logo

JMAM eラーニング 早わかり部門の仕事シリーズ 『人事部』、『総務部』、『経営企画部』

株式会社 日本能率協会マネジメントセンター 2012年08月08日 17時51分
From Digital PR Platform


 日本能率協会マネジメントセンター(代表取締役社長:長谷川隆、港区、以下JMAM[ジェイマム])は、eラーニング ライブラリ*1の新コースとして、早わかり部門の仕事シリーズ『人事部』、『総務部』を、2012年8月1日より開講しました。このあと9月1日には、『経営企画部』の開講が予定されています。

 本教材は、発売から10年を経た人気ロングセラー書籍を、より手軽に、効率的に学習できるようにeラーニング化したものです。職種別ではなく部門別に解説された書籍は数少なく、企業のなかで上司あるいは先輩から、新入社員や後輩、異動直後の方へと紹介いただいて長らく読み継がれ、「自部門の役割がよくわからない」「どのような仕事の進め方が標準的なのか」といった疑問にも応える内容になっています。

 いずれの部門も、多岐にわたる業務が50項目ほどに分類され、1項目は1分程度で学習できます。解説のナレーションは、スピード時代の顧客ニーズに応え、これまでの標準教材の1.3倍速に設定されています。
また、フリーワード検索機能が付いているので、不明な業務などを教材内から簡単に引き出すことができます。忙しいビジネスパーソンが、ちょっとした隙間時間に学習しやすい構成になっています。

eラーニング ライブラリでは、監督者が個々人の学習履歴や状況を簡単に把握できるほか、費用についても本講座を含む全62コースを一人あたり3,780円*2というリーズナブルな価格で、受講することが可能です 。

 e ラーニング ライブラリは現在、インターネットを通じて手軽に取り組むことができる自己啓発ツールとして、約800社に導入されています。最近では集合研修に参加することができない遠隔地勤務者や海外赴任者、育児休業取得中の従業員に向けた教育支援ツールとして採用される機会も増えてきました。JMAMでは今後も、企業の人づくりを支援するべく様々なサービスを展開していく予定です。



*1 JMAMが提供する「eラーニング ライブラリ」は、1年間の契約期間中、全受講者がライブラリに集約された全コースのeラーニングを何度でも受講できる研修システムです。料金体系は受講者数に応じた定額制のため、学習する回数が多いほどコストパフォーマンスが高くなります。2012年8月現在、全112コースをラインナップし、約800社、のべ約20万人が利用しています。価格例:マネジメント系ライブラリ(2012年8月現在62コース)の場合、100名様378,000円(税込)にて提供
リンク

*2 マネジメント系ライブラリで100名様、税込価格378,000円にてお申し込みいただいた場合の金額となります。ご契約内容に応じて、費用は変動いたします。


【 eラーニング 早わかり部門の仕事シリーズ 概要 】

■ねらい
1. 短時間でその部門の仕事全体を把握し、業務に対する不安を取り除きます。
2. マニュアルとして活用することで、正しい仕事のやり方を手軽に確認できます。
3. 各部門の仕事を、業務や月間スケジュールごとに、実務に沿って理解できます。

■ 監修
<人事部> 若竹 知子 (トライアンフ 常務取締役)
<総務部> 下條 一郎 (現代経営研究会 代表取締役/月刊総務」元編集長)
<経営企画部> 丹羽 哲夫 (経営企画研究所 代表)

■開講時期
2012年8月1日 ※「経営企画部」は9月1日

■ 学習時間
最短実行時間 40分

■対象
各部門に異動前後のビジネスパーソン、新入社員、当該部門に興味のある人

■カリキュラム

<人事部>
第1章 人事部の機能
1 組織を取り巻く環境の変化
2 人事部の仕事とキャリアアップの流れ
3 会社の方向性と人事戦略の関係
4 人材フローと人員計画
5 人事制度の目的
6 人事制度設計のポイント
第2章 採用にかかわる仕事
7 採用の目的
8 採用活動のステップ
9 採用計画を立てる
10 多様化する雇用形態
11 新卒採用活動スケジュール
12 新卒採用者の募集
13 新卒採用者の選考
14 募集・選考時のルール
15 新卒採用者の内定
16 内定後の手続き
17 中途採用
第3章 評価と配置にかかわる仕事   
18 評価の目的と流れ
19 評価にかかわる人事部の役割
20 人事異動の目的
21 人事異動に関する実務
22 退職
23 解雇
第4章 人材開発にかかわる仕事
24 人材開発の目的
25 人材開発の方法
26 OJTのサポート
27 OFF-JTの検討
28 研修プログラムの計画立案
29 社内研修の事前準備
30 社内研修当日の役割と事後フォロー
第5章 勤怠管理と給与支払にかかわる仕事
31 給与計算業務の概要
32 労働時間
33 休日
34 割増賃金
35 賃金支払いの原則
36 控除される保険金・税金
37 給与計算の実務
38 賞与計算の実務
39 年末調整の実務
40 その他の年次業務
41 入社・退社時の手続き
42 その他の手続き
第6章 労務管理と福利厚生にかかわる仕事
43 労働に関する法律
44 就業規則
45 安全衛生管理
46 労働災害
47 ハラスメントの種類とその対応
48 メンタルヘルスの問題とその対策
49 福利厚生
50 健康診断
51 ワークライフバランス
第7章 職場活性化にかかわる仕事
52 職場活性化の現状
53 職場活性化の施策

<総務部>
第1章 総務部の社内的機能
1 間接部門の要
2 基本的な役割
3 経営トップの参謀役
4 他部門のサービススタッフ
5 全社的コミュニケーションの管理
6 全社的活動の推進と支援
7 環境変化に対応する総務部
第2章 総務部の社外的機能
8 総務部は「会社の顔」
9 官公庁への対応
10 地域社会への対応
11 消費者への対応
12 マスコミへの対応
第3章 経営関係業務     
13 経営計画の策定と発表
14 株主総会の準備・運営
15 取締役会の運営
16 社内規定の整備・管理
17 法務業務
第4章 資産管理および全般管理業務 
18 不動産の管理
19 用度品の管理
20 自動車の管理
21 文書の管理
22 会議の管理
23 株式の管理
24 関係会社の管理
第5章 統制業務
25 内部監査
26 環境対策の推進
27 リスクマネジメント
28 緊急時対応マニュアルの作成
29 職場の安全対策
30 社員が関係した事件・事故対策
31 内部告発対策
32 情報セキュリティマネジメント
33 個人情報保護の対策
第6章 庶務関係業務
34 受付業務
35 秘書業務
36 社内行事・イベントの運営
37 中元・歳暮の手配
38 社内広報
第7章 労務・福利厚生業務
39 労働時間の管理
40 休日・休暇の管理
41 福利厚生施策
42 社員の健康管理
43 冠婚葬祭
44 葬儀の手伝い
45 社葬の準備・運営
第8章 総務部に必要な知識
46 総務のスペシャリストになるために
47 文書作成・発信の基本知識
48 押印の基本知識
49 経営・管理業務における法的知識
50 人事・労務業務における法的知識

■ 学習画面のイメージは添付画像をご参照ください。

■ 本件に関するお問合せ先

【報道関係者お問い合わせ】
日本能率協会マネジメントセンター 総務部 広報担当
TEL:03-6253-8039(直通)/ E-mail:PR@jmam.co.jp

【受講に関するお問い合わせ】
日本能率協会マネジメントセンター e-ラーニング事業本部
TEL:03-6253-8025(直通)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。