logo

第3のビール、意識購入者は「自分用」、無意識購入者は「家族用」に購入。「クリアアサヒ」は“直感型”、「のどごし<生>」は“堅実型”、購入ブランドごとに購買者の生活価値観を解明!

- 「第3のビール」に関する調査 -

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長兼CEO:五十嵐 幹)では、7/1(日)~8/12(日)の 期間中、コンビニエンスストアで「第3のビール」売上トップ5であったブランド(※)のいずれかを購入した、全国20~79歳の男女 2,205人に、「第3のビール」に関する調査を実施いたしました。


(※)調査対象のブランド ・・・・・ のどごし<生>、クリアアサヒ、ジャパンゴールド、金麦、北海道プレミアム

■調査背景・目的
 ビールや発泡酒とは別の原料・製法で作られた、ビール風味の発泡アルコール飲料「第3のビール」。一般のビールや発泡酒より酒税の税率が低いために低価格で販売されており、近年人気が広がっています。 
 当調査は、第3のビールを購入している人を対象にアンケートを実施いたしました。調査対象者を、購入したことを認識している「意識購入者」と、購入したことを認識していない「無意識購入者」に分類し、それぞれから購入時の様子を聴取することで、コンビニエンスストアにおける第3のビールの購入・飲用実態と、購入ブランドごとの購買者の生活価値観を明らかにします。


■調査結果
・性別/年代について、無意識購入者では女性比が比較的高く、約3割を占める。

・無意識購入者は意識購入者に比べ、自宅での酒類の飲用頻度が低い。

・意識購入者は「自分用」、無意識購入者は「家族用」に購入。

・ブランドの指定買いは、意識購入者で多く見られる。一方、無意識購入者では“何かお酒を買う”といった漠然とした購入 パターンの層が多く見られる。

・購入ブランドごとの生活価値観は、「クリアアサヒ」は“直感型”、「のどごし<生>」は“堅実型”、 ジャパンゴールドは“派手型”、「金麦」は“普通プラスα型”、「北海道プレミアム」は“慎重型”。
        

◆自主調査レポートの続きはこちらへ⇒ リンク


■調査概要
調査手法:Pontaリサーチ会員を活用したインターネット調査
調査対象:全国 20~79歳の男女
     7月1日(日)~8月12日(日)の期間、コンビニエンスストアで第3のビール売上トップ5ブランドのいずれかを購入した者
調査期間:2012年8月24日(金)~2012年8月27日(月)
有効回答数:2,205サンプル



【会社概要】
会社名   :株式会社クロス・マーケティング リンク
      (東証マザーズ3629)
所在地   :東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル6F
設立    :2003年4月1日
代表者   :代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 :リサーチ事業、ITソリューション事業



◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当:大島  TEL : 03-3549-0328  FAX : 03-3549-0232
E-mail : pr-cm@cross-m.co.jp


≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。