logo

1万6千ダウンロード超のアウトドア用ARアプリ 『山カメラ。』が大幅な機能改善 ~端末向きによる自動画面遷移など操作性や安定性向上でさらに使いやすく~

有限会社ティーウェイブ 2012年08月14日 14時04分
From RELEASE PRESS



有限会社ティーウェイブ(本社:横浜市、取締役社長:廣瀬孝親)は、スマートフォン向けアプリ『山カメラ。』の機能を拡充し、最新版をリリースいたしました。
(URL:リンク

ver2.50.1749(最新版/ver2.00系から大幅バージョンアップ)では、画面遷移をメニュー操作ではなく端末の向きで自動判定する機能による操作性向上のほか、メモリ消費量の圧縮など、複数の変更を加えました。

◆画面遷移の変更:
・たてモード/よこモード遷移を、端末の向きによる自動判定での遷移方式に変更(メニュー操作方式から変更)。
・地図モードを新規追加(たてモードにて端末を水平にすることで、地図のみ表示が可能)。

◆ARの変更:
・「よこモードARタグ」と「撮影写真ARタグ」の位置がずれる場合があるため、カメラ及び撮影写真のアスペクト比を可能な限り合わせるように変更。

◆広告の変更
・たてモードにて、常時地図表示化(地図上に時間制で表示していた広告は廃止)。
・たてモードにて、画面下部に広告配信システムの広告を表示。
・よこモードにて、画面下部に広告配信システムの広告を表示。

※今後はユーザーの興味にマッチした広告のみを表示するため、広告配信システムによらない広告表示機能を盛り込み、アウトドアメーカー等からの広告受注を予定しております。

◆その他:
・メモリ消費量の圧縮による改善(『山カメラ。』の安定性が大幅向上しました)。


【山カメラ。概要】
価格: 無料
対応機種: Android2.2以上の機種
説明: スマートフォンを山やランドマーク等に向けることで、その名称や距離が簡単に分かります。
 ・たてモード: カメラと地図と併用し、すばやく確認できます
 ・地図モード: 地図を全画面で表示し、周囲の位置関係をよく把握できます
 ・よこモード: より多くの情報を確認でき、景色を撮影することもできます
ダウンロード数:
・『山カメラ。』ver2系(初回リリース2012年3月25日): 累計16,000ダウンロード
・『山カメラ。』ver1系(初回リリース2010年10月11日): 累計50,000ダウンロード

【会社概要】
会社名: 有限会社ティーウェイブ (T-WAVE Co.,Ltd.)
代表者: 取締役社長  廣瀬 孝親
所在地: 横浜市青葉区すすき野3丁目 4-124
創立: 2000年3月
URL: リンク


リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。