logo

1万5千ダウンロード超のアウトドア用ARアプリ 『山カメラ。』がスタンプラリー機能の実証実験を開始 ~富士山と大山(神奈川県)にて実証実験中~

有限会社ティーウェイブ 2012年08月06日 11時09分
From RELEASE PRESS



有限会社ティーウェイブ(本社:横浜市、取締役社長:廣瀬孝親)は、スマートフォン向けアプリ『山カメラ。』の機能拡充を目的に、実証実験版をリリースいたしました。
(URL:リンク

弊社では『山カメラ。』以外では体験できない楽しみを提供するための機能拡充を検討しており、新機能提供に向けた実験の第一弾として「スタンプラリー機能」を提供いたします。
実証実験が好評であれば、『山カメラ。』の機能として本格的に実装する予定です。

なお、今後は自治体/企業等とタイアップしてエンドユーザにスタンプラリーを提供することを検討しております。エンドユーザに新たな楽しみを、自治体/企業等には集客率向上などのソリューションを提供してまいります。
※当実験版は、富士山シーズン完了まで(2012年8月いっぱい)の提供を予定しております。


◆富士山スタンプラリー:
ARを生かした写真撮影式のスタンプラリーの実験フィールドとして、全国から登山者が集まる山を選定しました。

スタンプラリー台帳画面にてチェックポイント(登山口や剣ヶ峰など、全8ヶ所※)に到着してからカメラのアイコンをタップすると、カメラが起動します。右側の『写真撮影』ボタンを押していただくことで、写真が撮影され(SDカードに保存されます)、チェックポイントに到達したことになります
また、チェックポイント(具体的な場所は地図画面で確認可能)の達成状況により、ランクが表示されます。

※チェックポイント一覧
・剣ヶ峰
・浅間大社奥宮
・久須志神社
・宝永山
・河口湖口/富士スバルライン五合目
・富士宮口 五合目
・須走口 新五合目
・御殿場口 新五合目

◆大山(神奈川県)スタンプラリー:
スタンダードなスタンプラリーの実験フィールドとして、首都圏から気軽にアクセスできる山(一日で制覇可能)を選定しました。

スタンプラリー台帳画面チェックポイント(頂上など計9ヶ所※)に到着してから”済アイコン”をタップすると、赤色でスタンプが押されます。これでチェックポイントに到達したことになります。
また、チェックポイント(具体的な場所は地図画面で確認可能)の達成状況により、ランクが表示されます。

※チェックポイント一覧
・大山ケーブル駅
・阿夫利神社下社
・16丁目/追分の碑
・20丁目/富士見台
・25丁目/イタツミ尾根分岐
・大山
・見晴台
・二重滝
・大山寺

【山カメラ。概要】
価格: 無料
対応機種: Android2.2以上の機種
説明: スマートフォンを山やランドマーク等に向けることで、その名称や距離が簡単に分かります。
 ・たて(地図)モード: カメラと地図と併用し、すばやく確認できます
 ・よこモード: より多くの情報を確認でき、景色を撮影することもできます
ダウンロード数:  
・『山カメラ。』ver2系(初回リリース2012年3月25日): 累計15,000ダウンロード
・『山カメラ。』ver1系(初回リリース2010年10月11日): 累計50,000ダウンロード

【会社概要】
会社名: 有限会社ティーウェイブ (T-WAVE Co.,Ltd.)
代表者: 取締役社長  廣瀬 孝親
所在地: 横浜市青葉区すすき野3丁目 4-124
創立: 2000年3月
URL: リンク

リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。