logo

2012年上期 株式投資に勝利した投資家像は、幅広く情報収集し、FXにも手を出す・・・“雑食系ポジティブ投資家”。プラス投資家の投資経験年数は意外と短い傾向

- 「株式投資家の実態把握調査」 -

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区 代表取締役社長兼CEO:五十嵐 幹)では、20~69歳の男女で、 過去2年以内に株式投資の経験がある500人に、「株式投資」に関する調査を実施いたしました。

■調査背景・目的
長らく続く低金利などを背景に、個人投資家の増加が続いており、株式市場でも個人投資家の存在感が高まっていますが、その実態はどうなっているのでしょうか。
今回は、株式市場における個人投資家の投資行動、投資パフォーマンスや今後の投資意向などについて調査いたしました。


■調査結果
・プラス投資家(※)の52.4%と約半数が20歳~40歳未満、マイナス投資家(※)の71.3%が40歳以上。

・プラス投資家とマイナス投資家の男女差はあまり見られない。

・プラス投資家の52.4%と約半数が「1か月に1回以上」の取引を行っているが、マイナス投資家は35.1%と約3割程度にとどまる。
 また、プラス投資家は「6か月に1回」から「1年に1回」程度の取引が22.8%に対し、マイナス投資家は40.7%とマイナス投資家の方が、全般的に取引頻度が低い傾向にある。

・プラス投資家、マイナス投資家ともに幅広い情報収集を行っているが、個別企業のホームページやビジネス誌など、プラス投資家は、より幅広い情報収集を行っている割合が高い。
 また、それに掛ける時間もプラス投資家の方が長い傾向にある。

・今後の新規投資のタイミングについては、プラス投資家は「3ヶ月未満」と考える割合は51.9%と約半数に積極的な姿勢が見られる一方で、マイナス投資家は39.2%にとどまり、「しばらくない」と回答した割合(31.2%)も含めて、全般的に消極的な傾向にある。

 ※プラス/マイナス投資家・・・2012年上期における株式投資の損益状況(含み損益を入れて)がプラス/マイナスの投資家


■調査概要
調査手法: インターネットリサーチ (クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象: 1都3県 20~69歳の男女で、過去2年以内に株式投資を行ったことのある人
調査期間: 2012年7月5日(木)~ 2012年7月8日(日)
有効回答数: 500サンプル
監修: トーゼンカンパニー株式会社



【会社概要】
会社名:株式会社クロス・マーケティング(東証マザーズ3629)
    リンク
所在地:東京都中央区銀座8-15-2 銀座COMビル6F
設立:2003年4月1日
代表者:代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容:リサーチ事業、ITソリューション事業


◆本件に関する報道関係からのお問い合わせ先◆
広報担当:中野、大島  TEL : 03-3549-0328  FAX : 03-3549-0232
E-mail : pr-cm@cross-m.co.jp


≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例> 「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」

このプレスリリースの付帯情報

投資家像比較

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。