logo

知らなかったアプリと次々に出会う!アプリ探しの『Pickie』が待望のリリース

株式会社エウレカ 2012年09月04日 18時50分
From PR TIMES



株式会社エウレカ(所在地:東京都港区、代表取締役:赤坂優)は、アプリ探しサービス『Pickie(ピッキィ)』(以下、Pickie)のiPhoneアプリ・Androidアプリを9月4日(火)App Store、Google Play、auスマートパスでリリースしました。

【Pickie iPhoneアプリダウンロード】
リンク

【Pickie Androidアプリダウンロード】
リンク
リンク

エウレカは、KDDIが運営するインキュベーションプログラム「KDDI ∞ Labo」の第2期に採択された企業です。

『Pickie』は、今月9日に渋谷ヒカリエで行われた「KDDI ∞ Labo 3rd MEETing」でベストエンジニア賞に選ばれ、美しいサービス紹介ムービーも話題を呼びました。サービス紹介ムービーはPickieのオフィシャルサイトから見ることができます。(リンク

◆開発の背景
今や、高校生から高齢者まで、すべての世代が当たり前にスマートフォンを持つ時代になりました。現在App Storeには65万件のアプリが眠っていますが、出会えるアプリは、TOP25やオススメに入っているほんの一部のものしかありません。つまりユーザーが目にするのは、App Storeにあるアプリ全体の0.003%程度。しかも、App Storeの上位は「ゲーム」や「診断」のアプリばかりです。しかし、ユーザーはゲームばかりを探しているかと言うとそうではありません。

◆Pickieとは
Pickieは、「キーワード」からアプリとの偶発的な出会いを提供します。このキーワードは、「地震」「韓流」「オリンピック」など、今、日本で話題のものから、「篠田麻里子」「都市伝説」などのニッチなものまで、幅広いのが特徴で、これらのキーワードは、アクセスする度にランダムに自動更新されます。

更に、「ビジュアル」でアプリを探せるように、スクリーンショットが画面一杯に表示されます。UIが非常に優れており、視覚的、直感的にアプリを探せることも、今までのアプリ探しサービスにはなかった点です。

また、従来のアプリ紹介メディアやブログは、ライターの主観でオススメ記事が書かれていたり、アフィリエイト目的で無駄に値段の高いアプリが紹介される傾向にありました。それに対してPickieは、「友人が使っているアプリ」や「好みの似ている人が使っているアプリ」など、信頼性の高い情報を提供するのも大きな特徴です。※これらの機能を使うには、別途ログイン(無料)が必要です。

これによって、埋もれていた面白い・価値の高いアプリをユーザーに見せることができ、ユーザーも意外な発見があるはずです。

◆今後の展望
今回リリースしたβ版での反響から、機能の追加、削除を行い、サービスとしてブラッシュアップを進めて参ります。また既に英語版の開発に着手しており、海外での展開も視野に入れております。

【Pickie(ピッキィ)】リンク
【App Storeでダウンロード】リンク
【Google Playでダウンロード】リンク
【auスマートパスでダウンロード】リンク

=====================================
【この件に関して報道関係者様からのお問い合わせ先】
株式会社エウレカ
所在地:東京都港区三田4-7-24 三田和順ビル4F
電話:03-6450-2400
FAX:03-6450-2401
広報:西川(ニシカワ)、有馬(アリマ)
メール:info@eure.jp


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。