logo

P&G、1万人を超えるロンドンオリンピック出場選手とそのママや家族のために「P&Gファミリーホーム」をロンドンにオープン!

P&G 2012年07月27日 18時00分
From Digital PR Platform


(2012年7月25日 イギリス・ロンドン発:)オリンピック公式スポンサーP&G(ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー、NYSE:PG)は、ロンドンオリンピック出場選手、ライアン・ロクテ選手(米国・水泳)、クリス・ホイ選手(英国・自転車)、林丹選手(中国・バドミントン)、ニキータ・ロビンツェフ選手(ロシア・水泳)、フェリペ・フランカ選手(ブラジル・水泳)のママを迎え、ロンドンオリンピックへの歓迎セレモニーを実施しました。世界各国から集まるオリンピック選手と、そのママや家族に「第2のわが家」として寛ぎの空間を提供する「P&Gファミリーホーム」は、ロンドンオリンピック大会期間中(7月27日(金)~8月12日(日))にロンドン市内に常設され、1万人を超えるオリンピック選手と、そのママや家族を迎えます。

 グローバル・ブランドビルディング担当役員のマーク・プリチャードは、「P&Gが、ロンドンで選手をサポートするために何をすべきなのかを選手に尋ねたところ、『オリンピック大会期間中は、世界中から応援に駆けつけたママや家族が寛いだり、選手と一緒に過ごす場所がない』との声がありました。P&Gは175年にわたりママと家族を製品を通じてサポートする事業を行ってきました。オリンピック選手のママと家族のサポートすることによって選手に貢献することは我々にとって非常に自然なことです。P&Gファミリーホームはママと家族に、自宅さながらの安らぎを感じてもらえるようにデザインされています」とコメントしています。
 
 ファミリーホームではカバーガールとオレイが提供するビューティートリートメントや、パンパースによる子どもの遊び場、タイドやアリエールのランドリーサービスに加え、オリンピックの試合やイベントを観覧できるスペースや食事の提供、家族と連絡をとることができるインターネット環境を備えています。

 国際オリンピック委員会(IOC)会長のジャック・ロゲ氏は、「P&Gは、世界中のオリンピック選手の家族たちが一緒に過ごせる温かい空間を提供することで、このオリンピックにP&Gならではの意義ある大きな貢献をしています。自分の家族が手厚いサービスが受けられるP&Gファミリーホームを利用していれば、選手たちは安心して、自分の試合にベストを尽くすことができるでしょう」とコメントしています。

 同日夜に実施したファミリーホームのオープニングセレモニーでは、ライアン・ロクテ選手(米国・水泳)や林丹選手(中国・バドミントン)、クリス・ホイ選手(英国・自転車)のママなど、世界においても著名な選手のママが出席し、オープンを祝いました。
 
 また、このイベントでは、イギリスのテレビショー「The X Factor」でその才能を発掘されたイギリス人歌手で、自身がママでもあるレベッカ・ファーガソン氏によるパフォーマンスも披露されました。レベッカ・ファーガソン氏は、「オリンピック選手を育てるために大変苦労された、世界中からのママたちを歓迎するお手伝いができて光栄に思います。私も1人のママとして、心温まるエピソードに刺激されていますが、ここロンドンの大舞台で競い合う選手とそのママたちが、これまでにない素晴らしい経験をされることをお祈りしています」と語っています。

 ライアン・ロクテ選手(米国・水泳)のママ、イレアナ・ロクテさんは、次のようにコメントしています。「北京オリンピックでは、ライアンと一緒に長い時間を過ごしましたが、軽い食事をする場所を探したり、他の選手の家族と会うことに苦労しました。P&Gファミリーホームはどちらの用途にも利用できる場所になります。また、水泳以外のスポーツの選手や、アメリカ以外の選手のママたちとお話ができることを楽しみにしています」

