logo

東工大・大学ベンチャーのCBAジャパンが同社の光学式指紋センサーの採用をApple社に競合する世界のメーカーに提案

株式会社シービーエージャパン 2012年08月01日 12時35分
From JCN Newswire

Appleによる指紋認証技術プロバイダーAuthenTec買収に対応

Tokyo, Aug 1, 2012 - ( JCN Newswire ) - バイオメトリクスのパイオニア企業であり、東京工業大学のベンチャー企業である株式会社シービーエージャパン(以下CBAジャパン、東京都中央区、代表取締役:國枝 博昭)は、8月1日、世界のアンドロイド系のメーカーおよびマイクロソフト陣営のすべてのメーカーに対して、以下の2つの提案をしました。

1. アンドロイド、マイクロソフトでの光学式指紋センサーの独占的採用
2. タブレット、ノートパソコンでの光学式指紋センサーの採用

この提案の背景は、米Appleによる指紋認証技術の米AuthenTecの買収があります。この買収が明らかになって以降、CBAジャパンには国内外の大手メーカーから今回の買収劇の意図などにつき、問合せが殺到しています。

米Appleの指紋認証技術の米AuthenTec買収は、7月26日(現地時間)にAppleが米証券取引委員会(SEC)に提出した報告で明らかになりました。AppleはAuthenTecに1株当たり8ドルを支払い、買収総額は約3億5000万ドルに上ります。

AuthenTecは1998年創業で、米フロリダ州メルボルンに拠点を置く指紋認証技術プロバイダー。2007年にはNASDAQへの上場を果たしています。同社ではPCやモバイル端末向けの指紋認証に関連するハードウェア・ソフトウェアを中心としたセキュリティ製品を開発・製造。指紋センサーは、中国レノボや米ヒューレットパッカード(HP)のPC、富士通のスマートフォンREGZAシリーズなどで採用されています。

Appleからの公式発表はありませんが、同社のモバイル端末に指紋認証技術を利用したモバイル決済機能などが組み込まれるのではないかとみられています。

今回の買収でAppleは、オンラインや従来型のお買い物、ウェブへのログイン、デジタル署名などに利用できる指紋認証を主とする生体認証技術を得ることができます。

一方、今回の買収によって、Googleとそのアンドロイド系企業、マイクロソフトとそのOEMハードウェア企業、Appleのライバル企業にネガティブな影響が及ぶと見られています。AuthenTecの指紋センサーは、エイサー、デル、レノボ、ASUS、サムスン、東芝など、Appleの競合企業の間でスタンダードとなっています。AuthenTecはかつて、そして今も、ヒューレットパッカード(HP)と強い提携関係にあり、HP SimplePassと呼ばれる主力製品の一つを提供しています。この指紋認証を利用したソリューションはHPのノートブック全機種に採用されています。

Appleのライバル企業は、Appleから部品提供を受けられません。そのため、シャープ携帯電話で100万台の販売実績を持つCBAジャパンが提供可能な光学式指紋センサーの採用が唯一の選択肢になっています。こうした背景を踏まえCBAジャパンは全世界のアンドロイド系のメーカー、およびマイクロソフト陣営のすべてのメーカーに対して、AppleによるAuthenTec買収の対応策として、光学指紋センサーならびに指紋アルゴリズムに基づく前記の2つの提案を行ったのです。これにより、全世界の多くの企業がAppleとAuthenTecを凌ぐビジネス展開が可能になります。

今回の提案についてCBAジャパンの國枝博昭代表取締役は「当社は、日本発の指紋認証技術、光学式指紋センサーの全世界のメーカーへ提供することで、対AppleとAuthenTecへの明確な対応策として、世界の指紋認証技術の普及に貢献できることを誇りに思います」と述べています。

株式会社シービーエージャパンについて( リンク )

株式会社シービーエージャパンは、2002年7月の設立以来、バイオメトリクス市場のパイオニアとして、指紋認証技術の発展に最大の努力を払ってきました。その事業目標は、指紋認証技術が信頼性の高い個人認証技術としてサイバー社会の安全と責任を担うための基礎となる技術研究・開発・商品化を行うことです。独自の指紋認技術を製品化して提供すると共に、市場ニーズに適応したソリューションを開拓しています。

指紋認証モジュールを中心に、指紋認証アルゴリズム、指紋認証チップ、USBキー、ICカード指紋認証などの製品開発に多くの時間を費やしています。携帯電話への指紋認証搭載実績をはじめ、ノートPC、PC/ネットワークセキュリティ、ドアロック、入退室管理システム、金庫、インターネット/イントラネット認証サーバなど、各分野のメーカーと共同し、市場ニーズに合わせたソリューションを提供しています。

【会社概要】株式会社シービーエージャパン

設立:2002年7月
資本金:3000万円
所在地:
【本社】東京都中央区日本橋2-2-8
【開発本部】東京都目黒区大岡山2-12-1東京工業大学三号館 5F
役員:代表取締役 國枝 博昭(くにえだ ひろあき)
代表取締役 柏原 武利(かしわばら たけとし)
取締役 李 冬菊(リ トーキク)
事業内容:
1. 生体認証を中心とした電子製品のマーケティング、販売、開発、生産、検査、保守
2. 集積回路、ソフトウェアおよび関連製品の開発、設計、製造、販売ならびにそれらの受託業務
3. 前号に関する企画、管理、調査、コンサルティング、指導、教育、訓練の受託業務
4. 前各号に付帯する一切の業務

主な取引先:
キヤノン、シャープ、NTT、凸版印刷、佐鳥電機、米国Avalent Technologies 米国Novell、中国大手通信会社、中国地方銀行、台湾FOXCONN, 台湾TSMC

【報道関係のお問い合わせ先】
◆CBAジャパン広報担当:柏原武利
tel:03-6854-0821/mail: kashiwabara@cba-japan.net
東京都目黒区大岡山2-12-1東京工業大学三号館 5F


◆井之上パブリックリレーションズ 山口
tel:03-5269-2301/mail:yamaguchi@inoue-pr.com

概要:株式会社シービーエージャパン

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。