logo

リアルコム、業界初の「収益保証型太陽光発電パッケージ」を共同開発・販売開始

~株式会社アドバンスと提携し、50kWまでの産業用システムの構築、メンテナンス、保証、モニタリングを追加費用ゼロで提供~

リアルコム株式会社は、株式会社アドバンスと提携し、10kWから50kWの産業用太陽光発電システム「発電貯金-野立パワー」を共同開発、パッケージの販売を開始したことを発表する。

2012年8月7日
リアルコム株式会社

リアルコム株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役CEO:谷本 肇/以下リアルコム)は、株式会社アドバンス(本社:東京都中央区 代表取締役会長:渋谷 君美義/以下アドバンス)と提携し、10kWから50kWの産業用太陽光発電システム「発電貯金-野立パワー」を共同開発、パッケージの販売を開始したことを発表します。
本パッケージはアドバンスを通じ営業開始以来既に5億円を超える受注を受けており、本協業を通じ初年度15億円の販売を目指します。

本年7月に再生可能エネルギー固定価格買取制度が発足して以来、企業や個人が所有する小規模遊休地の活用方法として、電力会社との連携が比較的容易な50kW未満の発電所が注目を集めています。
こうした動きに対して、ソーラーシステム各社は50kW未満の発電に特化したパッケージを相次いで販売しています。しかしながら、各社のパッケージは、太陽電池モジュール、パワコン、架台といった、ハードウエアの提供に留まっています。
一方、遊休スペースを活用し、環境貢献を果たしながらも確実に収益を上げていきたいオーナーにとっては、太陽光発電システムの初期構築のみならず、その後の機器メンテナンス、パネル盗難対策、災害時の補償、発電量の定期的モニタリングおよび有事の迅速な対応を含めた総コストを網羅した上で、「構築時に収益が保証された」トータルパッケージを必要としております。
こうした供給側と需要側のニーズのギャップを埋め、産業用小規模発電の普及を促進することが今回の提携の目的となります。

「発電貯金-野立パワー」では、システムの提供のみならず、以下のサービスを10年間にわたってすべて初期費用の中でまかないます。つまり、最初の10年間追加費用がいっさいかかりません。これにより、発電所オーナーは思わぬ管理コストの上昇や事故、災害などに影響を受けることなく、5年から8年程度で確実に収益化可能となります。

「野立パワー」ご提供サービス・サポート
・システム10年保証、モジュール出力25年保証(各メーカーの保証を提供します)
・外損や災害時のシステムの損害に対する10年間の補償および機器の破損による残存償却部分の補償(損害保険による)免責事項は(地震、津波、盗難)
・10年間の定期メンテナンス
・インターネットを通じた、発電量ほか設備の稼働状況のリアルタイムモニタリング

また、初期投資に関しては、グリーン投資減税を活用することで、一括償却も可能であり、節税効果の最大化、収益率の最大化が図れます。

本提携においては、リアルコムおよびグループ会社のWWB株式会社がソーラー発電システムを提供し、アドバンスの独自、構造計算(風速40mクリア)に則っとった架台の提供を行います。

対象市場として、遊休地、耕作放棄地、汚染地に加え、屋外広告のノウハウを最大限生かした屋根上、駐車場へも積極的な販売を行って参ります。発売以来アドバンスでは既に5億円を超える受注を得ており、本協業を通じ、今年度中に15億円の売上を目指します。

【株式会社アドバンスについて】リンク
アドバンスは、2012年6月に、太陽光発電の事業化を推進するために設立された専門会社です。当社の起源は、1971年に創立された株式会社JSPに行き着きます。
株式会社JSPは、屋外広告塔や各種看板の企画立案から施行に至るいっさいの業務を手がける会社として多くの実績を築き、お客様の信頼にお応えして参りました。ビルの屋上に鉄骨を組み上げ、重量のある看板を取り付ける作業は設計・施工、使用する建設資材の吟味などに専門知識が必要とされますが、当社の卓越したノウハウをもとに、創業以来40年以上にわたって無事故を続けて参りました。
アドバンスは、太陽光発電の事業化を推進するにあたり、今まで培ってきた多くのノウハウのみならず企業文化も継承し、「太陽光発電の新基準」「安心と安全」をスローガンとして、他社とは絶対的に一線を画した、太陽光発電の事業化に関するトータルサービスを提供して参ります。
(会社概要)
・設立:2012年6月
・資本金:5000万円
・本店所在地:東京都中央区八重洲1−8−12 ヒューリック八重洲ビル
・代表:代表取締役会長:渋谷 君美義

【リアルコム株式会社について】リンク
リアルコムは、2000年創業の、企業の情報・ナレッジ活用による変革を支援するITサービスカンパニーです。今日までに株式会社三菱東京UFJ銀行、東京海上日動火災保険株式会社、鹿島建設など200社を超える優良企業の支援をしており、昨今ではPC主体の情報系のシステムにとどまらず、スマートフォン(iPhone等)の企業内での利活用促進にも注力しご支援しています。
当社は2011年11月より、太陽電池セル及びモジュール、建設機械・資材の輸出入および販売を行うWWB株式会社(本社東京都品川区 代表取締役 龍 潤生)を子会社化し、太陽光発電事業、スマートグリッド事業への参入を果たしました。今後、グループとして、住宅向け、産業向け太陽光発電事業、そしてメガソーラー事業を拡大していきます。
(会社概要)
・設立:2000年4月
・資本金:7億8,131万円
・本店所在地:東京都品川区東品川2-2-4 天王洲ファーストタワー5階
・代表:代表取締役CEO:谷本 肇

REALCOM、REALCOMロゴは、リアルコム株式会社の登録商標です。
その他の製品名及び会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

■本件に関するお問い合わせ先:
リアルコム株式会社 谷本(たにもと)
Tel:03-6864-4001 / FAX:03-6864-4002
E-mail: press@realcom-inc.com
Webサイト: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。