 フェリペ・フランカ選手(ブラジル・水泳)のママであるアナ・クリスティナ・ロドリゲス・ダ・シルバさんは、「今回、P&Gには、ロンドンを訪れてオリンピックを楽しむ機会を与えていただいたことに、大変に感謝しています。おかげさまで、集中して息子を応援することができますし、また他のママたちも、私と同様に、子どもの試合の時には、応援に集中することができます。私は、今回、息子の試合を見ることももちろんですが、次のオリンピック開催国がブラジルですので、オリンピック期間をロンドンという開催地で過ごすことも楽しみにしています」と話しました。

 林丹選手(中国・バドミントン)のママ、ガオ・ショウユウさんは、「ロンドンに滞在して息子の試合を観戦することができるのを大変に嬉しく思います。ロンドンを訪れるのは初めてですし、また、このロンドンの地に世界中から来た他の選手のママたちと会うことができる場所があることを知り、楽しみにしています」と話しています。

 ノコ・マトロウ選手(女子サッカー・南アフリカ)のママ、リスベス・マトロウさんは、「私自身がリラックスでき、家族と会っていろいろな最近の出来事を話すことができる『第2のわが家』を利用できることをありがたく思います。P&Gファミリーホームは、私がまさに必要としているものを提供してくれる場所であり、競技に挑む娘を応援するために利用できる場所だと感じています」と、コメントしています。

 クリス・ホイ選手(英国・自転車)のママ、キャロル・ホイさんは次のようにコメントしています。「自分の子供にスポーツを薦めるのは、トップアスリートに育てるためだけではありません。ママは、自分の子どもが勝利に向かって頑張る姿を誇りに思います。私は、クリスがまだ小さな男の子だった時に卵スプーン競争で勝ったときにも彼を誇りに思いましたし、もちろん、オリンピックという大舞台で活躍する彼のことも誇りに思っています。P&Gのおかげでこのオリンピックでは競輪場でクリスを応援することができますし、P&Gファミリーホームで、息子に会えることを嬉しく思います」と語りました。


 P&Gは、選手である子どもたちを陰で支え、献身的な愛情を注いできたママたちに敬意を表し、オリンピック選手のママにスポットをあてたWEBムービー「オリンピアンを育てる」を制作しました。日本では「myレシピ.comオリンピック特設ページ 」(リンク)でご覧いただけます。

 P&Gは世界中で「Thank You Mom(ママの公式スポンサー)」キャンペーンを様々なメディア及び店頭で4月から開始しており、引き続き8月まで展開していきます。オリンピックのテーマの下キャンペーンを展開するP&Gブランドの製品は、世界各国に広がる400万店の店頭に並びます。また、「Thank You, Mom(ママの公式スポンサー)」キャンペーンの一環として、売上の一部や主要ブランドによる寄付を原資として、500万ドルを拠出し、多くの国々の青少年のスポーツプログラムを支援する予定です。

 プリチャードは、「オリンピック選手のママだけではなく、子供の夢の実現を応援しているすべてのママに感謝する世界的なキャンペーンにしたいと思っています」と締めくくりました。

P&Gの「Thank You,Mom(ママの公式スポンサー)」キャンペーンに関するすべての情報(画像・映像を含む)は、www.PGThankYouMomMediaCenter.comからダウンロードしていただけます。


<P&Gについて>
P&Gは、世界で約44億人の人々に、高い信頼と品質で市場をリードする製品ブランドを提供しています。それらのブランドには、パンパース、タイド、アリエール、オールウェイズ、ウィスパー、パンテーン、マッハスリー、バウンティ、ドーン、フェアリー、ゲイン、シャーミン、ダウニー、レノア、アイムス、クレスト、オーラルB、デュラセル、オレイ、ヘッド&ショルダーズ、ウエラ、ジレット、ブラウン、フュージョン、エース、ファブリーズ、アンビピュア、SK-II、ヴイックスなどが含まれます。P&Gは約80カ国に現地事業拠点を置いています。P&Gとその製品について、最新の詳しい情報は米国本社ホームページリンク(英語)をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。