logo

【キャナルシティ・福岡ワシントンホテル】ホテル業界初※ 太陽電池ロールスクリーン設置ルーム販売開始

藤田観光株式会社 2012年08月02日 15時00分
From Digital PR Platform


 キャナルシティ・福岡ワシントンホテル(所在:福岡県福岡市、総支配人:奥立 正人)は、インテリアメーカー大手の東リ株式会社(本社:兵庫県伊丹市、代表取締役社長:永嶋 元博)が開発した、世界でもこれまで殆ど例のない先進的な太陽電池ロールスクリーンを試験的に導入したコンセプトルームの販売を8月1日(水)より開始いたしました。

 東リ株式会社が今までのノウハウを最大限集約させて、「省エネ・和やか」をコンセプトに改装を施し、客室窓にはソーラーパネル付ロールスクリーンを設置した今までにない新しい客室です。
 このロールスクリーンには最大400Wh蓄電でき、携帯電話のフル充電なら26回、ノートパソコンなら最大8時間使用できます。

 昨年の東日本大震災以降、九州でも計画停電の実施が決定しており、ホテルとしてもますます省エネが必要とされるいま、新たな試みで業界をリードしてまいります。

---------------------
※2012年7月現在、東リ株式会社調べ。


【ETERIOR ROOMに関するお問い合わせ】
〒664-8610 兵庫県伊丹市東有岡5-125
東リ株式会社 広宣企画部 花澤 周志
TEL:06-6494-6605 / FAX:06-6494-684

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。