logo

声でパソコン操作、文書作成が可能な音声認識ソフト 「ドラゴンスピーチ 11 日本語版」 9月28日(金) 販売開始!

ニュアンスコミュニケーションズジャパン株式会社 2012年09月05日 11時00分
From DreamNews

Nuance Communications Inc.(本社:米国マサチューセッツ州) は音声認識ソフト「ドラゴンスピーチ 11 日本語版」をニュアンス社ドラゴンスピーチ公式オンラインストアおよび国内代理店アセンディア社のオンラインストアなどを通じて、2012年9月28日(金)より販売を開始いたします。また先行予約販売が9月5日よりこれらオンラインストアにて開始されます。

本製品は、Nuance Communicationsが世界市場にて販売している「Dragon NaturallySpeaking」シリーズの日本語版で、現在販売されている「ドラゴンスピーチ 2005 日本語版」の後継バージョンです。

声による文字入力により、手入力による従来の文書作成時間を大幅に短縮することができるだけでなく、音声コマンドによってWindowsやアプリケーション、ブラウザの様々な操作をハンズフリーで行うことができます。また強化された音声検索コマンドにより、ユーザーが必要とする情報へのアクセス時間が大幅に短縮しました。
さらに、ICレコーダやiPhoneで録音された音声データの自動書き起こし、、英語の音声認識やオリジナルボイスコマンド作成機能、iPhoneやAndroidスマホをワイヤレスマイクとして利用可能など、様々なシーンで活用可能なソフトウェアです。


製品ラインナップ、標準価格(税込)は以下の通りです。
● ドラゴンスピーチ 11 日本語版 24,255円 (USBヘッドセットマイク同梱)
● ドラゴンスピーチ 11 アカデミック 日本語版 19,845円 (USBヘッドセットマイク同梱)
● ドラゴンスピーチ 11 アップグレード 日本語版 19,845円
※ アップグレード版にはヘッドセットマイクが同梱されていません。

「ドラゴンスピーチ 11 日本語版」の新機能および機能強化は以下の通りです。

■ 最新のDragon認識エンジンを搭載
政治経済用語、IT用語、ブログ言葉などを中心に、前バージョンの約50万語から約100万語へと大幅に強化することで認識精度が向上しました。また発話してから文字が表示されるまでの時間も短縮されています。

■ 声の登録作業(トレーニング)のスキップ
声の登録作業(トレーニング)をスキップ可能になりました。スキップしても前バージョン以上の精度を得られますが、トレーニングを行い、製品を使い続けることで精度はさらに向上します。
※マイクの音量、音質チェックのために最初に数分の発話を行っていただきます。

■ Microsoft Windows 7 (32bit/64bit), Office 2010 (Word, Excel, Outlook)への対応
Windows XP (SP3)に加え、Windows 7にも対応しました。
またWord 2010, Excel 2010, Outlook 2010へ対応し、直接文字入力や編集が可能となり、各種音声コマンドも用意されています。※PowerPointへは文字の入力と一部の音声コマンドのみ対応しています。


■ Facebook、Twitter、Google、Yahoo、YouTube、Amazon、楽天、食べログなどの多数のウェブサービスと直接連携
「グーグル検索 ◯◯◯」、「ヤフー検索◯◯◯」、「楽天検索◯◯◯」、「地図検索◯◯◯」、「写真検索◯◯◯」などと発話し、インターネット上の情報の検索を声で行うことが可能です。また「フェイスブックに投稿」「ツイッターに投稿」と発話して音声による投稿も可能です。

■ 音声ファイル形式からの書き起こし
WAVだけでなく、DSS、DS2、MP3、WMA形式ファイルからの文字化も可能です。
さらに専用アプリをダウンロードすることで、iPhoneをレコーダとして利用可能になります。iPhoneに録音された音声データはWIFI経由でドラゴンスピーチに取り込んで文字化を行います。
※MP3の元データがWAVファイルである必要があります。すべてのMP3に対応しているわけではありません。

■ Bluetoothマイク、スマホへの対応
Bluetoothマイクからの音声入力も可能となりました。さらに専用アプリをダウンロードすることで、iPhoneやAndroidスマホをワイヤレスマイクとして利用することも可能です。

■ 英語の音声認識エンジン搭載
アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、インド英語の英語音声認識エンジンが搭載され、英語音声での文章入力やコマンド操作が可能です。

■ 録音データの自動文字化エージェント
指定されたフォルダに保存された録音データを自動的に文字化できる機能です。文字化されたファイルは、予め設定したフォルダに保存されます。
※この機能を使用するためには、予め声の登録を行ったプロファイルを作成しておく必要があります。

■ オリジナル音声コマンド作成・編集機能
ユーザーが独自の音声コマンドを作成する機能です。マウスやキーボードによる連続操作を記録する機能を含め、複数の異なるタイプの音声コマンド作成機能が搭載されています。

■ 辞書登録・管理機能
ユーザーが自由に辞書を作成・編集できる機能です。用途によって辞書を使い分けたり、利用グループ別に辞書を作成してエクスポートやインポートが可能です。

【製品URL】
リンク

【公式オンラインストアURL】
リンク

【パッケージイメージ】                      【ソフトウェア使用画面】  
【動作環境】
対応OS: Microsoft Windows 7 SP1 (32ビットおよび64ビット)、Microsoft Windows XP SP3 (32ビットのみ)
CPU:   1GHzのIntel Pentiumプロセッサまたは同等のAMDプロセッサもしくは1.66GHzのIntel Atomプロセッサ (1.8GHzのIntel Dual Coreプロセッサまたは同等のAMDプロセッサを推奨:要SSE2)
HDD空き容量:2.8 GB
メモリ:   Windows XPの場合2 GB、Windows 7の場合4 GB。
音声ファイル: PCM wav、dss、ds2、wma、mp3 ※mp3は元のデータがwavである必要があります
その他:    Microsoft Internet Explorer 8以降
16ビットの録音に対応したサウンドカード
インストール用DVD-ROMドライブ
ノイズキャンセリング機能付きヘッドセットマイク(通常版とアカデミック版には同梱)
インターネットへの接続環境(製品アクティベーション時)



【会社概要】
■ Nuance Communicationsについて
 Nuance Communications は、音声・文字入力・画像認識ソリューションのリーディング・プロバイダーとして世界的に貢献しています。ニュアンスの技術、アプリケーション、サービスは、情報の流通、文書の作成、共有、利用方法に変革をもたらし、コミュニケーションスタイルを革新的に活性化します。いまこの瞬間も、数百万人の個人、数千の企業がニュアンスの実績あるアプリケーションとプロフェッショナル・サービスを活用しています。詳細はリンクをご覧下さい。

■ アセンディアについて
株式会社アセンディアは、フューチャーアーキテクト株式会社(東証一部上場 4722)のグループ会社として、パッケージ開発・販売ビジネス、SIビジネス、及びコンサルティングビジネスを展開しております。「Ascending Together」をキーワードとし、株主、従業員、顧客、取引先、地域社会それぞれと良い関係を築き、ともに成長していくことを目指しております。


【本件のお問い合わせ】

報道関係: 
ニュアンスコミュニケーションズジャパン株式会社 馬場道生 
TEL : 03-5521-6015
E-mail :michio.baba@nuance.com

お客様:
株式会社アセンディア ビジネス・デベロップメント事業部
TEL:03-6361-6001
E-mail:product-info@ascendia.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。