logo

画期的な写真集「Day in the Life」シリーズのリック・スモーラン氏が大勢の人が関わる「The Human Face of Big Data」プロジェクトを始動

革新的なスマートフォン向けアプリ提供 /ニューヨーク、ロンドン、シンガポールで開催する「Mission Control」イベント /グローバルな若年層向け参加型イベント /写真、エッセイ、インフォグラフィック(情報画像)の衝撃的書籍出版 /2013年ドキュメンタリー公開

「頭に付けたアンテナで海洋地図を描くゾウアザラシ、蚊の位置を特定する人工衛星、ガーナで偽造薬品の販売を防止するSMSシステム、持ち主の気が滅入ることを予言するスマートフォン、持ち主が2年後に離婚することを知っているクレジットカード、情報を体内から医師に直接送信する錠剤」

「Day in the Life」シリーズの制作者、リック・スモーラン氏が立ち上げる、最新で革新的な、世界中の大勢の人が関わるプロジェクト「The Human Face of Big Data」では、このような話題が取り上げられます。
人工衛星、世界中に分散する数十億個のセンサー、RFIDタグ、GPS対応カメラ、スマートフォンなどから集められたデータをリアルタイムに視覚化するという人類の祖先が夢にも思わなかった方法により、人類の存在のさまざまな側面を感じとり、測定し、理解し、何かできるのではないかという考えに基づくこのプロジェクトは、EMCコーポレーション(本社:マサチューセッツ州ホプキントン、会長 兼 最高経営責任者(CEO):ジョー・トゥッチ、NYSE略号:EMC、以下EMC)がプライマリ・スポンサーになることで実現しました。

この多面的プロジェクトは、9月25日から8日間の日程で始まる「Measure Our World」イベントで幕を開けます。このイベントでは、革新的なスマートフォン向けアプリを使って、世界中からの参加者の生活をリアルタ
イムに比較し、共有します。また、このプロジェクトには、ニューヨーク、ロンドン、シンガポールで開催予定の「Mission Control」イベント、TED団体と連携して実施されるグローバルな若年層向けイニシアティブ「Data Detectives」、200点以上の写真、有名ライターのエッセイ、インフォグラフィックス(情報画像)を集めた衝撃的な大型書籍、iPadアプリ、ドキュメンタリーなども含まれています。

本ニュースに関するコメント
Against All Odds Productionsで画期的な出版物「Day in the Life」シリーズをはじめとするグローバル・クラウドソーシング・プロジェクトを手掛けてきたクリエイター、リック・スモーラン氏「このプロジェクトでの私の目標は、ビッグデータと、それを賢く使った場合の可能性および慎重に扱わなかった場合の危険性について、グローバルな議論に火を付けることです。ビッグデータとは、産、学、官、医療だけでなく、日常生活も含めすべてを知らぬ間に押し流すような、桁外れの知識革命を意味します。また、新しい道具は常にそうですが、意図しない結果を招く危険性も秘めています。しかし、賢く慎重に扱えば、そう遠くない将来にこの新しいテク
ノロジー群が言語や芸術が登場したときのような大きな影響を人類にもたらすことになるかもしれません」。

EMCの製品オペレーションおよびマーケティング担当
エグゼクティブ・バイスプレジデント、ジェレミー・バートン
「ビッグデータは、優秀な数人の科学者の手によってコンピューター・ラボで始まりました。しかし、小学生からお年寄りまであらゆる人々が、ビッグデータが人間の生活、行政、仕事、娯楽に与える変革的影響について、すぐに気が付くようになるでしょう。『Human Face of Big Data』プロジェクトは、ビッグデータの社会的なインパクトを把握し、その影響を身近なものとしてとらえる、これまでで最も興味深く魅力的な試みです。このプロジェクトが、長期的に有意義な影響をもたらすものであることを確信しています」。

プロジェクトの構成
「The Human Face of Big Data」プロジェクトは、次のように構成されています。

ビッグデータの視覚的記録(進行中)
2012年3月、リック・スモーラン氏とジェニファー・アーウィット氏は、100人のカメラマン、エディター、ライターを世界各地に派遣しました。ビッグデータの世界を探り、この分野の多くの人々が言うように、ビッグデータが本当に人類が直面する大きな課題の解決に役立つ、これまでに無いツール群なのかどうかを確認するためです。

スマートフォン向けアプリ
9月25日から10月2日までの間、The Human Face of Big Dataアプリ (iOS/Android向け無料アプリ。5言語対応)を使用して、世界中の人々が「Measure Our World」イベントに参加することができます。このアプリにより、端末に内蔵したセンサーを使って、人々の一連の行動を把握します。参加者は、示唆に富む質問への自分の回答を世界中の人たちのものと比較することができます。また、日常的な移動経路を地図に描いたり、幸運を呼ぶグッズや儀礼を教え合ったり、死ぬまでに体験しておきたいと他者が考えている特別なことを垣間見たり、それぞれの世界に隠されている秘密を発見したりするなどの体験ができます。自分自身の「データ版ドッペルゲンガー(分身)」を見つけることもできるかもしれません。

