知識と経験をもとに、正社員から契約・派遣社員まで、企業の人材採用や個人のキャリアアップを支援しています。

*日本をはじめ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ

本件に関するお問い合わせ先:
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社
朝倉 03-3560-2813

概要:Hays PLC

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。