logo

テラデータ、2012年第2四半期の業績を発表、売上高は18%増

テラデータ、2012年第2四半期の業績を発表、売上高は18%増

[2012年8月2日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]

米国アトランタ発 - テラデータ・コーポレーション(NYSE:TDC、以下テラデータ)は、2012年度第2四半期の業績を8月2日(現地時間)に発表しました。

2012年度第2四半期の売上は6億6,500万ドルで、前年同期の5億8,100万ドルから14%増加しました。当第2四半期の売上増には、為替変動による4%のマイナス効果が含まれています。
売上総利益率は57.4%で、前年同期の54.4%を上回りました。これは、主に売上の増加と製品とサービスの売上高比率に起因するものです。
米国会計基準に基づいた純利益は1億1,200万ドルで、希釈済み1株あたり0.65ドルでした。前年同期の純利益は1億300万ドルで、希釈済み1株あたり0.60ドルでした。

テラデータの社長兼CEOマイク・コーラーは次のように述べています。「第2四半期は引き続き好調な結果を達成し、為替変動の影響を除いた売上高の伸び率は18%となりました。また、2012年度上半期の為替変動の影響を除いた売上高の伸び率は20%で、営業利益は過去最高となりました。データウェアハウジング、ビッグデータ分析、統合マーケティング管理の分野においてテクノロジー・リーダーシップを発揮し専門知識を蓄積してきた弊社は、今後もお客様企業がその情報資産から最大の価値を実感し、インフラ費用を削減できるように支援していきます」

# # #

◆プレスリリースの原文はこちらをご参照ください。(PDFファイルが開きます)
Teradata News Room  
リンク

◆ Teradata Corporationについて
テラデータ・コーポレーションは、統合データウェアハウス、ビッグデータ分析、およびビジネスアプリケーションにフォーカスした、データ分析ソリューション分野における世界最大規模の企業です。革新的な製品とサービスによってデータ統合とビジネスの洞察力を実現し、企業を競争優位へと導くベストな意思決定を可能にしまます。
リンク

◆ 日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社はテラデータ・コーポレーションの日本法人です。データベース・ソフトウェアおよび関連製品を中心に、ハードウェア・プラットフォーム、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。

Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。