logo

3Dコンテンツ開発ツール「Unity」で産学協同プロジェクトの学生が作り上げたスマートフォン向けゲームアプリを東京ゲームショウに出展

専門学校東京ネットウエイブ 2012年09月13日 11時00分
From PR TIMES



東京ネットウエイブ、3Dコンテンツ開発ツール「Unity」で産学協同プロジェクトの学生が作り上げたスマートフォン向けゲームアプリを東京ゲームショウに出展
リンク


専門学校東京ネットウエイブ(東京都渋谷区千駄ヶ谷)は、本年度より産学協同プロジェクトの一環でスマートフォンアプリ開発を得意とする株式会社ポケット・クエリーズ(さいたま市/代表取締役 佐々木宣彦)と3D開発環境である「Unity」を使ってスマートフォン向けゲームアプリを開発し、9月13日よりGoogle Playにて配信致します。
また、9月20日より幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2012へ出展します。


【Unity環境を導入した産学共同プロジェクト】
今回の産学協同プロジェクトは、スマートフォンアプリゲームを中心に多様なプラットフォームに対応した3Dゲーム開発環境であるUnityを採用し、Android用スマートフォン向けアプリゲームを開発しました。
スマートフォンの普及拡大に合わせ、スマートフォン向けゲームアプリ市場は急成長し、ゲーム・インターネット業界ではニーズに適応した即戦力の人材が求められています。ゲーム業界へ有能な人材を教育・輩出し続ける本校として、今年度の産学協同プロジェクトは企業のニーズと教育現場のマッチングをより強く意識し、企画して参りました。
特にUnityがゲーム業界で支持される「開発スピード」「高い拡張性」「長期に渡る開発実績」を体現すべく、企業の監修のもと、実稼働の累積開発工数を約2週間とし、企画立案段階でアジャイル開発の体制を意識した取組みを実現したことも特徴となります。
また、今回のプロジェクトは単なる学校と企業のコラボレーション授業の一環ではなく、実際のビジネスと同様にマーケットに流通させ、ユーザーの反響を得ることを重視し9/13(木)よりGoogle Playで配信します。

 本校は今年度の産学協同プロジェクトの成果を活かし、次年度以降もより時代のニーズに沿った職業教育をミッションとし、ゲーム・インターネット産業の急激なスピードに対応できるカリキュラムと環境設備を整え、業界で活躍できるクリエイターの輩出に力を入れていきます。


【Android向けアプリゲーム「Meteor Smasher“J”」の内容】
タイトル:Meteor Smasher“J”
配信プラットフォーム:Google Play
価格:当面はお試し期間として無料
ジャンル:頭突きアクション
対応OS:Android2.1以上

『Meteor Smasher“J”』は、宇宙船が故障して故郷に帰る事が出来なくなった主人公が、頭上から落ちてくるエネルギー(隕石など)を集めることで故郷への帰還を目指すストーリーのエンドレスタイプのゲームです。
ユーザーの年代別や性別などの属性分類し、人気を得ているゲームとはそもそもどのような特性があるのかを時間の許す限りリサーチしました。結果、学生個人の感性などを考慮して選出したのがアクションゲームというジャンルでした。どういった生活シーンで利用してもらいたいかなど学生中心にディスカッションを繰り返し、企画から開発まで情熱を込めたゲームアプリを是非、体験して下さい。

・Meteor Smasher“J”
リンク

――――――――――――――――――――――――――――――――
[本件に関するお問い合わせ先]
◆専門学校 東京ネットウエイブ
担当:樋口、五十嵐
TEL:03-3401-9701
e-mail:m-higuchi@tnw.ac.jp

本件に関する特別サイト
リンク

――――――――――――――――――――――――――――――――
■専門学校 東京ネットウエイブ
リンク
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-8-17
TEL:03-3401-9701
FAX:03-3401-0566 
クリエイティブな『ものづくり』の知識や技術を学ぶだけではなく、それをどう社会に向けて発信しビジネスとして成功するのか、マーケティングやマネジメントのビジネススキルを強化し、時代を創生しリードすることのできるビジネス・クリエイターを育成します。東京・大阪・名古屋・九州に全国17校の専門学校を運営する安達学園グループに属する。

■株式会社ポケットクエリーズ
リンク
さいたま市中央区上落合2-3-2 Mio新都心
TEL:048-753-9498
システム受託開発事業(スマートフォンアプリ・Webシステム)、IT関連のセミナー・教育事業を営むベンチャー企業。近年では主にUnityを中核キーワードとして事業を展開する。事業を通じて培った技術、知識で、ゲーム業界の後進や人材育成にも貢献している。
――――――――――――――――――――――――――――――――

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。