「Mission Control」イベント
10月2日には、ニューヨーク、ロンドン、シンガポールで開催される
「Mission Control」イベントにメディアを招き、参加者から集めたデータを分析し、視覚化し、その意味を探ります。インタラクティブな「Big Data Lab」では、ビッグデータ分野の専門家が、それぞれの研究内容の例を紹介します。イベントは、ライブWebキャストで世界中の人々に公開されます。

TEDYouthと連携した「Big Data Detectives」による学生向けの取り組み
11月8日に開催される「Data Detectives」イニシアティブでは、世界中の小学校6年生から高校3年生までの生徒とその教師が一連のデータ収集活動に参加し、自分達の世界を測定、分析し、地図に描きます。この活動を通じて数千人の学生が結ばれ、魅力的で視覚化されたデータや画像を利用して、それぞれの意見、関心事、信条を比較できます。

写真入り大型書籍「The Human Face of Big Data」
11月20日、書籍「The Human Face of Big Data」が発表され、当日中に世界で最も影響力のある10,000人に配られます。これには、世界中のリーダー、Fortune 500企業のCEO、世界30カ国にまたがるノーベル賞受賞者などが含まれています。200点以上の写真、有名ライターによる説得力のあるエッセイ、名
高いデザイナーであるナイジェル・ホームズ氏による印象的なインフォグラフィックス(情報画像)が掲載された魅力的な内容になる予定です。オンラインおよび主要書店を通じた販売も予定しています。

ドキュメンタリー
2013年には、ドキュメンタリー「The Human Face of Big Data」が公開されます。

「The Human Face of Big Data」について
「The Human Face of Big Data」プロジェクトは、プライマリ・スポンサーであるEMC コーポレーションの手厚い支援によって実現した自主的編集によるプロジェクトです。サポート・スポンサーには、Cisco、VMware、Tableau、Originateが名を連ねています。

「The Human Face of Big Data」プロジェクトは、膨大な量のデータをリアルタイムに収集、分析、測定、視覚化する新しい能力に重点を置いた世界中の人々を巻き込んだメディア・プロジェクトです。このプロジェクトには、携帯の無料アプリ、「Mission Control」イベント、学生を対象とした「Data Detectives」イベント、200点以上の写真、エッセイ、インフォグラフィックス(情報画像)を掲載した大型書籍、iPadアプリ、ドキュメンタリーが含まれます。

説得力のある物語と最先端のテクノロジーの組み合わせによる大規模なグローバル・クラウドソーシング・プロジェクトの設計と実施を専門に手掛けるAgainst All Odds Productions (AAOP) の共同創立者、リック・スモーラン氏とジェニファー・アーウィット氏が、「The Human Face of Big Data」プロジェクトのプロデュースを担当します。多くのプロジェクトのプロデュースで、両氏は一流のジャーナリストとカメラマン(および多数の一般人)のチームを招き、世界的な水害危機、インターネットの文明への影響、人類が自己治癒を学ぶ方法など最新の話題に重点を置いてきました。プロジェクトの成果は、ベストセラーとなった写真入り書籍、テレビの特別番組、アプリ、展示会などとして結実し、メディアでも数えきれないほど取り上げられています。フォーチ
ュン誌は、Against All Odds Productions (AAOP) を「アメリカで最もクールな企業の1つ」と評価しています。

詳細については、HumanFaceOfBigData.com (リンク)
にアクセスするか、Twitter(@FaceOfBigData)(リンク)および
Facebook (リンク)でプロジェクトをフォローして
ください。

# # #

■EMCコーポレーションについて
EMCコーポレーションは、お客様およびサービスプロバイダーのビジネスの変革を行い、IT-as-a-Serviceを提供する世界のリーディング・カンパニーです。この変革には、クラウド・コンピューティングが基本となっています。EMCは、革新的な製品とサービスによって、IT部門のクラウド・コンピューティングへの旅を加速させ、最も価値ある資産である「情報」を、機敏に、高い信頼性で、効率的に、保存、管理、保護、そして分析を行うことをお手伝いいたします。リンク

本件に関するお問い合わせ先
EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村綾 Tel: 03-5308-8888(代表)/ 03-5308-8867(直通) E-mail: japanpr@emc.com

EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
部長 笛田理枝子 Tel: 03-5308-8888(代表)/ 03-5308-8174(直通) E-mail: japanpr@emc.com

# # #

(C) 2012 EMC Corporation. All rights reserved
EMC、EMC2、EMCのロゴは、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。