logo

最大200万円相当の給付型奨学金 「ICC 高校留学 奨学金制度」スタート


総合人材サービスのテンプグループで、留学支援事業を手掛ける株式会社テンプ総合研究所(称号:ICC国際交流委員会、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:曽根靖雄)は、2012年10月31日(水)まで、高校留学を対象に最大200万円相当の給付型奨学金の奨学生を募集致します。

■グローバル人材の早期化
現在、経済産業省や文部科学省による大学生を対象とした「グローバル人材育成」(※1)など、世界で競争力を発揮する人材育成が推進されています。近年、小学校における英語教育義務化などグローバル人材育成はより早期化し、日本人の海外留学者数が5年間で24.1%減少(※2)しているにもかかわらず、高校生の留学者数は同5年間で19.6%増加(※3)するなど、グローバル人材育成の早期化が顕著になっています。

■最大200万円の給付型奨学金制度
そこでICC国際交流委員会では、高校留学を対象に、最大200万円相当の奨学金制度「ICC 高校留学 奨学金制度」を開始致します。同制度は弊社よりオーストラリアとニュージーランドの高校(対象校15校予定)に、2013年1月度から1年間以上の留学する学生を対象とし、留学初年度の授業料・滞在費一部(30~160万円相当)および留学初年度のICCサポート費用(約20~40万円相当)を免除する給付型奨学金制度です。グローバル人材の必要性がより高まる今、金銭的な理由で高校留学の実現が難しい学生をはじめとし、一人でも多くの学生に海外で学ぶ機会を提供致します。

■中学・高校留学フェア開催
9/16(名古屋)、9/17(大阪)、9/23(東京)に中学・高校留学フェアを開催し、このたびの奨学金対象校を含む13校より担当者が来日し、教育方針や学校生活の様子など詳しい相談も可能です(名古屋、大阪会場は9校)。

■安心の実績で早期グローバル人材育成
弊社では1993年から約20年にわたりオーストラリアとニュージーランドに高校留学生を送り出しており、事前セミナーやオリエンテーションの実施、現地オフィスによるサポートなど、安心・安全の高校留学を行っています。今後も、同奨学金制度をはじめ、小学生から社会人まで幅広い年代を対象に、海外留学や海外インターンを通じてグローバルに活躍する人材を支援致します。

(※1)経済産業省「グローバル人材育成委員会」・文部科学省「グローバル人材育成推進事業」
(※2)文部科学省 平成22年12月22日「日本人の海外留学者数」について より
(※3)文部科学省 「平成20年度高等学校等における国際交流等の状況について」 より


<<「ICC 高校留学 奨学金制度」募集概要>>

対象:
2012年9月現在、中学3年生・高校1・2年生相当に在籍中の学生で、ICC国際交流委員会を通じて、2013年1月または4月から1年間以上の留学を開始する方

留学先:
対象15校(ニュージーランド14校/オーストラリア1校)

内容:
留学初年度の授業料・滞在費一部(30~160万円相当)
留学初年度のICCサポート費用(20~40万円相当)を免除する給付型奨学金

人数・締切:
最大25名、2012年10月31日(水))必着

申請の流れ:
ステップ1:適性検査(全国6ヵ所の内、最寄りのICC国際交流委員会オフィスにて実施)
ステップ2:書類申請(奨学金申請書・学校の通知表/成績表・作文・公的な英語能力試験のスコア票)※一部任意
ステップ3:面接(対面またはスカイプで実施)

送付先:
〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-20-22 三富ビル7F
ICC国際交流委員会 「高校留学・奨学金」係
Tel:03-5421-3880 FAX:03-5421-3830  
詳細:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。