logo

イーフロンティア、自動作曲・伴奏作成の音楽支援ソフトの最新パッケージ『Band-in-a-Box 20 for Windows』を発売。

~「Band-in-a-Box」の記念すべきバージョン20が強力に進化して登場!~

株式会社イーフロンティア(本社:東京都新宿区、代表取締役:安藤 健一)は、
自動作曲・伴奏作成の音楽支援ソフトとして長い歴史を持つ
「Band-in-a-Box」シリーズ最新パッケージ『Band-in-a-Box 20 for Windows』を
8月24日(BasicPAK、MegaPAK)、8月31日(EverythingPAK)に発売いたします。

株式会社イーフロンティア(本社:東京都新宿区、代表取締役:安藤 健一)は、
自動作曲・伴奏作成の音楽支援ソフトとして長い歴史を持つ
「Band-in-a-Box」シリーズ最新パッケージ『Band-in-a-Box 20 for Windows』を
8月24日(BasicPAK、MegaPAK)、8月31日(EverythingPAK)に発売いたします。

《Band-in-a-Box(バンド・イン・ア・ボックス)》は、自動作曲・伴奏作成の定番ソフトとして
世界中で愛され続けている音楽自動生成ソフトウェアです。お好みの音楽スタイルを指定
するだけで、メロディー、ピアノ、ストリングス、ギター、ベース、ドラムなど、各パートをあっという
間に作曲できます。

今回の最新バージョンでは、50以上の新機能・機能アップが施され、音質もアルゴリズムも
洗練されました。


【Band-in-a-Boxの主要機能】

■自動作曲
コードネームをタイプして、スタイルメニューからお好みのスタイル(ジャズ・ロック・ラテン・フォーク
など)を選択すれば、それだけの操作で、ベース・ギター・ドラム・ピアノ・ストリングスによる伴奏
があっという間に完成します。もちろん細部までこだわって自分で楽曲制作をすることも可能です。

■伴奏作成、自動編曲
自動で作成される伴奏はスタジオミュージシャンの生演奏を録音した最高の素材!まるで自分
の曲をプロの編曲家にアレンジしてもらっているかのような贅沢な体験ができます。

■ギター練習に最適
練習用テンポなどの機能も追加されて、より楽器練習に便利に!
また、同梱のアンプシミュレーター『Amplitube CS』を使えば、インターフェイスなどを経由してギタ
ーを繋げればパソコンがアンプになる!  


【主なバージョンアップポイント】

●VST/DX プラグインをパート毎に選択可能に!
パート毎に出力シンセサイザーを割り当てたり、オーディオエフェクト(リバーブ、ピークリミット等)
を追加することができるようになり、よりクオリティの高い音楽制作が可能になりました。
 - MIDIトラックパートには、シンセサイザーとオーディオエフェクト3つを選択できます。
 - リアルトラックパートには、オーディオエフェクト4つを選択できます。各パートごとにお持ちのプラグイ

ンを使用できるようになりました。

●ギターアンプ・シミュレーターAmpliTube CS が付属
ギターアンプを含まないクリーンなサウンドで演奏する「ダイレクト入力版」のリアルトラックギ
ター/ベースに、付属のAmpliTube CSを使ってギターサウンドを自由に構築することができます。
 
●効果音素材の取り入れが可能に(Loop素材)
自然の音(雨音、雷、鳥や虫や声、波の音等)やドラムビート等をソング内に取り入れることが
可能になり、サウンドトラック制作やループを活用した音楽制作がしやすくなりました。
 
●「練習用テンポ」機能を追加
指定範囲を繰り返して演奏する際、テンポを徐々に変えることができるようになりました。
楽器演奏練習にとても便利な機能です。

●スタイルフィルター機能を拡張
特定拍子のスタイルだけ、指定テンポと全く同じテンポのスタイルだけといった検索が可能になり
ました。
また、スタイルピックウィンドウ内でも文字フィルター機能を実行することができるようになりました。

●リアルトラックの演奏技術を改良
メジャートライアドにさらに賢く対応します。 ソングのキーを考慮しながらメジャートライアドのコー
ドを扱います。また、2拍分の長さのコードでの演奏が一層良くなりました。
例えば、1拍分のフレーズを2つ繋げて演奏します。
●現行小節の設定ダイアログで変更が一目瞭然に
●ブレイクをメロディー/ソロパートにも適用可能に
●個別MIDIトラックパートの選択が可能に
●iPhone、iPad、Android アプリ「Band-in-a-Box Remote」との連携を強化
(※別途、それぞれの端末用のソフトウェアのご購入が必要です)

