logo

Wi2 300、「阪急電鉄」の駅構内、商業施設でサービス開始

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高津智仁、以下「Wi2」)は、阪急電鉄株式会社(本社:大阪市北区、取締役社長:角 和夫)が運営する阪急電鉄の駅構内および主要商業施設において、Wi2 のWi-Fi サービス、「Wi2 300」を提供開始します。2012 年8 月30 日より神戸線の武庫之荘駅、園田駅、阪急三番街、阪急西宮ガーデンズにて提供を開始し、今後すべての路線、および阪急阪神ホールディングスグループの主要商業施設へ拡大します。

スマートフォンやタブレットPC を筆頭としたWi-Fi によるインターネット接続が可能な情報端末の急激な普及で、公共施設や商業施設など人の集まる場所でのWi-Fi のニーズは拡大しています。阪急電車は、大阪梅田と神戸、京都、宝塚を結ぶ鉄道機関で1 日に約195 万人にご利用されている公共交通機関です。その基幹路線である神戸線を中心にご利用者の多い駅構内、および大型ショッピングセンターなどの商業施設に「Wi2 300」を導入することで、「Wi2 300」のユーザは便利で快適なインターネットサービスが利用可能となります。

【サービス概要】
1.提供エリア及びスケジュール
◆鉄道駅構内(ホーム・コンコース)
2012 年8 月30 日 :神戸線 武庫之荘駅、神戸線 園田駅
2012 年9 月末まで:神戸線 塚口駅、夙川駅、岡本駅、六甲駅
2012 年10 月以降 :上記以外の各駅へ順次拡大

◆商業施設
2012 年8 月30 日 :阪急三番街、阪急西宮ガーデンズ
2012 年9 月以降 :阪急阪神ホールディングスグループのその他商業施設等
2.ご利用手順
SSID:“Wi2premium_club”(*1)にアクセスし、ネットワークキーを入力後、ブラウザを立ち上げ、ユーザID とパスワードを入力してください。もしくは接続ツール、Wi2 Connect の最新版を使えば、自動接続が可能です。Wi2 は、公衆無線LAN 環境を拡大しユーザの新たな利用シーンを創出していくとともに、ユーザが楽しめるコンテンツについてもラインアップを拡充します。そして、人々のライフスタイルにWi-Fi などの無線ブロードバンドがさらに広く普及することに注力して参ります。

*1 SSID:Wi2premiu_club について
SSID とは、「ESSID」「ネットワークネーム」とも呼ばれますが、「Service Set ID」の略で、無線LAN 接続時に特定のネットワークを指定する識別名です。Wi2 は、従来のSSID:Wi2 及びWi2_club に加え、急拡大しているエリアにおいて、SSID:Wi2premium 及びWi2premium_club を展開しています。一定規模のエリア構築が完了する今冬以降を目処に、より広いエリアでご利用頂ける「Wi2 300プレミアムプラン」(仮称)サービスを開始するとともに(価格については未定)、現在の「Wi2 300」定額プラン(380 円)を「Wi2 300 ベーシックプラン」(仮称)と位置づけ、お客様が各々のエリアのニーズに応じて、プランを選択して頂けるようにしていく予定です。なお、既存の「Wi2300」の定額プラン及び従量制プランのユーザの皆様は、「Wi2 300 プレミアムプラン」のサービス開始までの期間において、「プレミアムエリアお試しキャンペーン」として、追加料金等は一切なしで、SSID:Wi2premium 及びWi2premium_club のエリアをご利用頂けます

【報道機関からのお問い合わせ】
株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス 広報担当:七條
Tel: 03-6758-2129 E メール:pr@wi2.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。