logo

MOSAID、単一コントローラとテラバイト・クラスのソリッド・ステート・ドライブのデモを実施

MOSAID 2012年07月31日 11時00分
From JCN Newswire

OTTAWA, ONTARIO, July 31, 2012 - ( JCN Newswire ) - MOSAID Technologies Inc.は本日、単一コントローラ・デバイスを使用したテラバイト・クラスの記憶容量を達成したSSDのHLSSD(tm) (HyperLink Solid State Drive)を発表しました。MOSAIDは、韓国のPaxDiskと協力して、テラバイト・クラスのHLSSDを開発しました。

MOSAIDのテラバイト・クラスHLSSDは、データセンタとエンタプライズ向けに最適化されています。HLNAND(tm) (HyperLink NAND)技術に基づいたMOSAIDのHLSSDは、拡張性、性能、信頼性、コストなどで、従来設計のNAND フラッシュ・デバイスを使用したSSDよりも優れています。MOSAIDのプロトタイプHLSSDは、4つのHLNANDチャネルを通じて2テラバイト(TB)の容量を提供するために、FPGAベースのSATA3コントローラを使用しています。一方、従来の2TB SSDは、4つのSATA3コントローラと、32本のチャネル経由で作動するSATA3ハブコントローラを必要としています。

「弊社の安価で拡張可能なテラバイト・クラスのHLSSDは、データセンタとエンタプライズアプリケーションに最適な技術です。」と、MOSAID研究開発担当副社長のJin-Ki Kimは述べました。「HLSSDは、記憶層の数を減らし、記憶アレイの先進的なインテリジェンスへのニーズを最小化することで、総所有コストを低減する大規模で高速の記憶プールの構築に使用できます。」

現在のデータセンタは、最大4層の記憶デバイスを持つように設計されています。つまり、低コストで低パフォーマンスのテープ装置とSATA HDD (ハードディスク・ドライブ)、および高コストで高パフォーマンスのSAS HDDとSSDです。このアーキテクチャでは、高速のSAS HDDとSSDを割り振るデータを決定するために、記憶アレイ内の先進的なインテリジェンスが必要になります。

MOSAIDの画期的なテラバイト・クラスのHLSSDにより、必要な記憶層は2層だけになります。つまり、SATA HDDとHLSSDです。その結果、先進的なインテリジェンスの必要度が低減し、電力、設置面積、冷却関連などを含む総所有コストも節減されます。

2013年中盤には、MOSAIDは、2TB/4TB/8TBの本格的なHLSSDをリリースする予定です。これには、40nmプロセス技術による専用HLNAND フラッシュ・コントローラを使用する予定です。

2TB HLSSD機能

- 3.5"フォームファクタ内のSATA3 (6Gbps)ホストインターフェース
- 2TBの容量、8TBまで拡張可能
- 単一のFPGAベースのSATA3コントローラ
- 第2世代HLDIMMを使用した画期的なSSDアーキテクチャ
- 優れた信号品質のための、HLDIMM 1つ当たり1つのHyperLinkインターフェース
- 4つのHyperLinkチャネル
- チャネル1つ当たり16の32GB HLNAND フラッシュMCP(multi-chip package)

HLNAND SSDコントローラの設計

MOSAIDおよびNOVACHIPS Inc.は、データセンタなどのメモリ要件の厳しいアプリケーション向けに最適化されたSSD HLNANDコントローラを設計・構築する共同開発契約を先日締結しました。HLNANDコントローラを使用したHLSSDは、8TBの容量をサポートする予定です。HLNANDコントローラは、2013年中盤に発表予定で、システム設計者向けの中でもっとも拡張性の高い柔軟なソリューションとなる見込みです。

初の単一チャネルのフルパフォーマンス16ダイNAND Flashスタック

MOSAIDは、単一チャネル上で稼働する16ダイNANDスタックを搭載した業界初のNAND フラッシュ MCPのサンプル出荷を行っています。512Gb HLNAND MCPには、1バイト幅のHLNANDインターフェースチャネルで333MB/秒の出力を達成するために、業界標準の32Gb NAND フラッシュダイ16個のスタックが、2つのHLNANDインターフェース・デバイスと組み合わされています。従来のNAND フラッシュMCPでは、性能低下を避けることなく4つ以上のNANDダイをスタックすることはできませんでした。また、同じスループットを提供するのに、2つ以上のチャネルを必要としていました。

Flash Memory Summit 2012

MOSAIDは、2012年8月21~23日に米国カリフォルニア州サンタクララで開催されるFlash Memory Summitで、講演と展示をします。

HyperLink (HL) NAND Flashについて

HyperLink (HL) NAND フラッシュは、MOSAID自体のHyperLinkメモリ技術と、業界標準のNAND フラッシュセル技術を組み合わせて、業界でもっとも先進的な機能セットを提供し、従来のフラッシュの10倍以上高い入出力処理能力を達成する高性能ソリューションです。詳しい情報は www.hlnand.com リンク をご覧ください。

MOSAIDについて

MOSAID Technologies Inc.は、世界をリードする知的財産管理企業です。MOSAIDは、半導体および通信分野で、特許を取得した知的財産の収益化を行い、半導体とメモリ技術の開発を行っています。MOSAIDの特許権実施者には、世界の大手技術企業があります。1975年に設立されたMOSAIDは、カナダ、オンタリオ州オタワ、米国テキサス州プラノ、ルクセンブルクに事務所があります。MOSAIDは、Sterling Partners ( www.sterlingpartners.com リンク )が主導する取引により、2011年12月にそのグループに入りました。さらに詳しい情報については、 www.mosaid.com リンク をご覧ください。

編集者向け注記:このプレスリリースには、関連の画像があります。

このプレスリリースに関連する画像は、次のリンクをご覧ください。
リンク

メディアお問い合わせ先
Michael Salter
シニアディレクター
IRおよびコーポレート広報
+1-613-599-9539 x1205
salter@mosaid.com

概要:MOSAID

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。