…操作性はそのままで、大幅な進化を遂げています。



■誰でもカンタン作曲

「音楽プロデューサー」であるあなたの役目は、ジャンルや全体の長さ、演奏楽器、フェードア
ウト等を指示するだけです。 あとは、Band-in-a-Boxがその設定に合わせて自動作曲しま
す。完成した作品は著作権フリーだから、ウェブサイトやムービーのBGMとしても活用できます。

 また、Band-in-a-Boxのトラックを、お使いのDAW/シーケンスプログラムにドラッグ&
ドロップすることが可能です。まるで、プロミュージシャンが自分のPC内に常駐している
感覚で、いつでも好きなだけ音素材を手に入れられる環境が実現します。


■パッケージ ラインナップ
同梱されるコンテンツの数やガイドブックの有無で選べる5つのパッケージです。

●Band-in-a-Box 20 for Windows BasicPAK
JANコード:45289920 79355
商品コード:PGBBKBW111
税込標準価格:12,800円
発売日:2012年8月24日

●Band-in-a-Box 20 for Windows BasicPAK 解説本付き
JANコード:4528992079362
商品コード:PGBBKBW121
税込標準価格:14,800円
発売日:2012年8月24日

●Band-in-a-Box 20 for Windows MegaPAK
JANコード:4528992079379
商品コード:PGBBKMW111
税込標準価格:24,800円
発売日:2012年8月24日

●Band-in-a-Box 20 for Windows MegaPAK 解説本付き
JANコード:4528992079386
商品コード:PGBBKMW121
税込標準価格:26,800円
発売日:2012年8月24日

●Band-in-a-Box 20 for Windows EverythingPAK
JANコード:4528992079393
商品コード:PGBBKEW111
税込標準価格:49,800円
発売日:2012年8月31日


■コンテンツ数

●BasicPAK
デモソング:約860曲
伴奏スタイル:810種類
スタイルセット:5セット
リアルドラム:8種類
リアルトラック:68種類
メロディストセット:1セット
ソリストセット:1セット
提供メディア:DVD-ROM 1枚

●MegaPAK
デモソング:約3830曲
伴奏スタイル:2470種類
スタイルセット:78セット
リアルドラム:61種類
リアルトラック:197種類
メロディストセット:8セット
ソリストセット:16セット
提供メディア:DVD-ROM 3枚

●EverythingPAK
デモソング:10200曲
伴奏スタイル:4550種類
スタイルセット:78セット
リアルドラム:264種類
リアルトラック1362種類
メロディストセット:8セット
ソリストセット:18セット
提供メディア:2.5into HDD


【動作環境】

●BasicPAK
OS:WindowsXP / Vista / Windows7※
CPU:Pentium 400MHz以上
HDD容量:400MB以上のHD容量(リアルドラム・リアルトラック使用時は5GB以上)
製品メディア:DVD-ROM 1枚

●MegaPAK
OS:WindowsXP / Vista / Windows7
CPU:Pentium 400MHz以上
HDD容量:600MB以上のHD容量(リアルドラム・リアルトラック使用時は12GB以上)
製品メディア:DVD-ROM 3枚

●EverythingPAK
OS:WindowsXP / Vista / Windows7
CPU:Pentium 400MHz以上
製品メディア:2.5intoHDD(要USB 2.0)

※EverythingPAKはHDDから直接起動を推奨
(コンピュータにインストールする場合は、60GBのHD容量が必要)

その他
・1024×768ピクセル以上の表示領域をもつモニタ
・通常版、MegaPAKはDVD-ROMドライブ必須(インストール時に必要)
・その他必要に応じ、MIDIインターフェイス、MIDI音源などのMIDIシステム、PCサウンドカードなど

<掲載用連絡先>
株式会社イーフロンティア
リンク

<プレスからのお問い合わせ>
株式会社イーフロンティア
〒162-0806 東京都新宿区榎町43-1 神楽坂ビル
広報担当:橋本(pr@e-frontier.co.jp)

このプレスリリースの付帯情報

Band-in-a-Box 20 製品ラインナップ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。