logo

リニューアル・オープン前日となる8月31日(金)、東京芸術劇場が記念式典を開催!読売日本交響楽団の演奏にわく!!

東京芸術劇場 2012年09月03日 18時50分
From Digital PR Platform


1年半にわたる大規模な改修工事を経て、9月1日(土)にリニューアル・オープンした東京芸術劇場では、リニューアル・オープン前日となる8月31日(金)に、記念式典とレセプションが開催されました。

記念式典に先立っては、読売日本交響楽団による9月1日リニューアル・オープン記念公演「マーラー交響曲第2番『復活』」のリハーサルが公開。多くの関係者に、生まれ変わった東京芸術劇場を一足早くご体感いただくことができました。

記念式典の中では、主催者を代表して東京芸術劇場館長 福地 茂雄が挨拶。今後の東京芸術劇場については、以下のような抱負を述べています。
「大規模な改修工事は、安全性の見直しと快適空間の実現のために行われました。今後、自主公演の充実とともにお客様目線にたった職員サービスの向上によって、これまで以上に日本の首都・東京にふさわしい芸術劇場をめざしていきたいと考えています」

そしてNHK大河ドラマ「平清盛」の音楽の作曲家、吉松 隆氏作曲による新しいオリジナル開演ベルの紹介の後は、読売日本交響楽団による記念演奏【チャイコフスキー『弦楽セレナーデ』より第1楽章J.S.バッハ、『弦楽楽組曲第3番』より「G線上のアリア」】が披露され、会場は大いにわきました。
記念演奏を指揮した下野 竜也氏は、東京芸術劇場での久しぶりの演奏について、「以前よりも音がやさしくなりました。これまでは近代的で、クリアでシャープなホールだったと思いますが、あたたかみがあり、音がマイルドになりました」と語られ、以前と異なる印象を受けられたようです。

記念式典につづいて、ロビーではレセプションが行われ、リハーサルのため記念式典には参加できなかった野田 秀樹氏も登場。野田氏は、リニューアル・オープン後プレイハウスで初めての公演となる「エッグ」【9月5日(水)~10月28日(日)】の作・演出を手掛けており、芸術監督として、公演にむけての意気込みを語ってくださいました。

■妻夫木聡、深津絵里、仲村トオル出演の野田秀樹最新作「エッグ」など
演劇・ダンス公演情報はこちら
リンク

■現代最高のマーラー指揮者、インバルによる至高のマーラー交響曲
「インバル=都響[新]マーラー・ツィクルス」など
音楽関係の公演情報はこちら
リンク

■チケットレスでもお楽しみいただける、
東京芸術劇場オープニングウィークのイベント情報はこちら
リンク

◎東京芸術劇場 施設概要:コンサートホール(1999席)、プレイハウス(834席)、 シアターイースト(324席)、シアターウエスト(257席)。 リハーサル室(6室)、会議室(8室)、展示ギャラリー(2室)、展示室(2室)、その他レストラン、カフェ、キッズルームも併設。


・この件に関するお問い合わせ先:
東京芸術劇場 広報:北沢・藤井・小林・高橋 TEL:03-5391-2117 

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。