logo

アルカディンと中華電信、会議サービスで事業提携

Arkadin 2012年07月31日 10時40分
From JCN Newswire

アルカディンのアジア太平洋地域でのプレゼンス強化と、50番目の事業所を開設

TAIPEI, TAIWAN, July 31, 2012 - ( JCN Newswire ) - 世界の主要コラボレーションサービスプロバイダーであるアルカディンと、台湾最大手の通信会社である中華電信は、台湾における市場開拓のため事業提携したことを発表しました。この提携によりアルカディンは、中華電信に対し電話・ウェブ会議といったコラボレーションサービスを提供します。中華電信の法人顧客は、信頼性が高く包括的で革新的なコラボレーションサービスを享受することができるようになります。

「これは、高品質の音声会議をはじめとするコラボレーションサービスを台湾市場に提供するという目的を共有する両社による、非常に戦略的な提携です」と、中華電信国際事業グループ社長のT. F. Lengは述べています。「これで中華電信のお客様には、電話・ウェブ会議およびイベントサービスなど、さまざまな会議形態の選択肢ができました。さらにiPhone、AndroidおよびBlackberryなどのモバイルデバイスでも会議サービスを利用できるようになります。」

「市場で最上かつもっとも先進的なコラボレーションサービスの提供という約束を果たすため、アルカディンは卓越した顧客サービスという使命を分かち合える通信会社との提携機会を求めています」と、アルカディンのCEOおよび設立者であるOlivier de Puymorinは述べています。「中華電信の業界をリードする先見性とネットワーク構築力は、世界で特に高い評価をもたらしています。今回の提携を誇りにするとともに、お互いの強みを合わせることが、革新と台湾における市場展開を強く推し進めることを確信しています。」

アルカディン、世界50番目の事業所を台北に開設

当提携への強い関与を裏付ける事柄として、アルカディンは同社50番目にあたる事業所を台北に開設します。アルカディンのアジア太平洋地域EVPであるSerge Genetetは「地元密着型のビジネスアプローチは、当社競合優位性の核心にあります」と述べています。「中華電信のチームと密接に動くことで、台湾での市場シェアが拡大することを楽しみにしています」

アルカディンについて

アルカディンは音声会議、ウェブ会議およびビデオ会議に加え、ユニファイド・コミュニケーション(UC)を提供するグローバルなコラボレーション・サービス・プロバイダーです。 2011年にはフロスト&サリバン社のアジア太平洋地域音声会議サービス成長リーダーシップ賞を2年連続で受賞し、同地域での成長率ナンバー1であると表彰されました。アルカディンの拡張性とコスト効率に優れ、かつ利用者が使いやすいソリューションは、企業間の意思疎通と連携を実現します。2001年に設立されたアルカディンは、アジア、欧州、北米、南米、中東、アフリカの29カ国に50カ所の営業拠点を構え、25,500社を超えるお客様に多種多様な遠隔コラボレーション・ソリューションを提供しています。アルカディンについて詳しくは www.arkadin.co.jp リンク をご覧ください。

中華電信について

中華電信(TWSE: 2412)(NYSE: CHT)は、台湾の大手通信サービスプロバイダです。同社は、固定回線のモバイル、インターネットおよびデータサービスを、台湾の家庭および企業の顧客に提供しています。中華電信について詳しくは www.cht.com.tw/en リンク をご覧ください。

Sylvia Chen
Arkadin
s.chen@arkadin.com
直通:+65-6572-4731
モバイル:+65-9230-9017

概要:Arkadin

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。