logo

OKI、スマート社会の実現に向けた「電源モジュール評価試験サービス」を提供開始

故障解析から原因の追究、対策までをワンストップで提供し、電源モジュールの開発を支援

Tokyo, Aug 29, 2012 - ( JCN Newswire ) - OKIグループの信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリング(社長: 浅井 裕、本社: 東京都練馬区、以下 OEG)は、このたび、ノートPC、家庭用AV機器などに使われるACアダプタやLED照明器具などに内蔵されるAC-DCコンバータ※1 の性能や安全性を測定・評価する「電源モジュール評価試験サービス」を提供開始しました。故障解析から原因の追究、対策までをワンストップで提供することで、電源モジュールの開発に係わるお客様、電源モジュールを購入し機器に組み込んで使用されるお客様の試験・評価プロセスを支援します。

スマート社会の実現に向けて、省エネ技術としての高効率な電源モジュールは、多くの分野で利用が進んでおり開発が活発化しています。また、電源モジュールは生産中止以降も使用されるため、長期に渡る安全性確保が求められており、各種電子機器メーカにおける電源モジュールの信頼性および安全性の評価試験の需要が高まっています。しかし、信頼性試験は、使用する各種装置が大型・高価です。また、試験項目が繁雑で長期間にわたるため、試験を効率的に行うためには経験で培われたノウハウが必要で、設備と人材の確保が装置メーカの大きな課題となっていました。

OEG は、創立以来40年近くにわたり各種試験装置の保有、導入に努め、半導体や電子部品レベルでの故障解析と評価試験の豊富な実績とノウハウがあります。今回、新たに塩水サイクル試験、塵埃試験、ガス腐食試験、電子負荷などの装置を導入し、故障再現試験とあわせて、電源モジュールの試験、解析、対策までワンストップでサービスを提供します。

本サービスでは、豊富な試験項目を用いて、部品の適合性および製品の定格・スペックに対する製品構造の整合性の検証ができます。また、製品の機能・性能に対する適用部品の不具合要因の抽出並びに安全検証結果の解析および対策案などの提案により、幅広くお客様の電源モジュールの開発を支援します。

OEG は、今後も高出力な電源モジュールにも対応出来る設備を拡充することなどにより、本サービスをさらに充実させていきます。

【販売計画】
価格: 個別見積り
販売目標: 2014年度までに30百万円
サービス提供開始時期: 2012年7月11日

【「電源モジュール評価サービス」概要】
パソコンや周辺機器、家庭用AV機器に使用されるACアダプタや LED照明器具に内蔵されるAC-DCコンバータなどを対象に 基本特性試験、信頼性試験、安全性確認試験を第三者として実施するサービス。

【リリース関連リンク】
「電源モジュール評価サービス」紹介サイト
URL: リンク

【用語解説】 
※1: AC-DCコンバータ
交流電流から直流電流へ変換するための電子回路。一般的にパソコンやTVなどの内部にある電子回路は直流電流で動作するが、家庭用電源は交流電流で供給されるため、AC-DCコンバータで交流から直流に変換する必要がある。ACアダプタの内部はAC-DCコンバータそのものであり、またLED電球にはLEDのほかにAC-DCコンバータが内蔵されている。

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部 葛
電話: 03-3501-3835
e-mail:press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIエンジニアリング デバイス評価事業部
電話: 03-5920-2366 
お問い合わせフォーム
URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。