logo

ウイングアーク、BI・データ活用ソリューションのLinux版を出荷開始

~Dr.Sum EAおよびMotionBoardがRed Hat® Enterprise Linux®に対応~

1stホールディングスグループのウイングアーク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:内野弘幸、以下ウイングアーク)は、BI・データ活用ソリューション「Dr.Sum EA(ドクターサムイーエー)」、および情報活用ダッシュボード「MotionBoard(モーションボード)」のLinux版を発表し、7月31日に出荷開始いたします。

Linuxはクラウドサービス事業者やデータセンターだけでなく官公庁や企業での利用も増加し、コストやセキュリティのメリットから今後も普及が見込まれます。Dr.Sum EAおよびMotionBoardは、企業の経営や業務の現場での意思決定に必要な、社内システムに蓄積されたデータの活用を支援するソフトウェアです。今回、両製品のラインナップにRed Hat® Enterprise Linux® Server(以下、RHEL)に対応したLinux版を新たに加え、利用環境に対する幅広いニーズに対応します。

これにより、利用者は、自社、もしくはクラウドサービスやデータセンターなどの運用形態を問わず、両製品の利用環境としてRHEL、およびRHELに対応したサーバーを選択し、コストを抑えた導入・運用が可能となります。
特に、クラウドサービスを提供するサーバー環境にLinuxを採用することはコスト削減に大きく寄与します。今回のLinux版は、ウイングアークのBI・データ活用ソリューションを提供可能なクラウドサービスベンダーとの連携を促進し、ビジネスチャンスの拡大を図ります。

■Linux版 製品ラインナップ
Red Hat® Enterprise Linux® Server release 5.5、5.6、5.7、5.8に対応
・Dr.Sum EA Enterprise
・Dr.Sum EA Premium Plus
・Dr.Sum EA Premium
・Dr.Sum EA DataLoader for Enterprise
・Dr.Sum EA DataLoader for Premium
Red Hat® Enterprise Linux® Server release 5.7、5.8、6.1に対応
・MotionBoard
・MotionBoard+Mobile 

<Dr.Sum EAとは>さまざまな企業システム内に蓄積された膨大な情報を統合、高速かつ柔軟に多次元集計分析するBI・情報活用ソリューションです。国内では、3,430社、6,670サーバー(2012年2月現在)の導入実績があり、日本国内BIツール市場でシェアNo.1を獲得しています。(出所:株式会社富士キメラ総研 「ソフトウェアビジネス新市場2012年版」出荷数量ベース)
◆詳細および動作環境はこちら
リンク


<MotionBoardとは>ダイナミックなチャート表現により、企業システム内に蓄積された膨大な情報を可視化するデータ活用ダッシュボードです。モバイル端末対応により、時間と場所の制限を低減し、データに基づく的確でタイムリーな意思決定をサポートします。
◆詳細および動作環境はこちら 
リンク

なお、本発表にあたり以下の企業様よりエンドースメントをいただいております。(50音順)

ブランドダイアログ株式会社は、ウイングアークの『Dr.Sum EA』および『MotionBoard』のLinux版の発表を歓迎いたします。
『Dr.Sum EA』および『MotionBoard』のLinux版はお客様に先進的なテクノロジーと高いソフトウェアの価値を提供してくれます。「Knowledge Suite(ナレッジスイート)」導入の多くのお客様がお使いの「GRIDY SFA」に実装されている「GRIDY BI Powered by MotionBoard」は、クラウドコンピューティング時代における更なる価値をもたらします。またクラウド基盤への対応を容易にし、「Knowledge Suite」の拡張性やOEMの加速を後押ししてくれると確信しております。
ブランドダイアログ株式会社
代表取締役社長兼CEO 稲葉 雄一


レッドハット株式会社は、ウイングアークの『Dr.Sum EA』および『MotionBoard』のLinux版の発表を歓迎いたします。
『Dr.Sum EA』および『MotionBoard』のLinux版はお客様の様々なデータソースからデータ活用をタイムリーに行うことができる価値を提供しています。レッドハットは、ビッグデータ時代に、お客様の課題を解決するソリューション提供に向けて、ウイングアークとの連携を強化していきたいと考えております。

レッドハット株式会社
執行役員OEM&アライアンス営業本部長 古舘 正清

[ウイングアークについて] リンク
ウイングアークは、企業の情報活用を支援することで、システム開発や業務の生産性の向上、企業の競争力強化を支援します。1stホールディングスグループの販売主幹企業として、経営を支える情報システムが構築・運用する、さまざまな業務システムのアウトプット環境をオープン化し、効率的な情報活用を実現する帳票およびBIのソフトウェアとサービスの販売、導入支援、保守サービスを提供しています。

[1stホールディングスについて] リンク
1stホールディングスグループは、企業システムの情報アウトプット環境に着目し、その分野に特化した独創的なテクノロジーとソフトウェア、そして人的支援サービスをご提供して、情報活用に応える情報システムの支援に取り組んでいます。(ウイングアーク株式会社、1stネクスパイア株式会社、ディジタル・ワークス株式会社、株式会社フォー・クルー、文雅科信息技術(上海)有限公司、バリオセキュア・ネットワークス株式会社、孚世科信息技術(大連)有限公司および1stホールディングス株式会社は、「1stホールディングス」グループとして、グループ経営体制の構築と連携強化を推進しています。)

※ウイングアークの「わっとちゃん」が日々の出来事を発信しております。
Twitter: リンク
Facebook:リンク

<製品・サービスに関するお問合せ先>
ウイングアーク株式会社
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー14F
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:tsales@wingarc.co.jp

<本件に関するお問合せ先>
1stホールディングス株式会社 兼 ウイングアーク株式会社 広報担当 山本
TEL:03-5962-7300  FAX:03-5962-7301  E-mail:pr@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。