logo

テクトロニクス、ファンクション・ジェネレータのライン・アップを拡充

テクトロニクス 2012年08月08日 10時30分
From Digital PR Platform


報道発表資料翻訳
2012年8月8日

テクトロニクス(代表取締役 米山 不器)は、本日、高性能な信号出力機能を手頃な価格で実現した、AFG2021型任意波形/ファンクション・ジェネレータを発表します。AFG2021型は小型・軽量で使いやすく、予算が厳しい教育用途、製造アプリケーションから、開発/研究の汎用用途において最適なファンクション・ジェネレータです。

従来、入門クラスのファンクション・ジェネレータには、限られた性能、機能、操作性しか装備できませんでした。新製品のAFG2021型は、20MHzの周波数帯域、14ビットの分解能、250MS/sのサンプル・レートの性能、さらに直感的なユーザ・インタフェースを備えており、価格も18万8千円からとなっています。この価格には任意波形の生成が可能なArbExpress(R)ソフトウェアも含まれており、波形をすばやく生成してAFG2021型にインポートできるため、必要な波形を簡単に出力できます。

テクトロニクス、ベンチ計測器プロダクト・ライン、ジェネラル・マネージャのJeff Yost氏は、次のように述べています。「AFG2021型では、教育、製造、いくつかの研究グループからのご要望であった性能、汎用性、お求めやすさを、優れたバランスで1台のファンクション・ジェネレータに実現しました。高精度なサンプル・レートの高い信号をすばやく簡単に生成でき、従来のファンクション・ジェネレータに比べて20%のコスト削減が可能になります」

AFG2021型は性能と価格のバランスが良いため、入門クラスのファンクション・ジェネレータを使用する教育関係者にも最適です。AFG2021型の性能によって、シリアル・データ・ストリームや変調波形など、複雑な概念の演習教育素材の開発にも対応できます。

製造アプリケーションでは、テクトロニクスのAFG3000シリーズ任意波形/ファンクション・ジェネレータと同じ操作性、機能、PCとの接続性、サポート・ソフトウェアが利用できます。AFG2021型は小型・軽量であるため、ラックマウントでの使用にも適しています。研究/開発のアプリケーションでは、付属のArbExpressソフトウェアを使用することで、システムのテスト、検証のための信号が簡単に生成できます。無償保証期間も3年間であるため、維持コストが抑えられます。

AFG3000シリーズで初めて採用された革新的な操作性はAFG2021型にも継承されており、機器の設定、機能にもすばやくアクセスできます。3.5型のカラーTFTディスプレイには、AFG3000シリーズ同様に出力波形と設定値の両方が表示され、設定状況を簡単に確認できます。12種類の標準波形、変調機能、ノイズ・ジェネレータ機能を内蔵しており、設計に必要な信号が用意されています。

AFG2021型は、前面パネルにUSBホスト・ポート、後部パネルにUSBデバイス・ポートを装備、さらにオプションでGPIBポート、LANポートが装備でき、波形または設定の保存/ダウンロードが行えます。AFG2021型の高さは2U、幅はハーフラック・サイズと小型・軽量であるため、他のベンチ計測器に重ねることができ、貴重な作業スペースを有効に利用できます。

テクトロニクスについて
テクトロニクスは、計測およびモニタリング機器メーカとして、世界の通信、コンピュータ、半導体、デジタル家電、放送、自動車業界向けに計測ソリューションを提供しています。65年以上にわたる信頼と実績に基づき、お客様が、世界規模の次世代通信技術や先端技術の開発、設計、構築、ならびに管理をより良く行えるよう支援しています。米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、現在世界22カ国で事業を展開しています。詳しくはウェブサイト(www.tektronix.com/ja)をご覧ください。

テクトロニクスの最新情報はこちらから
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook(リンク
YouTube(リンク

お客さまからのお問合せ先
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL リンク

Tektronix、テクトロニクス、ArbExpressは、Tektronix, Inc.の登録商標です。本プレスリリースに記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。