logo

「Adobe After Effects CS6」使い方eラーニングを動学.tvに公開

コンピュータートレーニング教材制作、eラーニング向けコンテンツ制作のアテイン株式会社(本社:東京都千代田区、電話:03-3255-4721、代表:本多成人、資本金:1億1470万円)は、月額2,800円(税込)で様々な動画講座が視聴し放題のクラウドeラーニングサービス「動学.tv(リンク)」に、Adobe After Effects CS6の使い方講座を9月15日に公開します。

クリエイターはもちろん、趣味やビジネスシーンにまで幅広く使われているAdobeソフトウェアの最新版「Adobe Creative Suite 6」の中から、映像クリエイター御用達のソフトウェアである「Adobe After Effects CS6」の使い方が分かる動画講座を「動学.tv」に公開します。

上巻、下巻と分かれており、視聴時間のみで総尺2時間39分の大ボリュームです。内容としては、画面構成や基本的な操作方法に始まり、アニメーションの基本や合成方法、そして、テキストレイヤーやシェイプレイヤーの高度な押し出し機能によって、更に進化した3D表現についても学びます。After Effectsに初めて触れる人から、前バージョンのAfter Effectsを使用している人達まで幅広く対応します。映像内と同じファイルが演習ファイルとして付属しているので、それらを使って実際のアプリケーションで復習を行うことが出来ます。既に公開中の「Adobe Premiere Pro CS6」使い方講座も一緒に視聴すれば、更に効率よく映像制作を行う手順と技術が身に付くことでしょう。


・内容

・Adobe After Effects CS6 上巻(84分30秒)
1.Adobe After Effectsの概要
 Adobe After Effectsでできること
 基本的なワークフローとインターフェース
2.パネルの基本機能と名称
 プロジェクトパネルとフローチャートパネル
 コンポジションパネルとレイヤーパネル
 タイムライン
 プレビューパネル
 新しいエフェクトとエフェクト&プリセットパネル
3.レイヤーの基本
 レイヤーの新規作成
 テキストレイヤーとシェイプレイヤー
 3Dレイヤーの基本
 カメラレイヤーとライトレイヤー
 ベクトルレイヤーからシェイプへの変換
4.アニメーションの基本
 キーフレーム
 モーションパスの調整
 アニメーションプリセット

・Adobe After Effects CS6 下巻(74分41秒)
1.3Dレイヤーの作成と調整
 テキストレイヤーとシェイプレイヤーの押し出し
 曲げられるフッテージとコンポジションレイヤー
 選択インジケーターとレイヤーバウンディングボックス
 マテリアルオプションの調整
 環境レイヤーの調整
2.合成とエフェクト
 アルファチャンネルとマスク
 ロトブラシツール
 マスクの境界のぼかしツール
 3Dカメラトラッカー
 ローリングシャッターの修復
3.強化されたパフォーマンス
 グローバルパフォーマンスキャッシュ
 高速プレビュー
 高性能を発揮するための最適化
4.書き出しとレンダリング
 レンダーキューパネル


下記URLでサンプル視聴できます。
リンク

・Youtubeにもサンプル映像を公開中

・講座紹介ページ
リンク

※講座には演習ファイルが付属。
※本教材動画の解像度は1280×720となっており、全体を把握し易く、細かい操作も見易くなっています。


---------- 「動学.tv」特長 ----------
■月額2,800円(税込)で様々な動画講座が視聴し放題
■15年以上の実績を誇る「誰でもわかる」シリーズのノウハウを生かした効果的な学習
■インタラクティブ・コンテンツでは操作を実体験しながらの学習も可能
■クラウド型のオンデマンドストリーミング配信なので、時間、場所に束縛されない
■Word・Excel・CAD・DTP・DTM・映像編集・開発言語・WEBコースからTOEIC(R) TEST、ビジネスマナー・情報セキュリティ・決算知識・財務諸表読み方・クレーム対応・メンタルヘルスまで幅広い分野のコンテンツ
■ナレーターがテロップ入りで懇切丁寧に解説するので初心者でも安心
■自由にダウンロードできる復習に最適な演習ファイルを提供
■常に最新の情報を、最適な方法で提供
■講座数は約470
■1講座約60分前後なので470時間前後がインターネットで学び放題


このリリースに関するお問い合わせは下記まで
アテイン株式会社 担当 本多 info@attainj.co.jp
電話 03-3255-4721

このプレスリリースの付帯情報

イメージ画像

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。